完結済 短編

水と花

作者からの一言コメント

被災された皆さまに。

「私」は台風19号による被害で婚約者を喪い、絶望の日々を送っていた。 そんな時、会社の新しい同僚から、聴いた話が、「私」に涙を呼んだ。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 水と花
作者名 九藤 朋
ジャンル 文芸/純文学
タグ 届け、言葉の力PJ 台風19号 増水した川 自衛隊
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年10月18日 16時22分
最終投稿日 2019年10月18日 16時23分
文字数 1,110文字
ブックマーク登録 3件
コメント/スタンプ 12件
応援ポイント 4,000pt
ノベラポイント 1,600pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 「救う」より傲慢な言葉を、他に知らない。

    ♡13,300

    〇0

    文芸/純文学・連載中・19話 椎人

    2020年5月26日更新

    大学三年生の僕は、目の前で人が死のうとしているのを目撃し、それを阻止した。 心を固く閉ざし、僕に冷たく当たる彼女。 己の行いは正しかったのか、葛藤する僕。 「また明日」と言って僕らは別れたけれど、その明日に、あなたはいますか。 ※同内容をなろう、カクヨムにも投稿しています。

  • 愛されたくて淋しくて、自分がキライ。

    ♡0

    〇0

    文芸/純文学・連載中・3話 白雪冬桜

    2020年6月4日更新

    お兄ちゃんのことが好きで、尊敬しています。 パパとママのことはどう思っているのか分かりません。 自分のことはキライです。 いつも心配です。 お兄ちゃんに嫌われたらどうしよう。 冷たくされたらどうしよう。 誰からも愛されなかったら、どうしよう。 心が寒いので、温かいものを下さい。 ※不定期更新です。