封印されし魔王、自称モブ生徒に転生す!

読了目安時間:5分

エピソード:2 / 7

【第一話】魔王、思い出す。

 ――って、マズイマズイマズイ。なんでこのタイミングで思い出したのかは不明だけれど、俺はそうだ、魔王だったんだ。愕然としながら、俺は右手に握っているノンアルコールのシャンパンが入ったフルートグラスを見つめた。滝のように冷や汗が流れてくる。 「リザリア・ナイトレル! 貴様との婚約を破棄する!」  目の前では何やら怒鳴り声が響いているが、そんな事より俺は、蘇った記憶に意識を取られている。そうだ、俺は、魔王だ。魔王については、この体でも習った。三百年と少し前に、勇者パーティにより封印されたと、今の時代には伝わっている。実際俺は、封印された。鮮明にその記憶が残っている。寧ろ、つい数分前に封印されたかのような心地だ。  俺は狼狽えながら、自分の体を探索(サーチ)した。すると、魔王だった俺の肉体の魔力色と、この体の魔力色が合致している事に気がついた。魔力色が同じ場合、魂も宿る事が出来る。俺はこの体の最古の歴史を辿ってみた。受精卵の段階、まだ魂が宿る前に、俺はこの器に入り込んだらしい。つまり、俺は記憶が無かっただけで、俺だ。思考回路も完全に俺と同じで、人格が変異した感じも無い。ただただ記憶だけが甦ったとしか考えられない。勿論、十六年間生きてきた、こちらの体の記憶もある。  現在の俺は、ベルツルード伯爵のグレイルだ。両親が昨年魔獣災害で死去したから、まだ学生の身分であるが、爵位を継承した。俺の他に血縁者はいなかったから、俺は天涯孤独になっていたと言える。そして本日は、俺が今日から通い始めた、エンゼルフィア王立魔術学院の入学パーティだ。 「聞こえなかったのか!? なんとか言え!! 貴様との婚約を、破棄すると言っているんだ!! 俺は真実の愛に目覚めた。俺にはスカーレットしか考えられない!」  煩い怒声に、俺はチラリと視線を向けた。けれど動揺の方が勝っているから、すぐに再びグラスを見て、精神集中を図った。魔王……魔王だと? もし俺の魂が魔王だと知れたら、やはり再封印されるのか? い、いや、もう封印した者達はいないだろう。俺の記憶によると、封印騒動は三百年以上前であるし、死者には魔術は使えない。そして俺が大人しくしていれば、誰も封印する理由だって持たないはずだ。そうだ、俺は大人しくしていればいいんじゃないか。このままグレイル・ベルツルードとして、静かに静かに人間として暮らしていこう。うん、それがいい。間違いないだろう。 「分かりましたわ、アンドレ王太子殿下。でしたら(わたくし)も、新しい恋に生きます。私はここに宣言します。ベルツルード伯爵のグレイル卿と婚約いたします!!」  その時、婚約破棄されていた女性とが、凛とした声を放った。俺はよく通るその声を、最初右耳から左耳へと素通りさせようとしたが、含まれている名前と、一気に集中してきた視線により、硬直せざるを得なかった。  え?  は?  なに? なんだって?  そんな心境で俺はグラスから、婚約破棄が行われているホールの正面へと視線を向けた。そこでは金色の緩やかな巻き毛に、美しい蒼色の瞳をした少女が立っていて、真っ直ぐに俺を見ていた。 「よいですわね? グレイル卿」 「え……?」 「ずっとお慕い申し上げておりました。好きです、私と婚約して下さいませ!」  俺は頭を金槌で殴られたような衝撃を受けた。必死で記憶を辿ってみるが、彼女と会うのは今日が初めてだと思う。なのに、ずっと……? 不思議に思って俺は、情報閲覧(ステータスオープン)の魔術を使ってしまった。無意識だった。すると目の前に、透明な板のようなものが浮かび上がって見えた。これは魔王の魔術であるから、俺にしか見えない。俺はこの体でも魔王にしか使えなかった魔術を行使できるらしいと確認しつつ、浮かび上がったステータスを凝視した。  名前は、『リザリア・ナイトレル』とある。ナイトレル公爵家の名前は、俺でも知っている。王家の次に影響力と権威がある名家であり、勇者が先祖だとされる家柄だ。実際目視したリザリアと、俺が知る勇者の魔力色は同じだ。血縁者や末裔は、色が類似する事が多い。しかし問題はそこではない。『好感度』だ。俺はステータスの一番下を見た。そこには、『個人間』と『他者間』という二つの好感度表示の選択肢がある。俺は視線で『個人間』を選択した。これは、リザリアが俺に向けている感情から、好感度をレベルで表現する代物だ。  結果――好感度、21%。  凄く低いというわけではないが、恋愛感情はおろか、友情にすら至っていない数値だ。友情ラインは30%からだ。これはただの知人という扱いだが、正直初めて会ったと思うから、知り合いですらない。  つまり、俺を好きだなんて言うのは嘘だ。そう叫びたくなりつつ、俺はステータス表示を消失させて。するとリザリアが続けた。 「これはナイトレル公爵家からの正式な打診と受け取って頂き、構いませんわ!」  俺は思わず震えた。今の体の俺の爵位では、到底太刀打ち出来ないところに、リザリアは立っている。絶対王政かつ絶対階級制のこの国において、爵位は絶対だ。断れば、王家に報告されて、俺は断罪される可能性まである。  断れば、悪くすれば国外追放されるかもしれない。  そんな目立つ事をしたら、魔王だと露見して、封印されてしまうかもしれない。  絶対に、嫌だ! 「分かりました」  俺は努めて冷静な声で答えた。どうせ彼女も本当は俺を好きではない以上、機会を見て円満に婚約は解消すればよいだろう。 「ありがとうございます」  俺に対して二コリと笑ってから、リザリアは王太子殿下に視線を向けた。 「それでは以後、公爵家はアンドレ殿下には関知致しません。お元気で」 「好きにしろ! せいせいした!」  そう捨て台詞を吐くと、王太子殿下は近くにいた平民の少女へと歩み寄り、顔を融解させた。デレデレとしか表現不可能のその顔を見ていると、リザリアが俺に歩み寄ってきた。 「今日から宜しくお願いいたします」 「あ、はい」 「どうぞ、気楽にお話して下さいませ。今日から私達は許婚なのですから」 「……はぁ。そうですね」 「グレイルとお呼びしても?」 「どうぞ」 「では、私の事も、リザリアと」  そんなやり取りをしている内に、学園の鐘が八度鳴り響き、入学パーティの終了の時間となった。 「ごきげんよう」  すると淑女らしい笑みを浮かべて礼をしてから、リザリアは帰っていった。それを立ち尽くしたまま見送った俺は、ノンアルコールのシャンパンをやっと一口飲み込んだ。  これから……一体どうすれば……?  魔王の記憶と、リザリアの新婚約の相手に選ばれた事の両方について、俺は眩暈がしそうな心地だった。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 姫のためなら~♪ 姫のためなら~♪ 僕は他の世界へ迄飛んで行く~♪ (改修版)

