after-the-end

1-2

 誰に見つかる事もなく無事に屋上へと辿り着く事が出来た。  正規の出入口である棟屋に設置された時代遅れの白熱灯が淡く辺りを照らし出している。  屋上には物干しが幾つかと、その横に三人がけのベンチが二つ、そして照明の切れた自販機が二台。  昼間はここで患者、面会者が談笑したりしているのだろうが、今は静寂だけが場を支配している。  まるで俺だけを残して世界から誰もいなくなってしまったのではないかと錯覚するほどの静寂。  ……ここを選んだのは間違いなかったと安堵する。俺の最後にふさわしい最高の環境だ。  念のため辺りを注意深く探ってみるも人の気配は感じない。  それもそうか。こんな時間に用もなく、こんな所にやってくる奴なんているはずないもんな。  自嘲しつつ柵に手を掛ける。  柵の高さは肩の高さ程。多少、手こずりはしたが柵の外側、へと降り立つ事に成功。  これが、最後に見る光景になるのだと、景色を見渡そうとしてすぐにやめた。街灯も少ない田舎町の山沿いだ。当然明かりなんてない。なにも見えるはずがなかった。  そうなれば、することは一つだけ……  持ってきたサンダルを揃えて柵の向こう側へと置く。……遺書も自室の机の上に置いてきた。  ________もう思い残す事は何もない。  屋上のヘリに立ち地上を覗き込む。  そこは真っ暗闇。そのまま吸い込まれてしまいそうな程の漆黒。  地獄に落ちる事を、奈落の底へ落ちると表現すると聞いたことがあったが、まるで自ら奈落の底、地獄へと飛び込もうとしている事に気が付いて歪んだ笑みが溢れた。 「親不幸ものだもんな……当然だ……」  これ以上考え事をしていたら確実に決心が鈍る________だから、覚悟を決めて虚空へと一歩を________ 「ちょちょちょちょ、ちょっと、きききき君!そこで何をしているの!?」  誰もいないはずの深夜の屋上。不意に声を掛けられた事で俺は動きを止めて振り返る。 「まっ、まさか……自殺?」  黒髪の少女がこちらを見据えていた。  目があった直後、少女はこちらに突進の如く走り寄ると柵の隙間から手を伸ばし、俺のベルトを両手でがっちりと掴んだ。 「ダ、ダメだよ!生きられる人が自分から死のうとするなんて!」  それと同時に俺の横を何かが通り過ぎ、二、三秒すると破裂音のような物が辺りに響き渡る。  おそらく通りすぎた何かが落下して地面と衝突した音だった。  そう気が付いたとたんに、自分がしようとしていた事がとても恐ろしい事に感じて膝が震えだす。  何が落ちたのかはわからない。でも落ちれば破裂音を響かせた物と同じように壊れてしまう。  二度と元には戻れない。そんな簡単な事に気が付いてしまった俺は、完全に怖じ気づいていた。  そんな俺の気持ちを知ってか知らずか、少女はあどけなさの残る笑顔をこちらに向けて続ける。 「ね?危ないからこっちに来なよ。何か嫌な事あったの?私で良ければ聞くよ?」 「俺の命だ。どうしようと俺の勝手だろ。離してくれ」  反射的に出た拒絶の言葉だったが、もはや足すらも俺の言うことを聞くことはない。ただの強がりだった。  俺の拒絶を受けても少女は笑顔を崩さない。 「……勝手じゃないよ。君には、君の事を必要としている人がきっといる。それに応えられる君には生きる義務がある。だから……」  どこか儚げで触れれば壊れてしまいそうな笑顔…… 「ねっ?だからこっちにおいでよ」  腰を圧迫するベルトがキツく閉まり、ベルトを握る手にさらに力が込められた事が伺えた。  最早、自殺をする覚悟もなくなってしまっているし、目の前の彼女が()()を許してくれる事もないだろう。 「わかった。手、離してくれ」 「ダメ。離したら飛び降りるつもりでしょ?」 「そんな事はしない。ほら見てくれ」  俺は自分の膝を指差す。  ズボンの上からでも見て取れる震えを見てか、納得した彼女は手を離すとその場にへたりこんだ。 「はあ、良かった。本当に良かったよ……」  俺はそれを見て、ただ立ち尽くしていた。 「どうしたの?早く戻っておいでよ」  動かない俺を見て、警戒心を再度強めたのか、もう一度こちらに手を伸ばそうとする素振りを見せる。 「いや、違うんだ。膝に力が入らなくて柵を昇れそうもないんだ」  言って、俺もヘリと柵の隙間にへたりこむようにして座る。 「そっか。……じゃあ、落ち着くまでお話しよ?」  俺は、頷き返す。  その後は、少女が気を使ってくれたのだろう、ずっと他愛もない話をしてくれた。  彼女は星に詳しいようで、何がどの星座なのだとか、詳しく教えてくれたのだけど、頭には全く入って来なかった。  自分の本質に気が付いてしまった俺は、それどころではなかった。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    ♡349,400

    〇2,434

    SF・連載中・66話・369,815字 新星

    2020年9月20日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

  • ★9/24 更新★小説×漫画の化学反応★

    ♡296,750

    〇10,605

    現代/その他ファンタジー・連載中・13話・30,608字 degirock

    2020年9月24日更新

    ★先に言っておきます! これはコメディですッ!!★ ☆みんなを笑わせたいのだ!!!☆ ◤◢◤◢◤◢WARNING!◤◢◤◢◤◢ 『最新話を読む』ボタンで案内される話は最新話ではありません! お手数ですが、目次を下って頂き、【★NEW★】と冒頭に打ってあるタイトルをご覧下さい(・∀・) ==================== 例えばさ、『変身願望』って言葉があるじゃん? 小さい頃なんかだと変身ヒーローとか、大人なんかは今の自分を変えたい、とか。まあ色々さ。けどそれはやっぱり願望であって、願ってはいるけど頭のどっかでは「無理ではあるけど」みたいな一文がくっついてると思うんだよね。 でもそれって普通の事で、現実に対してそういった空想があって、そんでもって今とバランスを取ってるって言うやつ? まあ早い話が、俺はこの日常が嫌いじゃないんだよね。別に変わって欲しいとかは望んでなかった。 けれど。 空想出来る事は起こり得る未来の可能性…ってヤツが、ラッパを鳴らして登場しちゃったら? その時、俺達に選べる選択肢って…そうあるのかな。 ==================== この作品はノベプラオンリーではありません。 理由は、【小説寄りのスタイル】と【漫画寄りのスタイル】の両側面からの表現を試みている為です。 小説系としてはあたすことdegirockがここ、ノベプラに。 漫画系としてはイラスト担当のとうまがPixivに。 文字書きの物語と絵描きの物語、ご縁があればそのいずれもご覧頂ける事を切に願います。 Pixiv版についてはとうまのTwitterアカウントへどうぞ (https://www.pixiv.net/users/1125628)

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る