劣等騎士にSSS級ゲーマーが乗り込んだら、課金スキルとゲームの力で無双になりました。

ゴスロ伯は何を思い死を賜ったのか。

「父様、現在の戦況はどの様になっているのでしょうか?」 「思わしくはない。食糧庫が燃やされたのだ。軍団の士気に壊滅的打撃を受けたといって良い。だが、至極当たり前だろう。友ゴスロ伯……エドウインの思惑が裏目にでてしまったのだ。今、ホーキンス侯爵がここで四散した自軍の建て直しの指揮を執っているが、何処まで持ち直す事が出来るか怪しいものだ」  建て直し。  聞こえは良いが要は形勢が悪くなって尻尾を巻いて逃げた臆病者だと、表面にはおくびにも出さないが心が震えていた。    ――――ヴァージニアは父の副官から開戦から今現在までの詳しい戦況説明を受ける。  騎士団長ヴァン公爵の采配で敗北は避けられたが、それでもここから勝利する事が絶望的だった。 「父様、師匠がホーキンス侯爵様に兵と資金を提供したのはご存じなのですか?」 「ああ、エドウインから事前に相談を受けていた。ホーキンス侯爵たっての頼みだ、断る訳にもいかなかったのだ」 「やはり、侯爵様の方から持ちかけていたのですね」  ヴァージニアは漸く合点がいった。  天下に名の通ったゴスロ伯がそんな愚策を自ら望んでするわけがないと思っていたからだ。 (酷い。侯爵様さえ援軍に来てくれれば師匠を失う最悪の惨事を免れただっちゃ。恩を仇で返すのが貴族なのか?)  弟子は酷い憤りを感じる。 「ホーキンス候が生き残ったヴァージニアを労いたいそうだ。どうする、お会いになるか?」 「はい。私からも候爵様にご報告しなければならない事が幾つかあるので」 「分かった」    用が済んだ父が踵を返すと、「お待ちください父様」慌てて引き止める。 「なんだ?」 「この民間人の滞在許可を欲しいんだっちゃ」 「何だと?」 「こんな戦場の真っ只中で一般人を放り出す事は、騎士のすることじゃないだっちゃ」 「うむ……、流石は我が娘。騎士の手本に相応しい行いだ。良かろう。小僧よ、ここに滞在するがよい。折を見て配下のものに安全な場所まで送り届けよう」 「ありがとうございます父様」 「男爵様、ありがとうございます」  ヴァージニアは、溜め込んでいた空気を出すように大きく息を吐いた。 「それから、うちの領民達志願兵は全滅です。父さまごめんなさい」 「そうか」 「…………………………」  家族と同様に扱っていた領民達の死に、叱咤を覚悟していたが返ってきたのは淡白な返答のみ。  これが戦時中の領主の在り方なのかとヴァージニアは顔を曇らせた。  

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • かき乱されし運命に抗うは女神の使徒!

    ♡177,300

    〇1,914

    異世界ファンタジー・連載中・59話・142,639字 あしる

    2020年10月29日更新

    剣の国ジオラルドの王太子妃クロトは、21歳の若さで命を落とした。 愛する夫、ジオラルド国王太子サンティスに嫌われ、突如現れた謎の聖女に夫を奪われた挙句、夫に言い渡された聖女冒涜による国家反逆罪の罪。 優れた魔導士でありながら、その才能を発揮することなく魔女と呼ばれて処刑された彼女に、世界の創造主である女神ライヴァスは囁く。 「もう一度やり直しておいで」 女神の欠片、クロト・クロンクヴィストの人生をかけた壮大な二回目の人生。 懸命に運命を変えようとするクロト。そして彼女の行動とともに前世からの人間関係が少しずつ、やがて大きく変わっていく様を見ていただけると嬉しいです。 *** 《異世界ファンタジー日間ランキング最高五位》 ありがとうございます!

  • お兄ちゃん大好き幼児の奮闘記!

    ♡162,100

    〇150

    異世界ファンタジー・連載中・238話・822,063字 秋月真鳥

    2020年10月29日更新

    イデオンは血の繋がらない10歳年上の兄のオリヴェルが大好きだ。 しかし、イデオンの両親は家を乗っ取りたいがためにオリヴェルを亡き者にしようとしている。 オリヴェルは病弱で不治の病だと嘘を言う両親。 「おにーたん、すちの。とーたま、かーたま、わるいの」 イデオンは大好きなオリヴェルを救うために、妹のファンヌと協力して両親を追い詰めていく。 賢いけれど幼くか弱い弟が、血の繋がらない兄を幸せにするために両親をザマァする物語。 ※一章はざまぁ、二章からはプチざまぁを入れつつほのぼの日常です。 ※地味に子どもがチートです。 ※イデオンの、血の繋がらない兄のオリヴェルに対する、ボーイズラブ要素があるかもしれません。(保険) ※びっくりするくらいイデオンがゆっくりしか育たないので、なかなか恋愛に辿り着きません。 ※ほぼ子育てです。 表紙はひかげそうし様に描いていただきました。 小説家になろうサイト様にも投稿しています。