劣等騎士にSSS級ゲーマーが乗り込んだら、課金スキルとゲームの力で無双になりました。

お嬢様はご機嫌ななめ

「母様みたいな美人かぁ……………………………そうなるといいなぁ―――――――――ちょっと待て、今は美人じゃないと?」 「十分美人です、はい」  殺気を察知して政治家のようにすぐに訂正。  美少女と言わず命拾いするも、女心が皆目理解出来なかったので、もし謝罪会見しても恥の上塗り、査問委員会ものであろう。  ヴァージニアも自然にベットへ座る。  退いたハルトの温もりが残っていても、死線を潜り抜けた仲なので異性でも別に不快じゃなかった。   「ハルトはここにくるまで、今まで何をやっていたんだっちゃ?」 「それは職業について? それとも文字通り寸前の僕の行動?」 「前者だっちゃ」 「昨日も言ったけど、僕は学生だよ。この国にもあるか分からないけど、学校に通っていたんだ」  ハルトは文明の違うヴァージニアにも理解できる様に、噛み砕き丁寧に説明。 「誰でも学べる学び舎? そのような場所があるんだっちゃか」 「うん」 「それは凄い。この国だと上位身分とは話すこともまともに出来ないっちゃ」  ゴスロ伯爵の付き人をしながらもヴァージニアも通っていたがあくまでも貴族の学校。  身分も人種も関係ないハルトのおとぎ話に興味を持った。 「王様中心の身分社会って奴だね」 「それに知識は平民へ与えないで貴族が管理するのが当たり前。余計な知恵をつけると反乱に繋がるからだっちゃ」  本人も成績が良い方じゃないが、いや、おもっいっきり下位だが、お姉さんぶりたい彼女は訳知り顔で語る。   「ヴァージニアさんは成績どうだったの? 僕は趣味に傾倒していたお陰で歴史以外の成績は良くない」  「わ、わたしは悪くはない。そう悪くはないだっちゃよ」  身体能力の高さ以外は全滅とは歳上のプライドが邪魔して言えなかった。  ハルトも察したのでそれ以上の追及はしない。  ところでと、然り気無く接続助詞を入れて、 「ヴァージニア話変わるけど、そういえば何処に行っていたの?」 「うちに滞在している侯爵様へ謁見していたんだちゃよ」 「だからそのドレスかぁ」  一輪の花が咲いたような鮮やかな菫色。  社交ダンスでしかお目にかかれない華やかな装いに、眼福眼福とお年頃な男子は幸せな心持ち。  ただ、ドレスなのに胸元に威厳がないが、それを口にしたら何をされるか分からないので自制した。 「非常時だから鎧姿でもいいと思うけど、御付きの従者達に止められたんだっちゃ」  普段着なれていない社交用儀礼服に胸苦しくて仕方なかった。   「話は上手く行ったの?」  「この顔を見てそういう風に見えたのならめんたま取り替えた方が良いだっちゃ」  眉間がひくつき、額には青筋が浮かんでいた。 「駄目だったのね………………」 「うん。相手が典型的な上位貴族で、全然全くお話にならないちゃよ」  はぁ……と嘆息をつくと、ハルトに回想しながら語る。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 美少女傭兵の物語、第四章・帰郷編スタート

    ♡590,750

    〇19,771

    異世界ファンタジー・連載中・293話・506,277字 美風慶伍

    2020年10月28日更新

    ★第四章スタート! 【あらすじ】 17歳の銀髪・碧眼の美少女ルストは重い病の母の治療費のために傭兵として懸命に働いていた。そんなルストは女の子故に腕っぷしや武力では屈強な男たちには敵わない。だが優れた洞察力と包容力と指導力、そして精霊科学『精術』を武器に困難な事態を次々に打ち破っていく 気高さに溢れた美少女が、精霊科学の残る悠久の大地フェンデリオル国で砂漠の大帝国と戦い、人々を幸せへと導く爽快なサクセスストーリー戦記ヒロインファンタジー 【ストーリー】 17歳の少女ルストは病身の母のために傭兵として戦い治療費を稼いでいた。努力の末に昇格したルストだが実績のない彼女では良い仕事はなかなか得られない。彼女はそれでも諦めない。親切な老傭兵の助けを借り、大きな任務を掴むことに 新たな任務には隊員として参加するはずだったが、予想外の事態から小隊長を任じられる。命の危険を乗り越え敵軍の偵察部隊を撃破する成果をあげて無事帰還する 成功を喜び仲間を労おうとするルスト。だが一人の不良傭兵が仕掛けた罠が彼女を待っていた。仲間たちの前で晒し者になったルストは傭兵として誇りを守るため、真っ向から果し合いの勝負を挑む 「あたしの誠意とメンツを傷つけたならあなたのメンツを叩き潰してあげる!」 ルストは苦闘の末に見事果し合いに勝利すると、二つ名『旋風のルスト』を勝ち取る 名を挙げた彼女に新たな任務【西方の辺境領でのミスリル鉱石の横流し疑惑の極秘内偵任務】が舞い込む 再び隊長として仲間を率いたルストが任務先の土地で目の当たりにしたのは、領主の不慮の死、対立領主の執拗な迫害、そして苦境に立たされる領民たちの姿だった 姿なき敵がルストたちを襲い、ワルアイユに危機がせまる 悪化する事態の中、解決の糸口を開いたのはルストの強い意志と、ともに闘う仲間たち。そしてルストは人々の命とワルアイユ領再建への道を掴みとるために決起する 「みなさん!これは困難ではありません!千載一遇のチャンスです!」 東から追撃部隊が、西から砂漠の帝国が迫る中、ルストは秘策を胸に人々と決戦の地へと向かう。ルストの乾坤一擲の策が動いたとき大平原で決戦が始まる。ルストは勝利して仲間たちと共に栄光をつかめるのだろうか?

