文芸/純文学 長編 連載中

僕らは数字に踊らされている

作者からの一言コメント

前代未聞、数字を使った異能バトル!

読了目安時間:5時間33分

総エピソード数:62話

僕らは数字に踊らされているの表紙

近未来。数字が偏重され「番号持ち」と呼ばれるごく少数の特異な人間が優遇される社会。 高校に通う蓮森数美は文学を愛し「番外」と目されて軽んじられていたが。

前へ

1-62

次へ

作品情報

作品名 僕らは数字に踊らされている
作者名 九藤 朋
ジャンル 文芸/純文学
タグ 異能力 数学 HJ大賞2020後期
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2020年11月9日 11時53分
最終投稿日 2021年11月13日 13時32分
完結日 -
文字数 166,391文字
読了目安時間 5時間33分
総エピソード数 62話
ブックマーク登録 56件
コメント 53件
スタンプ 287件
ビビッと 66件
応援ポイント 784,250pt
ノベラポイント 14,685pt
応援レビュー 5件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ガラスの少女

    肉体とガラス。心。砕けるのはどれ?

    800

    0


    2021年12月5日更新

    「高校2年生の春、わたしはクラスメイトの秘密を知る。」 ファンタジー要素ありの日常系小説。今までの小説よりも若干陰鬱かも知れません。百合の意図はありませんが、そう見えないこともないです。 まだ途中までしか書いていませんが、最後まで書くために鼓舞する意図をもって冒頭を公開します。執筆中のためにタイトル・内容ともに変更する可能性があります。

    読了目安時間:14分

    この作品を読む

  • 小槻先生の秘密

    ヒューマンドラマ

    484,810

    14,703


    2021年12月5日更新

    人見知りの中年作家・小槻健司は、年中自宅に引きこもって小説を書くだけの生活を送っている。彼にとって「作家」は職業というより、もはや生き方といえた。 ある日、「たまには......」というほどの気持ちで外に出てカフェに入った彼に大学生の野上萌が声をかける。偶然にも彼女は作家・小槻健司の大ファンだった。健司は咄嗟に自分の正体を隠すが、「自分の小説を読んでほしい」という萌の強引な頼みを断れずにUSBメモリを受け取る。 萌との関わりを億劫に感じながら、「実は作家・小槻健司その人である」という秘密を守ろうとするたびに意外な一面を発揮する健司......。 唯一の親友であり恩人でもある玉置恭介、その息子の幸一など、まわりの人々を「秘密保持」のために巻き込みつつ、彼は人生のターニングポイントを迎える。 書くこと以外には趣味も楽しみもない。ある意味で人生の終局までを見通せてしまっているような健司。彼は一つの出会いをきっかけにして過去と向き合い、新たな境地に挑んでいく。そして「秘密」に関わる人々もまた各々の置かれた立場で人生を懸命に生きていく。 互いに影響しあいながらそれぞれの失敗、苦手、弱み、課題、壁に立ち向かい、答えを探していくヒューマンドラマ。

    読了目安時間:8時間51分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 生物部員はコスプレイヤーの夢を見る

    レイヤー女子と、生物部男子の邂逅は!

    4,600

    0


    2021年10月31日更新

    生物部である男子高校生たちは、同人誌やコスプレデビューを目指し、先達や異性との出会いの中、リア充なオタクライフを満喫する。 って、スムーズに青春出来ると思ってました。 女子は女子で色々あるのです。青春だもの。 笑えて、コスプレのノウハウもわかって、さらに泣ける展開もあるかもしれない、ラブコメディ。 2021/10/06 第1話にキャラ立ち絵8点追加。 2021/10/31 第2話公開。

    読了目安時間:1時間20分

    この作品を読む

  • サヴァイヴ・アライブ ―殺戮人形の矜持―

    死人に口なし、生き残れ

    301,427

    2,215


    2021年9月18日更新

    現在……過去……そして未来……様々な時間軸を扱ったサバイバル・ストーリーとなります。 ---------------------------------------------------------------------- ・『未来』あらすじ 第二次大革命を引き起こしたとされるテロリスト「キング」は人質と共に高層ビルを占拠。 かつてのキングの仲間の少女とともに出動した英陸軍特殊部隊「SAS」はキングと対峙する。 少女「ミラ・クラーク」を見たキングはあっさりと降伏する。 ミラとキングの間には悔恨と贖罪の記憶があった――。 ・『現在』あらすじ 巨悪にしてカリスマ、と評されたヴィクター・バーンズが未曾有の大暴動「大革命」を決起してから10年余りが経った。 再建した米国「リ・アメリカ」の主要都市の至るところで暴動の余波と疲弊する公安組織があり、国全体が悲鳴を上げているようだった。 バーンズが中東の某国で細菌兵器の取引を行うことをチャッチした軍事情報組織「A.S.F.」はデザイナー・ベイビーの出自を持つ戦闘人形部隊「ドールズ」を現地へ派遣する。 バーンズの打倒が大革命の沈静化につながると睨んだドールズの人形「カイル・カーティス」は仲間の「ジョン・ヒビキ」、「ミラ・クラーク」とともにバーンズと対峙する。 カイルとバーンズの間には浅からぬ因縁があった――。 ・『過去』あらすじ それぞれの人物の動機が明かされる―― 絶体絶命、孤立無援……生き残れ。 キャラクターデザイン(敬称略):ざわ姐、Rida ※「カクヨム」様でも好評連載中。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間26分

    この作品を読む