劣等騎士にSSS級ゲーマーが乗り込んだら、課金スキルとゲームの力で無双になりました。

シュレリア男爵は剛毅に対する

「ちっ! 何故止める! シュレリア男爵!」 「お主らいい加減したらどうだ。栄えある獅子王騎士団を貶めるつもりかね?」 「父様!」  四十の後半。  一番油の乗っている時期。  男爵は兜のフェイスカバーを上に上げると、蓄えられたひげと傷だらけの厳つい顔面で貴族の子息達を威圧した。    男爵の装備は他の貴族達と違い質素。  勿論資金がないからもあるが、大柄なので、先祖から受け継いでいる物は着けられない。  結果、武装は鎖帷子とレザーアーマーとガントレットのみ。    露出部分が多くなってしまったが、持ち前の強靭な肉体でそれをカバーしていた。   「シュレシア男爵! 幾ら歴戦の英雄と言えども上級貴族にその無礼な態度は感化できないぞ!」 「がははは! 笑わせる。それは正式な貴族になってから吠えるがよい。親の威を借る小僧ども! まだただのヒヨコ騎士だわい」 「ぐっ!」 「男爵の分際で!」  貴族の子息達は言い返せなかった。  騎士とはただの戦士の称号で、それ単体では貴族として認められてない。  江戸時代の武士も同じことが言える。  現実も元々は騎士と王家や貴族は別々であった。  キリスト教が大義名分を与えたのが切っ掛けで、王族も貴族も騎士を名乗り出したのだ。  シュレリア男爵。  名をアルベルト・グリズ・ソードと言う。  元々はただの貧乏騎士の一族であったが、若い頃、名誉と名声を手に入れる為、親友のゴスロ伯爵と共に傭兵として戦争に明け暮れていた。  そのかいもあって、シュレリア男爵も含めた複数の男爵位を王より拝命。  その上、人質になっていた王族を救い出した功績により、男爵でありながら貴族入りを果たし今日に至る。 「それによいのかな。そこの御仁に楯突いて?」 「なんだと?」 「彼は道化師だ。しかも貴族に堂々と意見出来る者など限られていると思うが……」  シュレリア男爵は騙る。  嘘も方便と言うが平然と虚言を言いのける。 「まま、まさか王族お抱えの……」 「確かにその異様な格好に、凡人ではありえぬ知識量。それにどう見ても人を欺く程の間抜けぶり。あながち嘘に聴こえない」  中世の西洋では道化師は王の側近、または相談役として重宝されていた。  彼らは高い教養と博識な事から、中には高い爵位を持つ者もいる。  他の国だと中国の宦官もやっているは道化師と同じだ。 「この行為が王か王妃の耳に罷り間違って入ったらどうなるのであろうな? 爵位剥奪、家名断絶もあり得るのだぞ。己の行いがそのまま家の行いに繋がる事を肝に命じておいた方がいい」 「くっ! おぼえていろ! 父上に言い付けてやる!」  自身の配置場所へ逃げ戻る貴族の子息達に、男爵は好きにしろと言わんばかりに手であしらう動作をする。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 恋か復讐か

    ♡373,822

    〇22,052

    異世界ファンタジー・連載中・51話・139,301字 佐倉 こよみ

    2020年10月25日更新

    小さな村で暮らしていた少年・シオンは、突如現れた悪魔の襲来によって幼馴染以外の全てを失う。 そこへ偶然訪れた【戦姫】アリスによって救われたシオンは、幼馴染のサンドラと共に悪魔への復讐を誓い、王国へ引き取られる事になった。 王国最強と謳われるアリスの元で四年の修行を経たシオンは、悪魔、そして魔王を倒す為の冒険へと出発する。 最初の村で会った記憶喪失の少女・レヴィが、新たな冒険仲間として行動を共にすることになった。 復讐を頼りに生きているシオンだったが、レヴィと様々な地を旅していくうちに、もう一つの生き甲斐が芽生え始める。 しかし、それを嘲笑うかのように燃え上がっていく復讐の因子。それはシオンの内側に植えつけられていた。 憎悪によって磨かれた力を扱い、世界の安寧を取り戻すべく戦う彼らは、表裏一体と化した思想と創造の狭間でもがき、やがてそれぞれのフィロソフィーを提示する。 誰が敵で誰が味方なのか、それは最後まで分からない。 * * * 【最高成績】 週間 異世界1位 総合1位 月間 異世界1位 総合4位 皆様のお陰です、誠に有難う御座います! 週1更新します。

