連載中 長編

百合の鑑定士~大正浪漫×刀剣

作者からの一言コメント

大正浪漫×刀剣×乙女

 慶応が終わりを告げた後――  大政奉還以前の時代が空白とされた、「大正浪漫期」。  全てが所有している芸術品によって家の価値が決まる、黄金芸術時代。  女尊男卑社会で、認定鑑定士の姫百合は、見習いのモミジと共に、先代から受け継いだ店を守る。  「真実は所詮現象に過ぎないわ。真実は真実として、それが正しいとは限らない」「素敵です、お姉様!」  ※百合ぽいけど、がっつり百合じゃないので、タグは外してあります。  ※慶応の後に大正がきていたり、明治が消滅していたりする

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報
作品名
百合の鑑定士~大正浪漫×刀剣
作者名
霜月セイ
ジャンル
歴史/時代
セルフレイティング
なし
初掲載日
2019年8月20日 0時55分
最終投稿日
2020年1月17日 21時26分
文字数
187,664文字
ブックマーク登録
28件
コメント/スタンプ
103件
応援ポイント
96,800pt
ノベラポイント
2,900pt
応援レビュー
0件