恋愛/ラブコメ 短編 完結済

濡れた髪

作者からの一言コメント

変わってしまってから気がつく

読了目安時間:3分

雨に濡れたヒカルは、公園のベンチで中学時代の同級生と再会する

前へ

次へ

  • 投稿日2021/4/27 16:25 文字数1,330文字

前へ

次へ

作品情報

作品名 濡れた髪
作者名 忍野木さりや
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 公園のベンチ 折れた傘 濡れた髪 同級生 ラブコメ ショートストーリー
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年4月27日 16時25分
最終投稿日 2021年4月27日 16時26分
完結日 2021年4月27日 16時24分
文字数 1,330文字
読了目安時間 3分
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 0件
ビビッと 1件
応援ポイント 100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 領主屋敷の幽霊にさよならを

    独りぼっちの少年と独りぼっちの幽霊の話

    1,200

    0


    2021年6月25日更新

    幼い頃、唯一の肉親である父と離れ離れになったニールは海沿いの田舎町で生活することを余儀なくされる。 排他的で保守的な町は余所者であるニールを歓迎しない。友人も、親しくしてくれる相手もいない中、ニールは孤独な生活を送っていた。 そんなある日、ニールは今は廃墟となった領主屋敷で一人の女と出会う。 古いドレスを身にまとう、本来ありえない薄緑色の髪色をした女。彼女は古くからこの町に伝わる百年以上前に死んだ女の幽霊だった。 孤独な少年と、百年以上話し相手もいない独りぼっちの幽霊のお話。 全9話。 *「小説家になろう」にて先行投稿中。

    読了目安時間:1時間19分

    この作品を読む

  • うちと結婚しよ?

    ねぇ、うちと結婚してよ!!

    33,800

    10


    2021年6月25日更新

    ある日突然結婚を迫られるのは僕、小野寺優人。 求婚してきたのは……一目惚れした先輩? 平穏に過ごそうとしていた高校生活がその日を境に崩れ落ちていく。 画像はorigo10様のつくっちゃっちゃメーカーで作成しました ※小説家になろう様にも掲載しています。

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間44分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異世界転移して元の世界に帰れないのでここで生活を始めます

    少年レンは空の大地に!冒険生活の旅にでる

    904,000

    153,959


    2021年6月21日更新

    ある日突然、アズマ=レンは異世界に転移すると、少女セレナに鍵を探して欲しいと伝えられる、転移した者は元の世界に戻ることは出来ない。レンは帰る気が無かったので異世界で生活する事にした! スライムのレム、メイドのミュウ、ギルドマスターのセレナと共にギルド結成!! レンはレベルアップして召喚石で召喚獣のライとアンジュをサモン!二人がスキルで人の姿に変身!? レン達は様々な大陸や時にだれもいったことがない未開の地に足を踏み入れる! 第3章アースクラウドを舞台に風と雲ともう一つの地上を冒険! この広い異世界で生活しながら冒険の旅に向かう! 感想やポイントなどもらえると小説の励みになります!

    読了目安時間:15時間1分

    この作品を読む

  • なにぶんわがままなものでして(旧題:わがままでごめんあそばせ)

    わがままだって突き通せば幸福になるのです

    137,100

    330


    2021年6月25日更新

    シシリアは五歳の時にこの世界が前世で読んだ小説の物とそっくりな世界であり、自分はその中に登場する悪役令嬢出ることに気が付いた。 幼い頃から婚約させられる第二王子を異母妹に奪われた挙句に失意に飲まれたまま修道院に移され、そのまま自害するという未来を思い出し、シシリアはそんなこと許されないと決意をする。 そして幸せになるにはどうすればいいか考えた末、第二王子と婚約をしなければいいのだということに思い至り、親に強請って夜会に連れて行ってもらい、婚姻相手を探すことに。 そこで目に入ったのが大叔父であるルツァンドだった。 年の差なんてなんてその、猛烈にアタックをして思わぬ見方をつけて無事に婚約にこぎつけたシシリア。 けれども彼女の本来の目的は婚約ではなく婚姻。 そうして迎えた六歳の誕生日、シシリアはルツァンドと婚姻届けを正式に提出した。 わがまま娘として評判のシシリアは婚姻しても相変わらず自分の意志を押し通し、自分が幸せになる為の努力を惜しまない。 そしてその周囲の人々はそんなシシリアに巻き込まれて人生を変えていく。 優しく厳しく、いっそ残酷なまでに自分の道を歩いていくシシリアの愛は、未来は何処へ向かっているのだろうか。 そしてそんな彼女が選んだ最期とはどういうものなのか。 シシリアの真の願い、そして最期の結末に気が付いている者は、それが羨ましいとうっとりと囁く。 貴族として生まれたシシリアの選ぶ道は難しいものだけれども、だからこそやりがいがあるのだとシシリアは笑う。 死ぬまで永遠に終わらないいたちごっこでも、シシリアは自分の幸せの邪魔をする物を絶対に許さず、邪魔な者は徹底的に排除する。 ※わがままでごめんあそばせの改稿版(「冷たい指先に触れる唇」まではほぼ変わりませんが名前や口調、表現が多少変わります) 以降は別物になります

    読了目安時間:8時間43分

    この作品を読む