完結済 短編

ロボット花嫁チェリーの本音

作者からの一言コメント

僕の花嫁は、世界一美しいロボットです。

しがない公務員、マツシタ・スルガ。 彼は家事手伝いとして女性型ロボット、チェリーを購入した。 癖の強い彼女に困惑しつつも、スルガはチェリーに特別な愛情を覚えていく。 しかしある出来事をきっかけに、チェリーは機能を停止させてしまう。 エンジニアであり友人であるコマツに検査してもらった結果、停止した原因は彼女が押し隠していた“本音”にあるという。 果たして、ロボットであるチェリーが秘めていた本音とは? これは、一組のカップルが想いを打ち明け合い、一生を共にする誓いを立てるまでの“SF結婚ラブストーリー”―― ※全六話構成です。 ※最初に二話まで公開、以後一話ずつ毎日公開いたします。 ※本作にて言及される「ロボット工学三原則」はアイザック・アシモフ著『われはロボット』小尾芙佐訳、早川書房〈ハヤカワ文庫〉より引用いたしました。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報
作品名
ロボット花嫁チェリーの本音
作者名
機人レンジ
ジャンル
SF
セルフレイティング
なし
初掲載日
2020年5月4日 21時05分
最終投稿日
2020年5月14日 21時31分
文字数
19,982文字
ブックマーク登録
23件
コメント/スタンプ
68件
応援ポイント
32,900pt
ノベラポイント
619pt
応援レビュー
0件
誤字報告
受け付けています