境界線上の魔王

読了目安時間:5分

エピソード:10 / 142

1-6 再会を誓って【挿絵】

「色々と、ありがとうございました」  黄金色に輝く光の壁を背にして、クリスが深々と頭をさげた。武装を失い、文字通り丸腰になってしまった彼女であったが、一礼を終えて持ち上げた表情は晴天そのもののように明るく、軽やかな所作からは疲労の色もみられない。 「とんでもございません。姫殿下も、どうぞお元気で」  今朝早く、おれたちは鬼人の里を後にした。ファルマーは、クリスから剣を預かってから休みなく作業をつづけていたようで、挨拶をしたいと言うクリスともども、ミスラに止められた。 「ああなったら、天変地異でも起こらない限り動かないよ」  職人気質というやつなのだろう。ミスラとはそこで別れ、身ひとつで帰ろうとしたクリスを『境界線』まで送り届けることになった。屋敷を出たあたりで出くわしたキースが同行を求めたが、マリーに真顔で『人数が多いので、四肢が削れるかもしれませんが』と前置きされて、丁重に身を引いた。  何のことやら、と首を傾げるクリスは、やはりマリーに抱きすくめられた時は顔を赤くして困惑していたが、飛び始めてからはむしろ興奮しはじめて、身動ぎした挙句落下したりしないか神経を尖らせっぱなしだった。  マリー曰く、制御の難しい飛翔魔法であるそうだが、今回に限っては目的地が明解に過ぎた。  遥か高く、雲を突き抜けて噴き上がる光の壁。陸を東西に分断するように走り抜ける大河が根源であることは、見ての通り明らかである。だが、視力から得られる以上の情報はいまだ収集できていない。  わかっていることは、この光と川は触れた生物の魔力を試すように吸収し、魔力が切れるとその生命をも呑み込んでしまうこと。そしておそらくは、人以外はそもそも通過できないであろうこと。  それらの事情から、壁に阻まれたふたつの大地を行き来することができる者はごく少数であることだ。  おれが知る限り、その資格をもつ人間は三人だけで、そのうちのふたりがこの場にいる。人の世なら邪推されかねない状況であるが、こちら側なら妙な詮索を警戒せずにすむ。 「ミスラによると、ひと月もすれば新しい剣が完成するそうです。それまではこちらをお使いください」 「それは……」  差し出した二本の双剣に目をおとして、クリスが息をのんだ。ファルマーの屋敷でも披露した、淡く輝く光を放つ短剣だ。 「銘は鈍色蛍といいます。魔法具ですが、短剣のように扱って頂いて構いません」 「ですが、これをお借りしてしまうと、セイジさまが……」 「魔法使いにとっての魔法具と、剣士にとっての剣。失った場合、どちらがより影響を被るかは明白でしょう」  自己嫌悪に陥りそうだった。この言い方は、実力不足を指摘しているとも捉えられないからだ。  だが、さすがに王族を丸腰で帰らせるわけにはいかない。クリスに万が一のことがあったら、帰郷どころか国土を踏むことすらできなくなってしまう。 「セイジなら大丈夫ですよ。ここは魔力が豊富ですし、私もついていますから」  不干渉の姿勢をみせていたマリーが、思わぬ援護射撃をしてくれた。小柄で物静かなマリーだが、ファルマーに致命傷を与えたあの一撃を見てしまっては、頼りないとは言えないだろう。力強いその言葉に、何かを言いたげに唇をつぐんでいたクリスが頭をさげた。 「わかりました。セイジさまをお願いね、マリーちゃん」 「お任せください。クリスも息災で」 「お前はおれのなんなんだ。保護者か何かか?」 「保護者です。他に何かありますか?」  言い返すだろうとは思っていたが、ここまで躊躇なく言い切るとは思わなかった。 「……そういうところ、尊敬するよ」 「ふふ、どちらが年上かわかりませんわね」  ふたりのやりとりを眺めやって、ようやく笑みを浮かべたクリスが、剣を握りしめた腕を誇るように突き出した。 「では、またひと月後にお逢いしましょう」 「はい。お気をつけてお帰りを、殿下」  会釈を交わして、クリスは跳ねるような足取りで踵を返した。あと一歩で光に触れる、というところで、ふいに勢いよく振り返った。 「申し忘れておりました、セイジさま。わたくしたち、初対面ではありませんよ!」 「は? 今なんて……ちょっ!」  セイジの返答から逃げるようにして、クリスが身を躍らせた。舞い上がった金色の頭髪が、光の壁に吸い込まれ、見えなくなっていった。 「……セイジ?」  一歩後ろに佇んでいたマリーの声が背中を刺した。どんな表情をしているのかは、この目で確認するまでもない。 「騎士の称号を拝命したときに顔合わせはしたが、言葉も交わしてないぞ」 「覚えてないだけじゃないんですか?」 「身も蓋もないこと言うなあ……」  まあ、構いませんが。と、マリーが光の壁に背を向けた。差し出された手を握りしめると、かるく地を蹴った身体がふわりと浮かび上がった。 「再会までに思い出してあげてくださいね。さもなければ、できたばかりの飛天龍で試し斬りされますよ?」 「剣呑な表現から離れてくれ。冗談にもならん」 「では、『女の子にはやさしく』ということで」  悪戯っぽく歪んだマリーの唇から魔法の言葉が紡がれて、閉口したセイジの体を空高く、はるか北の地へと導いていった。  ──約束までの日々は、鬼人の里の騒動のような大きな依頼もなく、淡々と時が過ぎていった。ついにクリスのことを思い出せないまま、期日を迎えようとしていた。  だが、果たして、剣呑な懸念は杞憂に終わった。ひと月経たずに届けられた飛天龍を持て余し、もういっそのこと押し付けてきてやろうか、などと考えていた頃合い、羽音とともに飛び込んできた報せから掴んだ情報は、クリスが遅れていることの酌量に十分なものであった。  完全武装した隣国ルーレインの兵が、国境へ向けて大規模な進軍を開始。これを阻止すべく、クリスの国家フェルミーナは彼女を筆頭に軍団を編成した、というものであった。  条約が結ばれて久しい和平。長らく歴史に刻まれることのなかった人間同士の大規模な殺し合い。その陣頭に、クリスが立たされているというのだ。 『わたくしたち、初対面ではありませんよ!』 1-6 再会を誓って【挿絵】の挿絵1