  • 第二回一次審査突破二次審査落ち

    ♡46,810

    〇110

    恋愛/ラブコメ・連載中・25話・324,509字 しろん

    2020年10月31日更新

    箱入り娘の女子高生・白樺柚葉は、ある日父親に「親元を離れて暮らしなさい」と命じられた。 ファザコン気味の柚葉はすんなりと承諾。しかし電車の切符も一人では買えない彼女に一人暮らしはハードルが高い。 そんな柚葉の元に、かつて遠くに旅立った幼馴染みの少年が帰って来た。 大きく立派に成長していた彼は、彼女が必要としていない執事になっていた。 「私は執事なんていらないわ」 「俺と結婚してくれ」 ……何だかちょっと噛み合わない二人が、仲良く二人暮らしなんて出来るのだろうか。 お嬢様と執事の恋愛譚、始まります。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 嘗て誅戮の限りを尽くした者の異世界冒険譚

    ♡5,700

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・166話・888,043字 鳥びゅーと

    2020年11月1日更新

    『殺戮の執行者』と呼ばれ、ネットやワイドショーを大いに騒がせた、悪人のみを狙って思うがままに殺戮の限りを尽くしていた人物がいた。 誰にも知られることはなかったが、彼は二重人格でそれぞれの得意分野を活かしながら殺人を繰り返していた。 だが、そんな彼はある日、異世界への転生を果たす。それも、それぞれの人格を分離した別々の一つの存在となって。 転生した彼らは近くにあった街に向かうが、そこでひょんなことから街でも有数な人物であるルミナと出会う。 そして、二人はそこから様々な人物と出会い、自分達のことを受け入れてくれた者達と活動を共にしながら、その世界のことを学んでいく。 だが、転生前から用いていた戦闘技能や暗殺技能はあるが、魔力が存在していて魔法がある異世界は、それだけでどうにかなるようなものではなかった。 転生直後は魔法の知識も無いので、異世界で生きて行くには不安な状態だったが、二人は魔法や魔力を用いた戦闘方法について学んで、着実に実力を付けていく。 これは不条理を嫌い、世界さえも嫌っていた二人の異世界冒険譚。 ※一話当たり4000~7000文字ぐらいです(普通にそれを超えることもあります)。 元々は小説家になろうのみで連載していましたが、こちらでも連載することにしました。 それに際して掲載している分の改稿作業を行い、それが済んだ部分から順次掲載していきます。 そのため、改稿作業が最新部分に追い付くまでは更新量は不定になります。 小説家になろう、カクヨムでも連載しています。 【小説家になろう】 https://ncode.syosetu.com/n3566fk/ 【カクヨム】 https://kakuyomu.jp/works/1177354054934583938

  • 好きだと言ってもらえる主人公を目指します

    ♡7,310

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・10話・27,062字 有坂紅

    2020年11月1日更新

    人類の盾、と称される三人の英雄がいた時代。 個人の力を遥かに凌駕して、種族の限界を超越して、単独で魔竜や魔人と戦う彼らを人は崇め敬った。 だが三人のうち一人は、もっと別のもののために戦っていた。 人類のためではなく。己のためでもなく。たった一つの目的のために。 これはそんな【大魔導師】クロウと、その従者キトラの物語である。 ※この作品は小説家になろうでも『大魔導師クロウ~天才魔法使いがクソヤロウ女神をぶん殴るまでの物語~』というタイトルで公開しています。