異世界ファンタジー 長編 連載中

【星の魔術大綱】 -本格ミステリー冒険小説-

作者からの一言コメント

彼は今日も酒の代わりにお茶を飲む

読了目安時間:11時間28分

総エピソード数:154話

【星の魔術大綱】 -本格ミステリー冒険小説-の表紙

羊猿族の若き帝国魔術師《ショーン・ターナー》は、田舎町サウザスで治癒師として退屈な人生を送っていた。 ある朝、サウザス駅で、金の鰐の尻尾が吊るされて発見された。 尻尾の主である町長の姿は見つからない。 それは10年前、謎の少女《紅葉》が同じサウザス駅で吊るされて発見された事件と酷似していた。 ショーンは魔術大全書【星の魔術大綱】を片手に、紅葉とともに事件を解決をしに奔走する。 だが、それは大陸を取り巻く巨大な陰謀の序章に過ぎなかった── ◆第1章ー第3章は少し不穏な《日常編》 ◆第4章ー第9章は事件が起こり《ミステリー編》 ◆第10章ー第16章は魔術師による《魔術バトル編》 ◆第17章ー第24章は今までの一連の《事件の真相編》が展開します! こんな方にお薦め! ◆個性的なキャラが特徴を活かして活躍やバトルするのが好き ◆ミステリー要素のある冒険小説や魔術ファンタジーが好き ◆オープンワールドゲームの没入感やファンタジー世界の生活感が好き ◆ケモナー スピンオフ短編【ルドモンド大陸誌】もどうぞ。他サイトでも掲載中。 ※この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

総エピソード数:154話

総エピソード数:154話

作品情報

作品名 【星の魔術大綱】 -本格ミステリー冒険小説-
作者名 宝鈴
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ アクション/バトル コメディ 男主人公 西洋風 日常 ミステリー ファンタジー 冒険 魔術 呪文 獣人 ケモナー お茶 第3回HJ大賞 ファンタジー風景コン
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2021年10月12日 6時44分
最終投稿日 2022年11月30日 23時45分
完結日 -
文字数 343,828文字
読了目安時間 11時間28分
総エピソード数 154話
ブックマーク登録 39件
コメント 42件
スタンプ 236件
ビビッと 39件
応援ポイント 116,237pt
ノベラポイント 1,428pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 異世界Alien。彼女を家に帰すために、僕はなにも

    外来種を殺す責任、異邦人へ向け

    0

    0


    2022年12月8日更新

    高度に技術が発展した異世界人がもたらした技術により2つの大陸が滅んだ剣と魔法の世界。 大規模な戦争の原因となった異世界人は破滅をもたらすエイリアンとして一般人から憎まれ、カルト宗教からは力を持つ神の御使いとして崇められ、決して人間の一種と考えられない状態になっていた。 ある日、ジークフリート・ラコライトリーゼは異世界人と出会い、助けてしまった。「助けたからには義務がある」そう言って彼は異世界人と行動をともにして、時に戦い、時に逃げる。そうやって守り続けて「元の世界に送り返す」ために行動を始めた。 これは、彼の奮闘の物語。 https://ncode.syosetu.com/n3152hv/ ←にも投稿

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間26分

    この作品を読む

  • 食育勇者の三姉妹~美味しく楽しく食事ができれば、絶対できる最強奥義!~

    少女は食べて、強くなる!

    713,599

    1,379


    2022年12月8日更新

    ※夜中に見ると、お腹が絶大に空く危険性がございます。お気を付けくださいませ。 俺は引き籠りの男子高校生、天城 翔(あまぎ しょう)。コンビニへと昼飯を買いに行った帰りに異世界転移してしまった。 異世界の森で不思議な化け物に追い掛けられる最中、空腹で倒れていた女剣士に遭遇する。 持っていた弁当を食べさせると、彼女は突然人が変わったように化物へと立ち向かう。多彩で不思議で、強力な技の数々を駆使していった。 どうやら、彼女は食物の特徴、調理法、風習、言い伝え、イメージに関係して様々な攻撃ができるようになるらしい。 気が付くと、俺は何故か元の世界に戻っていて。元の暮らしをしているうちに二回目の異世界転移。また女剣士に逢うこととなる。 彼女の世界で紹介されたのが、森で逢った女剣士レディアを次女とする食育勇者の三姉妹。 三人は、この世界を支配する魔王を倒せる唯一の存在だったのだ。 魔王討伐を目指すため、俺は援護。三姉妹は化物を、食物が成せる奇跡の技で倒していく。 今話題、テイクアウトが炸裂! 時に涙あり笑いありの日帰りファンタジー! 表紙は海乃エメ様に描いていただきました。

    読了目安時間:28時間48分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 龍の狩人/Hau da zahelna

    2022/12/06 リブート

    19,550

    100


    2022年12月6日更新

    その夜、彼は全てを失った。 龍の呪いによって死ねなくなった父を殺すという、親殺しの大役を背負う雷業春香。しかし、その儀式は龍の群れの襲来によって中断されてしまう。そのうちの一頭と対峙し、生き残った春香だが、ともに戦った仲間は黒衣の集団によって皆殺しにされてしまう。失意の中、現れた兄から「リズ・ユヤデオナを探す」という使命を託された彼は、故郷に背を向けて、旅立つのであった。 ※更新は不定期

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:23分

    この作品を読む

  • 輝鑑

    無事、凡そ二年半に亘る作品に完結を捺す。

    1,121,707

    10,335


    2022年12月8日更新

    輝鑑読みの講談師、語るに曰く。 時は神武天皇即位紀元に直して2142年。但馬に稀代の英傑が生まれようとしていた。 男の名は、垣屋続成。彼はのちに大陸の皇帝にまで上り詰める伝説の大英雄であった。 だが、その続成とて当初から英傑であったわけではない。彼もまた、幼少から無敵の軍神というわけではなかった。 だがそれでも、彼は最強と言いうる名将であった。 今宵は、彼の前半生を彩る一級史料を紐解いてみたいと思う。 その、書の名は「輝鑑」。自叙伝に近い体裁を取ったその書は、公的記録であると同時に、一級史料に相応しいだけの確たる反証を受け止められる名著である。何せ、ツッコミどころが物語という体裁を取ったことと続成特有の方言は多少なりとも誇張されているのではないかというところだけであったというのだから、推して知るべしである。 そしてこの輝鑑に乗せられた垣屋続成の前半生は、おおよそ現在の我々からは知る術のない、波乱に満ちたものであった。齢八十を超え、畳の上で死したとは到底思えない、危難の連続であった。 それでは皆様、お立ち会い。初代富良東皇帝にして、かの伝説の聖君の一生を語ろうぞ!

    読了目安時間:29時間53分

    この作品を読む