文芸/純文学 長編 連載中

僕らは数字に踊らされている

作者からの一言コメント

前代未聞、数字を使った異能バトル!

僕らは数字に踊らされているの表紙

近未来。数字が偏重され「番号持ち」と呼ばれるごく少数の特異な人間が優遇される社会。 高校に通う蓮森数美は文学を愛し「番外」と目されて軽んじられていたが。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 僕らは数字に踊らされている
作者名 九藤 朋
ジャンル 文芸/純文学
タグ 異能力 数学 HJ大賞2020後期
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2020年11月9日 11時53分
最終投稿日 2021年2月27日 9時10分
完結日 -
文字数 82,726文字
ブックマーク登録 38件
コメント 26件
スタンプ 134件
ビビッと 19件
応援ポイント 230,950pt
ノベラポイント 7,185pt
応援レビュー 3件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 🌸ギャグ満載✨胸アツ🔥物語ブウ❗🐷

    ♡309,203

    〇4,411

    異世界ファンタジー・連載中・40話・239,700字 来我 春天(らいが しゅんてん)

    2021年3月4日更新

    ▲皆様の【評価・感想】を絶賛受付中です! どんな内容のご評価でも喜んで拝見しております! ~ ギャグまるだしのあらすじ ~ 令和に生きる社会人、谷川。 幼い頃から厳格な家庭で育てられた彼は、二十五年間ガマンの連続の人生を送り続けていた。 学生の頃から買い食いも、寝坊も、異性交遊さえもしたことのない優等生。 そのおかげで、それなりに順調な社会人生活ではあったのだが──── 本当は、もっと自由に生きたい! 俺は他人の何倍もガマンをしてきた! いつか俺のガマンは報われるはずだ! いつか俺の欲望を理解してくれる人に出会えるはずだぁ! ──────そう信じていた彼に、ある日悲劇が襲い掛かる。 会社の同僚が面白半分で仕掛けたドッキリがきっかけで、警察に追われる事になってしまった。 正直言って、運が悪すぎる。 ハッキリ言って、とばっちり。 街ゆく人たちに暴言を浴びせられ、写真も撮られまくり…… そして最悪のタイミングで道路に飛び出してしまった谷川は どれだけの人数を異世界へと送り込んだのかも解らない大型トラックに轢かれてしまう。 もはや人間社会で生きることはできなくなった。 異世界への転生を余儀なくされた谷川は、自称『異世界の女神』に導かれて転生を果たす! あぁ、おめでとう谷川! 幸せになれよ、谷川! んっ? ちょ、待って? この女神、全身緑色じゃない? えっ? 転生後は語尾がすべて「ブウ」になる? それって女神の祝福じゃなくて、もはや呪いじゃない!? 細けぇ事ぁいいんだよォ! 異世界で誰にも縛られることのない屈強なオークへと転生を果たした谷川! さぁ、もはやこの世界にはお前を止める奴などいない! 思う存分、溜めまくった欲望を発散してこい!! でもノベプラオンリー公開だから、R18描写までは行くんじゃねぇぞ! ────えっ、ちょ……谷川さん? どうして転生先で、泣いてるの……!? 「転生してオークになった物語ィ? ハイハイ、当然のように女性を蹂躙するんでしょ?」 残念ですが、拙作はそんなハレンチな展開はございませーん! 代わりと言っちゃナンですが、大量のギャグと胸アツの展開がございますよ!! 異種族転生物語、連載中! ※拙作はノベルアッププラス様でのみ公開されている専属作品です。 ※拙作はすべての投稿におきまして非営利目的でのみ公開しています。

  • 青年は傍観する──異能者の戦いを。

    ♡9,400

    〇100

    現代/その他ファンタジー・連載中・20話・84,305字 玉井明

    2021年3月6日更新

    舞台は、現代においてありえないとされる魑魅魍魎が跋扈する地──坂月市。異能者、魔術師、陰陽師、退魔師などが潜むこの地に、ごく平凡な高校三年生の瀬古政和は、幼馴染みの兎山桜花を筆頭に、個性溢れる仲間たちと妖退治に追われる。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  •  

    ♡0

    〇0

    文芸/純文学・連載中・4話・16,410字 Jy

    2021年3月7日更新

    交通事故で母を、自死により長男を失った家族——父フミヤと次男のユウタ。母の日に交わす親子の会話は、母と長男との死の真相をめぐって、長年のあいだ隠されてきた家族の亀裂を次第に浮き彫りにする。 以前書いた戯曲を小説に書き換えたものです。台詞中心のワンシチュエーション現代ドラマです。 5日連続で分割して投稿しますが区切りは一切ありません。

  • ごめんね。私の涙は恥ずかしがり屋なんだ。

    ♡56,500

    〇1,980

    文芸/純文学・連載中・20話・33,818字 亜房(あぼう)

    2021年3月7日更新

    貴女の掌に踊らされる画家のお話。 『貴女の掌の上で踊っても良いけれど、釈迦の掌より、貴女の掌は気持ちよく踊らせてくれるのかな?』 イラストは探求快露店さんから頂きました。

    タグ: