歴史/時代 短編 完結済

本当はこうだった? アヘン戦争 ~結局どっちが悪かった?~

LED

作者からの一言コメント

もっともらしい排斥論コワイ!

 俺は歴史好きの高校生・下田(しもだ)一郎(いちろう)!  クールな幼馴染・莉央(りお)ちゃんと共に、19世紀半ばの中国――つまり清の時代に来ていたぜ!  当時は麻薬であるアヘンがはびこっており、取り締まる動きが強くなっていた。 「どうやら『アヘン戦争』勃発前夜のようですね。  一般的にはイギリスが悪いとされていますが……なかなかとんでもない事件だったんですよ。  現代の先入観を捨て、当時の世相を理解しなければ――真相は見えてきません」  麻薬を買わせる為に戦争ふっかけて、力づくで無理矢理従わせた……世界史ではそう周知されているアヘン戦争。  俺の中ではイギリスの卑劣漢ぶりの代表例という認識だが、どうやら莉央ちゃんの考えは違うようで……?  短編シリーズ「莉央ちゃんとタイムスリップ!」第三弾。 7/31 エピローグに「おまけ」を追記。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 本当はこうだった? アヘン戦争 ~結局どっちが悪かった?~
作者名 LED
ジャンル 歴史/時代
タグ コメディ ダーク タイムスリップ アヘン戦争 イギリス 莉央ちゃん
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年7月30日 19時00分
最終投稿日 2020年7月30日 19時00分
文字数 9,531文字
ブックマーク登録 10件
コメント 10件
スタンプ 19件
ビビッと 0件
応援ポイント 21,400pt
ノベラポイント 100pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 信長信照伝はホントにいた史実の人です。

    ♡88,500

    〇37

    歴史/時代・連載中・131話・532,942字 牛一・冬星明

    2020年11月28日更新

    気が付くと戦国時代? 人間万事塞翁が馬が座右の銘な魯鈍な人は戸惑った。 生活は最低・最悪。 それでもこの世界ではマシな部類という。 織田信照は信秀の10男だ。 10男って、がんばり過ぎでしょう。 もうギャグでしかない。 信秀の子と言えば、織田信長。 第6天魔王の弟という恐怖なポジションだ。 魔王と対峙しながら魯鈍な人は生活改善にひた走る。 天下静謐を目指す信長とのんびりと暮らしたい魯鈍の人はやっていけるのだろうか? 美男子コンビが取り成す、戦国トンチコメディーのはじまりだ。 魯鈍の人は総押し、それとも総受けか?

  • 日本初の海外投資とその後

    ♡4,700

    〇50

    歴史/時代・連載中・20話・105,130字 奥仙

    2020年11月28日更新

    ルビー・シルバーと呼ばれる銀の鉱石を求めて、男たちは、日本初の海外投資に挑んだ。ペルーでの契約交渉、M&Aを経て、銀の鉱山が開発されるはずだった。。。 この中心にいた理学士田島晴雄と高橋是清は、その後、それぞれの道を歩み始める。高橋は、さらに鉱山を求めて。田島は、芸者お吟と一緒に烏森(新橋)で旅館を。 自由民権を求める自由な雰囲気と、アジアに忍び寄る欧米列挙の影、後編では、この二人の確執とそれを取り巻く周囲の環境が、運命を変えて行く。。。