文芸/純文学 短編 完結済

明滅する心理

作者からの一言コメント

学校や職場に居づらさを感じる人に…

読了目安時間:6分

エジプトノ脊柱 ロゼッタ ストーンと同じ名を持つロゼッタ 日頃のストレス 将来への悲観 今の自分の心理は明滅するネオンのよう そんなロゼッタは死んだ方が楽かなと考えていた…

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 明滅する心理
作者名 John 
ジャンル 文芸/純文学
タグ シリアス 女主人公 西洋風 日常 ロゼッタ・ストーン 明滅 ネオン コンビニエンスストア ストレス 悲観 自殺 親友 電話
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年1月18日 5時32分
最終投稿日 2021年1月18日 5時32分
完結日 2021年1月17日 13時27分
文字数 2,760文字
読了目安時間 6分
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 2件
ビビッと 1件
応援ポイント 10,900pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
受け付けていません
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 金借りの手紙

    金に困る君と君に困る僕。

    8,101

    0


    2021年6月22日更新

    木浪はある日、小学校時代の親友、名倉から手紙を貰う。頼むから金を貸してくれ、と。怪しんだ木浪は名倉に生活ぶりを訊く。すると文通は始まってゆく・・・ 最初は二話公開、そこから少しづつ連載していきます。 100PV達成しました!大感謝です! 残酷描写が出てこないことを発見しましたので、セルフレイティングは外しました。期待されていたらすみません。

    読了目安時間:27分

    この作品を読む

  • 微笑う死神の追憶

    それは、当てのない永遠の旅路

    3,200

    0


    2021年6月22日更新

    およそ20万年。途方もない年月を歩き続けた不老不死の女性、エドナがいた。 エドナは幾多の出会いと別れを繰り返していくうちに、いつしか人々から『死神』と呼ばれるようになるが、それでもエドナは微笑いつづける。彼女は、この世界の全てを愛していたからだ。 そんな彼女が旅の途中、ふとした拍子に頭の中に浮かんだ声が誰のものか、記憶を辿ってみることにした。彼女は思い出す。愛しい人が生きていたこの世界を。愛しい人が生きていくこの世界を。 家族を失った者、家族を置いていく者。 夢を叶えた者、夢に殺された者。 欲望のままに生きた者、夢のために生きた者。 何もかも失った者、何かを手に入れた者。 あらゆる『人』が、彼女の記憶の中で生きていた。

    読了目安時間:18分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 電気と魔法 −電気工事士の異世界サバイバル−

    世界を救えって、俺、電気工事士だぞ!?

    283,400

    560


    2021年6月22日更新

    「始元の大魔導師を召喚したから、世界を救え」なんて言われても、俺、電気工事士だぞ。 えっ、報酬は金100キロ!? 滅びの足音が近づき、それを防ごうとする人々の善意は虚しく消費されてしまう世界。 そんな中で、現代を生きる電気工事士の技術は、この世界を救えるのだろうか? 「カクヨム金のたまご」で紹介頂きました。 扉絵は、カフカ@AUC(@Kavka_AUC)様にいただきました。ありがとうございます。

    読了目安時間:24時間14分

    この作品を読む

  • なにぶんわがままなものでして(旧題:わがままでごめんあそばせ)

    わがままだって突き通せば幸福になるのです

    126,400

    330


    2021年6月22日更新

    シシリアは五歳の時にこの世界が前世で読んだ小説の物とそっくりな世界であり、自分はその中に登場する悪役令嬢出ることに気が付いた。 幼い頃から婚約させられる第二王子を異母妹に奪われた挙句に失意に飲まれたまま修道院に移され、そのまま自害するという未来を思い出し、シシリアはそんなこと許されないと決意をする。 そして幸せになるにはどうすればいいか考えた末、第二王子と婚約をしなければいいのだということに思い至り、親に強請って夜会に連れて行ってもらい、婚姻相手を探すことに。 そこで目に入ったのが大叔父であるルツァンドだった。 年の差なんてなんてその、猛烈にアタックをして思わぬ見方をつけて無事に婚約にこぎつけたシシリア。 けれども彼女の本来の目的は婚約ではなく婚姻。 そうして迎えた六歳の誕生日、シシリアはルツァンドと婚姻届けを正式に提出した。 わがまま娘として評判のシシリアは婚姻しても相変わらず自分の意志を押し通し、自分が幸せになる為の努力を惜しまない。 そしてその周囲の人々はそんなシシリアに巻き込まれて人生を変えていく。 優しく厳しく、いっそ残酷なまでに自分の道を歩いていくシシリアの愛は、未来は何処へ向かっているのだろうか。 そしてそんな彼女が選んだ最期とはどういうものなのか。 シシリアの真の願い、そして最期の結末に気が付いている者は、それが羨ましいとうっとりと囁く。 貴族として生まれたシシリアの選ぶ道は難しいものだけれども、だからこそやりがいがあるのだとシシリアは笑う。 死ぬまで永遠に終わらないいたちごっこでも、シシリアは自分の幸せの邪魔をする物を絶対に許さず、邪魔な者は徹底的に排除する。 ※わがままでごめんあそばせの改稿版(「冷たい指先に触れる唇」まではほぼ変わりませんが名前や口調、表現が多少変わります) 以降は別物になります

    読了目安時間:8時間16分

    この作品を読む