    双子の姫に呼ばれたおデブの仲頴の運命は~

    75,600

    826


    2022年9月26日更新

    主人である高校生の少年上田仲頴(うえだ ちゅうえい)なのだが。ある日突然彼の枕元に毎夜、毎夜の如く女性。それも? 二人の上に双子の姉妹が訪れ枕元に立ち、というか? ベッドに座り、添い寝をしては、思春期である主人公。ヒーロを誘うのだ。己、自分達姉妹をね。助け、救え、だけではない。主人公である、おデブな仲頴が、思春期であるから。自分達が添い寝をする度に邪な汚らわしい、不純なこと、行為をしたのだから責任をとれと呟く。いや、告げる、ではなく凛と神々しくエルフのお姫さま二人は、某シネマ。それも? 特撮怪獣映画の双子のヒロイン達のように、声を合わせ責任をとれと下知、だけではい。仲頴の両親に合い。自分達は人種でないエルフの娘、皇女になるのだが。『貴方達二人の子である仲頴に。この清い身体を悪戯されたのだから。責任をとって欲しいと嘆願。押しかけ女房になる。なるのだから宜しくお願いしますと告げる。 すると? 仲頴の両親は己の顔色を変え、人種の物ではい者に家の一人息子をやる訳にはいかぬ。無理だと告げることはない。ないのだ。 そう? 容姿が余りにも優れぬ、芳しくない己の息子の将来。多分? 家の息子は死ぬまで独り身。孤独死をするのだろう。だろうな? と。己の心を痛め危惧し、不安になっていた両親だから。エルフの姫さま二人が仲頴が死ぬ迄。そう、老後も介護してくれると申すので、ありがたや! ありがたや! と、貰って頂くのだよ。 だから主人公、異世界ファンタジーのヒーロになった。加わったおデブな仲頴は、己の頭と力を駆使してエルフの姫さま二人、劉弁と劉協の巫女殿下二人を後漢の時代の動乱、波乱万丈から救えることができるだろうか? とにかく異世界と近代日本の学園、街中を舞台にした現代ファンタジーな物語で御座います

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:6時間15分

    この作品を読む

  • (かいりゅうのエコー) 現代海軍×ロボット兵器 現行文明が滅亡して、何千年も後のどこかの惑星。海に囲まれ、大海流に流される浮島に住む人々の物語。 星の命運も尽きるかと思われた第二次全洋大戦から20年が過ぎた。人々が平和な日々に慣れつつあった開放歴865年、再び暗雲が世界を覆いつくそうとしていた。 大戦の英雄、羽佐間誠十郎の甥である羽佐間勇名(いさな)は、叔父の元で優秀なパイロットになるべく英才教育を受けていた。彼が駆るのは海面を滑走する海軍所属のロボット、機甲神骸(アーミス)だ。 16歳の勇名は、様々な人々と関わりを持ちながら成長し、世界の危機を食い止めるため、仲間を失わないために、戦いの日々に身を投じる。 ※本作は小説家になろう様にも投稿しています。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:4時間0分

    この作品を読む