連載中 長編

老金首

作者からの一言コメント

非人道的な話。読むのをお勧めはしません

 2058年。平均寿命120歳、95歳以上の人口割合35パーセントの超少子高齢化社会となった日本。搾取されるためだけに働く若者たちの間で、ある一つのインターネットサイトが、ひそかに注目を集めていた。そのサイトの名は『老金首』。後期高齢者の個人情報と、一人一人に懸賞金らしき金額が記されたそのサイトは、ほんのひと時、掲示板を賑わせただけで忘れ去られていった。  忘れ去られたそのサイトが再び衆目を集める時、国を揺るがす大事件が幕を開ける。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 老金首
作者名 さくらいくん
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ シリアス 男主人公 未来 近未来 日本の闇 懸賞金 殺人 事件
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年5月22日 4時16分
最終投稿日 2020年5月28日 23時33分
文字数 20,202文字
ブックマーク登録 49件
コメント/スタンプ 74件
応援ポイント 123,900pt
ノベラポイント 4,000pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 自分の好きな要素でいっぱいです。

    ♡10,875

    〇0

    SF・完結済・5話 逆津ツカサ

    2020年5月24日更新

    ロボット工学三原則短編コンテスト応募 引用 ロボット工学三原則 出典:アイザック・アシモフ「われはロボット」小尾茉佐訳、早川書房

  • 未来に自分がいなくても

    ♡79,631

    〇500

    恋愛/ラブコメ・連載中・39話 桜川凛

    2020年5月31日更新

    大切な妹の春月へ、 あなたが転生者であると聞いて驚いています。 だけども、その事実が智絵里を救うことのためらいをなくしました。 死ぬことが怖くないなんて言わない。 ――ほんとは、生まれてこなかったことになるのだから、 死ぬよりももっと怖いのかも知れないけど。 この世界で智絵里が救われて、みんなが幸せになれば私は消えます。 春瀬美月という人間はいなかったことになります。 それでも、エヴァリーナお嬢様の使用人――不良なルチアはあなたの記憶の中にあります。 私はそれだけで充分です。 誰かの記憶にあるのだから、すなわち生きていると言ってもいいんだ。 ルチアとしての話は語るべくもありませんが、 春瀬美月の話は「ササラ」と名乗っている女の子に聞いてください。 彼女ならばすべて話してくれるでしょう。 繰り返しますが、あなたの記憶の中にわたしがあるのならば、 わたしは生まれてきてよかったと本当に思います。 お母さんとも仲良くしなければ駄目ですよ? 幼なじみの美留ともです。 この世界ではお母さんでもなければ、幼なじみでもないかも知れませんが、 あなたの大好きな智絵里が大好きな二人ですから、きっと仲良くなれるはずです。 マッキーとも、聖歌姉さまとも、仲良くしなければなりませんよ? 一見すると怖いかも知れませんが、聖歌姉さまは7段の掛け算が出来ません、今度いじってあげましょう。 お母さんの妹、パナリィーンもとってもいい子です。 学園長である、アサツキ様もとってもいい人です。 乃絵美とヒナタはついでくらいに仲良くしておけばいいです。 最後に、みんなと仲良くなったあなたは私のことを忘れてしまうことでしょう。 忘れてしまえば、悩むこともありません。 姉はそれを願っています。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 世界の『色』が視える十二歳☆

    ♡44,100

    〇805

    現代/その他ファンタジー・連載中・115話 一ノ神(かずのしん)

    2020年5月31日更新

    ヴォワ・デート―― 自称『探偵』。 性別 女。 年齢 十二。 イギリス人。 音、熱、刺激、『情報が色で視(み)える』統合失調症障害者。当然、人がつく嘘と真実も。 その能力を活かした謎解きは警察も期待を寄せている。 一時彼女の能力を――障害を治そうというTV企画もあったが、イギリスの財産を失うと批判されその企画は打ち切られた。 ある日美術品「時の秒針」が盗まれる―― 解決したと思ったらさらわれる作者、 最高傑作「神赦婚姻(しんしゃこんいん)」のなぞとは? 百合っ娘なパートナーを連れてヴォワは今日も世界を視続ける。

  • この留年生、破天荒すぎる……!

    ♡100

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・12話 ベッド=マン

    2020年5月31日更新

    突如世界に出現した巨大迷宮、そこから得られる資源によって人類の生活、医療、技術、社会形態、あらゆる面が大きく変化、発展することとなった。 しかし水面下ではダンジョンの利権を巡って国家間での静かな闘争が勃発していた。 このままではいずれ大規模な戦争に発展しかねない。国際連合はこれを危惧しダンジョンに関連する幾つかの制度を定めた。 その一つが国際連合が認定した探索者育成学校の生徒、もしくは卒業生でなければダンジョン内への侵入、探索の一切を禁止するというもの。 主人公、椿井天晴はエーデアダンジョン学園中等部所属。なんと彼は実年齢16歳で、学園史上ただ一人の留年者。驚くことにしかも四留。 四留なんてただ事じゃない。 クズ、ぷー太郎、出来損ない、劣等生。 三歳年下の同級生達は口々に天晴を批難した。が、彼らはまだ知らなかった。 この男、実はかつて【未来の探訪王】と評される程の優等生…… もといダンジョンバカだったということを。