  • 広い異世界を少年は冒険生活の旅にでる!

    ♡396,284

    〇55,320

    異世界ファンタジー・連載中・85話・275,497字 ネコカレー

    2020年10月27日更新

    ある日突然、アズマ=レンは異世界に転移すると、少女セレナに鍵を探して欲しいと伝えられる、転移した者は元の世界に戻ることは出来ない。レンは帰る気が無かったので異世界で生活する事にした! スライムのレム、メイドのミュウ、ギルドマスターのセレナと共にギルド結成!! レンはレベルアップして召喚石で召喚獣のライとアンジュをサモン!二人がスキルで人の姿に変身!? レン達は様々な大陸や時にだれもいったことがない未開の地に足を踏み入れりと!! この広い異世界で生活しながら冒険の旅に向かう! 感想やポイントなどもらえると小説の励みになります!

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • コミュ障最強厨と奴隷の少女の最強への物語

    ♡22,000

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・49話・255,446字 葉簀絵 河馬

    2020年10月29日更新

    VRMMORPGファーアースオンラインを廃課金で最強を誇ったプレイヤー、フォルティシモ。 彼はある誘いを受けてファーアースオンラインそっくりの異世界へ転移する。 そこではフォルティシモを更に強くできると言われたが、実際はそんなことはなくカンストのままだった。更にその異世界では、ルールもよく分からないゲームが催されていて、いつの間にかフォルティシモも参加することとなってしまう。 これは最強厨の彼が更なる最強を目指し、異世界で自由に生きていく物語。 ◆◇ 家族に捨てられて奴隷として売られた少女、キュウ。 彼女は最強だけど少し変な主人に買われてしまう。 誰からも家族からでさえ望まれなかったキュウは、主人の歩みに合わせていくだけでも精一杯だった。しかし主人はキュウを物理的に強くさせ、その周囲に集まる多くの人々との出会いは、何も持たなかった少女を成長させていく。 これはすべてを失った少女が、最強に並び立つための物語。 その他要素:多視点、主人公チームチート、奴隷、ケモミミ、ステータス、AI ※フォルティシモ、キュウの二人を主人公だと思って書いています。 ※地の文多め、状況描写、心理描写共に力を入れて書いていきたいと思います。 ※書き溜め20万文字以上、しばらくは毎日更新予定となります。 この小説は小説家になろう、カクヨム、アルファポリスにも投稿しています。

  • 新連載!ほのぼの日常、チート魔王の復国記

    ♡482,350

    〇200

    異世界ファンタジー・連載中・330話・467,507字 綾雅(りょうが)

    2020年10月29日更新

    『財政を立て直し、信賞必罰で部下を操る。魔王による圧倒的な世界改革!』 聖国バシレイアは、復活した魔王の脅威に晒されていた。恐怖におびえる人々が選んだ方法は、かつて魔王を封印した異世界勇者の召喚。しかし他力本願で呼び出されたのは――別世界の魔王サタンだった!? 魔王サタンにとっては日常だが、バシレイアでは非日常の連続。異世界魔王がこの世界の魔王を退け、国のあれこれに口出し手出しを行い、最終的に救世主になってしまう。誤解されるチート系、俺様魔王のどたばた復国記。 敵を排除し、狩りをし、魔物を倒し、複数の女性を無自覚に侍らせる。内政にあれこれ手出し口出ししながら、聖国バシレイアを建て直す――異端ファンタジー。 ※魔物退治や断罪シーンがあるため、R15 【同時掲載】アルファポリス、カクヨム、エブリスタ、小説家になろう、ノベルアップ+ 【更新頻度】1日1回、8時頃 2019/12/13、「エブリスタ」ファンタジー1位獲得! (人´・ω・`o)ありがとうございます♪ 2020年6月 ※ノベルアップ+ 第2回小説大賞「異世界ファンタジー」二次選考通過作品(24作品) 2020/07/16、「エブリスタ」「あなたの小説が5P分漫画になるファンタジーコンテスト ドラゴン・モンスターが登場するファンタジー小説を募集」にて準大賞受賞!⇒2020/07/20、コンテスト受賞辞退