歴史/時代 長編 完結済

三国列女伝 劉備の娘

作者からの一言コメント

後漢末期を駆けよ、封の刃は天下へ轟く!

【歴史IFあり】 この小説はフィクションです。 三國志をベースにした歴史系小説です。 【作者】アキラル 【素敵な表紙・挿絵の絵師様】陸一じゅん様 https://novelup.plus/user/283839594/profile 挿絵:86.第4-28話 烏林の決闘!(5) 【劉備一行】 *主人公・李封《リホウ》:劉備に、徐州大虐殺の折、救われた少女。少し頭が軽い直情的な性格。 *麋竺《ビジク》:徐州の名家、麋家の次女。李封の朋友。 *劉備《リュウビ》:義勇兵団のリーダー。人徳がある。 【曹操陣営】 *曹操《ソウソウ》:漢の衰退を見て、自分なりの華北制覇を目指す男。 *曹丕《ソウヒ》:曹操の息子。絶望の淵から救ってくれた、封に対する異常な執着欲がある。 *張遼《チョウリョウ》:主君が呂布→曹操。最強の武を求め生きる求道の者。 【その他】 *陶謙《トウケン》:徐州牧。昔は戦自慢だったご老公。 *呂布《リョフ》:天下無双の武人。訳あって、流浪の狼となっている。 *袁紹《エンショウ》:曹操と腐れ縁。名家なので、威風堂々とした戦いを好む。 *劉表《リュウヒョウ》:荊州刺史。仁者という優しい顔の裏で、闇社会と繋がる計算高さを持つ。 *孫権《ソンケン》:孫呉の将軍さま。孫家3代目。すごく優柔不断。怒ると、とても怖い。 *周瑜《シュウユ》:孫呉の家臣、大都督。すごい美形な青年男子。 第1章:荒廃した大地、徐州!〈1頁から!〉 第2章:狼将軍と赤いお嬢さま!〈14頁から!〉 第3章:英雄を縛る鎖!〈44頁から!〉 第4章:赤壁炎上!!!〈59頁から!〉

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 三国列女伝 劉備の娘
作者名 アキラル08・サバイバー
ジャンル 歴史/時代
タグ 歴史 シリアス 三國志 三国志 第2回ノベプラ大賞 R15
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2019年10月1日 7時00分
最終投稿日 2019年12月8日 19時00分
文字数 101,753文字
ブックマーク登録 50件
コメント/スタンプ 517件
応援ポイント 289,405pt
ノベラポイント 38,840pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 曹昂生存していたらという話です

    ♡2,144,894

    〇1,412

    歴史/時代・連載中・241話・652,428字 正広海竜

    2020年10月20日更新

    生まれた時から難病で|白河《しらかわ》|脩《しゅう》は成人まで生きられないと医者に診断されていた。 その為、毎日を病院で本を読んで過ごしていた。病状が悪化しあっけなく死んでしまう。 気が付くと自分が赤ん坊になっており、更に自分が曹操の息子の曹昂になった事に知る。 本を読んでいたので、自分が宛城の戦いで死ぬ事を知る。そんな未来を回避する為に前世の知識を活かして生き残る事を決める。 この話は三国志演義に準拠します。 参考文献 秘密三國志 著者陳舜臣 三國志 著者吉川英治 三国志 著者横山光輝

  • 楠公さんのお話です。

    ♡200

    〇3

    歴史/時代・連載中・10話・23,364字 結城 慎二

    2020年10月20日更新

    河内の悪党楠木正成が後醍醐天皇に呼応して鎌倉倒幕のため赤坂で挙兵してから湊川で自刃するまで。 ●参考文献(というか、執筆の前後に読み散らかした関連書籍) 古典日本文学全集13 大鏡 増鏡 岡一男訳 筑摩書房 日本の古典15 太平記 山崎正和訳 河出書房新社 太平記おもしろ紀行 村松定孝 大陸文庫a 日本史探訪8 角川書店編 角川文庫 手掘り日本史 司馬遼太郎 文春文庫 武将列伝(二) 海音寺潮五郎 文春文庫 「軍師」の研究 百瀬明治 PHP文庫 楠木正成 土橋治重 PHP文庫 楠木正成 邦光史郎 徳間文庫 楠木正成 北方謙三 中央公論新社 私本太平記 吉川英治 六興出版 新太平記 山岡荘八 講談社 国語辞典 小学館 古語辞典 学研 新訂孫子 金谷治訳注 岩波文庫 老子 小川環樹訳注 中公文庫 新詳説日本史(昭和六十二年文部省検定済教科書) 山川出版社 総合世界史図表 第一学習社 歴史新聞 歴史新聞編纂委員会編 日本文芸社 ●ご注意 歴史小説はあくまでも史実を基にした創作物です。 当たり前ですが作劇の都合上、主人公を持ち上げます。 主人公あげのために登場人物が下げられている場合があります。 以上を踏まえた上で物語としてお楽しみ下さい。 重複投稿作品