現代/青春ドラマ 長編 完結済

ファミリーウォーズ

作者からの一言コメント

公募用の児童向け小説です。

僕、ケンは気の強い妹と両親の四人家族。 ある日きれいな女の子リナと怪しげな少年オナキンがやってきて一緒に暮らすことになる。 それから宇宙規模の争いに巻き込まれて……。 カクヨムにも掲載します。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 ファミリーウォーズ
作者名 野暮天
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ 児童向け パロディ
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年11月22日 4時40分
最終投稿日 2020年11月22日 4時53分
完結日 2020年11月22日 4時53分
文字数 31,018文字
ブックマーク登録 4件
コメント 5件
スタンプ 5件
ビビッと 0件
応援ポイント 1,800pt
ノベラポイント 2pt
応援レビュー 0件
受け付けていません
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • あなたの普通って何ですか?

    ♡14,200

    〇360

    現代/その他ファンタジー・連載中・15話・47,992字 昆布茶

    2020年12月3日更新

    この世界には魂と心から発生するとされている、摩訶不思議なエネルギー、魂心力(こんしんりょく)というモノが存在している。魂心力〈こんしんりょく〉を使って戦う者たちは、魂心術者〈こんしんじゅつしゃ〉と呼ばれ、主に超常の異形などの怪異や、悪鬼となった魂心術者〈こんしんじゅつしゃ〉などを倒すため世界の裏側で戦っているのだ。 しかし未だ魂心力(こんしんりょく)のすべてを解明できているわけではない。 魂と心とは簡単に解明できるモノでもないし、仮に解き明かしたときにそれがどのように世界を変革させるかは誰も想像出来ていない。 されど、この世界の人々は戦う。超常の異形や怪異などに人々の安息を壊すことなどは許さないし、許していいわけがないのだ。 そんな中、一人の魂心術者〈こんしんじゅつしゃ〉に子供が生まれようとしていた。 今、生まれようとしている赤子のいた世界と限りなく近く、限りなく遠い世界。それがこの世界のおおまかな概要である。 その世界に落とされた赤子の前世は普通になりきれなかった男。 普通になりきれない男のチンケな泥だらけの戦いの軌跡がこの物語である。

  • 異世界転生した天才チートな主人公のお話

    ♡248,100

    〇350

    異世界ファンタジー・連載中・86話・414,822字 普門院 ひかる

    2020年12月3日更新

    天才物理学者である普門院亮は、中世ヨーロッパに似た魔獣や魔法が存在するファンタジーな世界へと転生してしまった。 亮はバーデン=バーデン辺境伯の次男フリードリヒとして、懸命に学び、武技や魔法の修練を積んで冒険者としての活動を始める。 パーティーメンバーも次々と集まるが人外娘やら個性的な娘ばかり。クエストをこなすうち、更に人外も含む女性が集まってきて慕われるのだった。 やがてフリードリヒはシュバーベン学園に入学し、前世の妻の転生者であるヴィオランテと衝撃的な出会いをはたす。が彼女は高貴な家柄の姫だった。 ヴィオランテとの結婚をめざし、フリードリヒは早期に昇進を果たすため、軍人の道を選び、軍事学校を卒業するとシュバーベン公国の近衛騎士団への入隊をはたし、第6騎士団長に就任する。 そして、ホーエンシュタウフェン朝の復活や対デンマーク戦争で大活躍し、その軍功を認められホルシュタイン伯へと昇進するとともに、皇帝の命により元ホルシュタイン伯の娘と結婚する。 その後、モゼル公国が地方領主連合国軍に攻め込まれ、これを救出するが、モゼル公はなんとヘルミーネの父だった。フリードリヒは、ヘルミーネと結婚しモゼル公爵の地位を継ぐこととなった。 モゼル公となったフリードリヒは、ロートリンゲンの平定に奔走し、その実効支配に及ぶ。これを踏まえ、皇帝はフリードリヒにロートリンゲン大公位を与えるとともに懸案であったヴィオランテとの結婚を認めるのであった。 引き続きフリードリヒは自由経済圏の拡大などの政策に取り組んでいく (2020/11/11 部門別日間ランキング5位)

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 2020年12月3日更新

    「邪魔はさせない」は「F-エフ-」のエンディング! イイネ? マイナーアニソンをこよなく愛する乙女たちが、ダベるだけ。 ノベラいただくつもりはなかったのですが、いただけたので、「取材費」として活用いたしました。 新たなマイナーソングの発掘のために、ポイント分の楽曲を購入しています。

  • 予測のできない展開を

    ♡200

    〇0

    現代/青春ドラマ・連載中・51話・163,669字 天職

    2020年12月3日更新

    それは日本のどこかで起こった怪奇事件。 死因が熱中症の全身バラバラ遺体。目の前で神隠しに逢う子供たち。目撃者ゼロの白昼堂々の殺人。 それら現実ではありえない事件には、人の理解を超えたある【真実】が絡んでいた。 <The yellow chapter> 沖縄から転校してきた虹倉三彩希は、大人気Youtuberとして未解決事件の調査を行っていた。 調査対象は「黄泉路夫妻惨殺事件」。全身バラバラで発見された夫妻の事件は、何故か容疑者無しとして未解決事件となっていた。三彩希はその一人娘である黄泉路蜜を疑い中心に調査を始めるが、次第にその事件に絡む異常さを目の当たりにする。その異常(アブノーマル)に一歩足を踏み入れた三彩希の運命は――。 これはある異聞奇譚のその一つ。 そして始まりである。 ========================= 「小説家になろう」「ノベルアップ+」にて同時掲載中 =========================