連載中 長編

異世界領主『サーリスト戦記』~最弱だけど天下統一目指します~

作者からの一言コメント

楽しんでもらえたら嬉しいです!

29歳のサラリーマン 高橋 海人 大学を卒業して就職して彼は会社と家の往復をする毎日だった そんな彼の唯一の趣味は休日の前日の夜に酒を飲みながらゲームをすることである 『サーリスト戦記』 何度もクリアした戦略シミュレーションゲーム 久しぶりに起動したゲームのコレクションを見ていた海人は唯一クリアしていなかった領主に気付く 『カイト・オーシャン』 最弱の領主であり、毎回最初に滅ぶ領である 同じ名前だからと最初にプレイして玉砕してからは一切触っていなかったが 何度もクリアした今ならクリア出来るのではと考えた海人はカイト・オーシャンを選んでゲームを始める いつの間にか寝ていた海人 呼ばれる声に反応して起きたら カイト・オーシャンになっていた なんでこうなったのか何もわからない海人 だが周りはそんな事など関係なく攻めてくる 押し寄せる敵軍 忠義を尽くす部下 自分を頼る民 様々な思惑に挟まれながら海人は決意した 「やってやろうじゃないか……カイト・オーシャンとして生きてやる!そして、天下を取る!!」 海人の……カイトの戦いが始まる

前へ

次へ

前へ

作品情報

作品名 異世界領主『サーリスト戦記』~最弱だけど天下統一目指します~
作者名 ファルコン
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 男主人公 戦記 アクション/バトル 西洋風 転生/転移 R15 第2回ノベプラ大賞
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2019年6月7日 23時49分
最終投稿日 2020年5月18日 6時00分
文字数 1,094,865文字
ブックマーク登録 17件
コメント/スタンプ 287件
応援ポイント 67,800pt
ノベラポイント 455pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • リメイク版です!

    ♡9,000

    〇1,000

    現代/その他ファンタジー・連載中・1話 園崎真遠

    2020年5月29日更新

    「人間は醜く、卑しく、歪で、浅ましく、狭量で。どうしようもなく生き物として欠陥にまみれた出来損ないの生命(いのち)だ」 「……でも。それでも俺は———」 舞台は近未来の日本。 この世界では異能と呼ばれる超常現象を起こす力を持った人間が多く存在する。 異能はそれぞれが普通の人間では持ちえない凄まじい力を持っており、物質を変化させる、風を操る、己の身体能力を向上させるなど、多種多様だ。 そして異能の力を示す『干渉力』によってランク分けされており、一番下のCランクから始まってB、A、S。さらに特別ランクとしてSS、SSSが設けられている。 当然、こうした異能者達を野放しにしていると危険なので、国家は異能を発現した人間の情報を管理し、更にそれらが暴走した際に対処する治安維持機関を設けた。 それが異能対策局。主人公・天園真人(あまぞの まなと)も捜査官として、この異能対策局に所属している。 捜査の中で巡り合う道を踏み外してしまった者たちの悲劇、慟哭。 理解し合えないがために悲劇を重ねゆく社会。 差別、蔑視、排斥。人の醜さにより起きてしまう様々な異能事件が渦巻くこの世界を。 真人は、頼りになるけれども毒舌な後輩――唯切愛示(ただきり あいじ)と共に駆け巡り、数々の異能事件の解決に挑む。

  • アンドロイドと中年がチェスをするお話

    ♡13,400

    〇0

    SF・完結済・3話 ツネキチ

    2020年5月28日更新

    人類が宇宙に進出して数百年、とある民間の宇宙船が事故により遭難し宇宙を漂っていた。 船の中には一体のアンドロイドと一人の中年が。 彼らは退屈を紛らわすために毎日チェスに興じていた。 この作品はSF作家アイザック・アシモフ氏が提唱したロボット工学三原則を引用しています。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 女復讐鬼VS暗殺組織の異世界大河戦記。

    ♡64,600

    〇855

    異世界ファンタジー・完結済・316話 Yuki

    2020年5月29日更新

    これは、呪われた出生と運命に翻弄され――敵と自分と、ときに仲間の血にまみれ――世界を巻き込みつつも――。 復讐を果たさんとする、しかし尚も獣でなく人で在り続けようとする、一人の美しき女戦士の死闘と葛藤の物語。 異世界オファ二ム、そこにあって最大の大陸ハルメニア。 王国エストガレスを筆頭とする11の国家・地域が存在する、大乱なき平定の時代――。 家族を奪った仇敵たる、最強かつ最凶の暗殺・戦闘集団『サタナエル』――さらには大陸全土をも敵に回す運命をたどる、主人公レエテ。 突如として西のダリム公国コロシアムに現れ、残虐非道な剣闘士とドラゴンを一掃し名乗りを上げ、サタナエルに挑戦状を叩きつける。 そして――生まれ持った超人的身体能力と半不死身の肉体、刃に姿を変える両手、「結晶手」を武器に、終わりなき闘いに身を投じる。 その昏く波乱に満ちた運命に巻き込まれ、集い仲間となる者達。一行を狙う魔の手。 壮絶な闘いはやがて一国の内乱と国家間の争いをも引き起こし、混迷を極めていくハルメニア大陸。 標的である『サタナエル』頂点・“魔人”、そして“剣”、“短剣”、“投擲”、“斧槌”、“法力”、“魔導”の各ギルドを率いる六人の“将鬼”を狙い、レエテの旅は続く。 彼女の復讐の悲願が、達成される日は訪れるのか――。それが達成されたとき、彼女は人なのか、獣なのか――。 * 生まれついての超人。一流の剣士、魔導士。聖教に背く背教者。大国の武将、諜報員。 あらゆる人智を超えた強者たちが各々極限まで高め磨き上げた剣・魔導・法力の力でぶつかり合い、国家の趨勢までも動かす、大河バトルアクション・ダークファンタジー、ここに開幕――。 ※小説家になろう様にて、2019年4月に完結した作品の転載になります。

  • 2020年5月29日更新

    サンクティーレ内で最強と名高い暗黒騎士、「ゾディアック・ヴォルクス」。 戦いに関しては超一流のゾディアックは、サフィリア宝城都市で最強のガーディアンとして活動していた。 だが、彼は人とのコミュニケーションを苦手としている、いわゆる「コミュ障」であった。性格も人見知りで暗い。 そんな性格のせいで苦労することも多く、同業者からは嫌われ、まともな友達もいなかった。 しかし、そんな彼には恋人の吸血鬼「ローレンタリア・ゼルヴィナス・ミラーカ」がおり、ふたりは幸せに暮らしていた。 ある日、ロゼは「パンケーキなるデザートを食べてみたい」と言った。 愛しい彼女の願いを叶えようと、ゾディアックは生まれて初めてデザートづくりを行う決意をする。 だがパンケーキを作ろうとするゾディアックの前に、「ドラゴン討伐」を任務してくる謎の少女が現れ……!? お菓子作りを通じて仲間と出会い、共に成長し様々な困難を乗り越えていく。 そんな騎士と仲間と人々の日々を描く、【ハイファンタジー日常系アクション】小説。 いざ開幕。 ※挿絵は「ジョルジュ上条」様に描いていただいており、すべて使用許可を得ております