詩/短歌 短編集 連載中

魔術的詩集

作者からの一言コメント

一編の詩に神は宿っている

魔術的詩集の表紙

詩人は簡単に言葉を信じない なぜなら芸術こそが真の言葉だと 信じて疑わないからである

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 魔術的詩集
作者名 文月伶架
ジャンル 詩/短歌
タグ シリアス ほのぼの ダーク 日常 詩集 魔術 世界
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年9月20日 19時06分
最終投稿日 2021年4月11日 13時20分
完結日 -
文字数 1,622文字
ブックマーク登録 15件
コメント 8件
スタンプ 14件
ビビッと 4件
応援ポイント 24,700pt
ノベラポイント 620pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ヤマアラシのジレンマ

    素直になり切れないけどホントはね

    99,527

    316


    2021年4月13日更新

    別HNで別サイトに掲載したことのある過去作をブログから移転しています。 素直になりきれなかったり、かわいくなかったり、でも本当はね。 そんな気持ちを集めていきます。 『ヤマアラシのジレンマ』とは「自己の自立」と「相手との一体感」という2つの欲求によるジレンマ。 寒空にいる2匹のヤマアラシがお互いに身を寄せ合って暖め合いたいが、針が刺さるので近づけないという、ドイツの哲学者、ショーペンハウアーの寓話による。 但し、心理学的には、上述の否定的な意味と「紆余曲折の末、両者にとってちょうど良い距離に気付く」という肯定的な意味として使われることもあり、両義的な用例が許されている点に注意が必要である。 なお、実際のヤマアラシは針のない頭部を寄せ合って体温を保ったり、睡眠をとったりしているらしい。

    読了目安時間:2時間34分

    この作品を読む

  • 月の満ち欠け 巡る星々【詩集】

    沢山の思考の一つとなれればいいな

    4,200

    20


    2021年4月13日更新

    過去作品です。 毎日更新中(土日祝を除く)

    読了目安時間:5分

    この作品を読む