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • ちびドラゴン(えんどろ~!)

    くにざゎゆぅ

    ♡100pt 〇300pt 2022年5月8日 22時16分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    君なら世界を救えるかもしれない

    くにざゎゆぅ

    2022年5月8日 22時16分

    ちびドラゴン(えんどろ~!)
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年5月8日 22時58分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    できらぁ!

    羽山一明

    2022年5月8日 22時58分

    ミミズクさん
  • 半魚人

    王海みずち

    ♡2,000pt 〇200pt 2022年6月25日 13時53分

    なんて美しい脚……! 膝枕に顔うずめて深呼吸したいです

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    王海みずち

    2022年6月25日 13時53分

    半魚人
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年6月25日 14時39分

    何言ってもヤバい感じにしか返せそうにないのでノーコメントでお願いします。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    羽山一明

    2022年6月25日 14時39分

    ミミズクさん
  • メタルひよこ

    うさみしん

    ♡1,000pt 〇200pt 2022年4月10日 5時21分

    このエピソードを初めて読んだ時は特に気にしませんでしたが、今回添付されたイラストはクリスでしょうか。やはり拙者の勝手な脳内イメージより相当若かったです押忍。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    うさみしん

    2022年4月10日 5時21分

    メタルひよこ
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年4月10日 10時04分

    そうですね、普段のクリスはこんな具合で戦っています。魔法が有る以上、ただの鎧は儀礼的な意味しかないので。いちおう、クリスは17歳という設定です。セイジとマリーは年齢不詳です。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    羽山一明

    2022年4月10日 10時04分

    ミミズクさん
  • 探偵

    てとら

    ♡1,000pt 〇200pt 2021年9月26日 17時04分

    なんと…!このまま武器を強化して、無難に冒険が進むのかと思いきや、ここにきてまさかの展開です。何やら本格的な戦記物の気配がしてきましたね。人間同士のダークな心情描写や駆け引きが、この先で容赦なく待ち構えていそうです。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    てとら

    2021年9月26日 17時04分

    探偵
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2021年9月27日 2時59分

    妥当かつ理論的に話は進みますが、無難にはむしろ反抗し、現状からどれだけ話の可能性が広げられるか、という意識のもとで描いております。今後もしっかり予想を裏切ってしまうかもしれませんが、平にご容赦を。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    羽山一明

    2021年9月27日 2時59分

    ミミズクさん
  • レイナ(QB)

    氏家 慷

    ♡1,000pt 〇200pt 2021年6月16日 21時23分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    楽しませていただきました

    氏家 慷

    2021年6月16日 21時23分

    レイナ(QB)
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2021年6月18日 1時44分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    うれしぬ

    羽山一明

    2021年6月18日 1時44分

    ミミズクさん

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 外れスキルの屑と言われ追放された最底辺の俺が大逆襲のリスタート! 最強賢者への道を歩み出す!「頼む、戻ってくれ」と言われても、もう遅い!

    大逆襲の人生リスタートが始まる!

    916,750

    40


    2022年10月4日更新

    負けないぞ俺!無理やりでも笑って前を向かなきゃ!絶対に大逆襲してやる! ソヴァール王国名門魔法使い一家の末っ子に生まれた少年リオネル・ディドロは、 こざっぱりした茶色の短髪、綺麗なとび色の瞳を持つが、顔立ちは平凡な18歳。 しかし、魔法学校を最低の成績で卒業。同級生から超劣等生のレッテルを張られた上、とんでもないくそスキルを授かり、家の名誉を重んじる父と兄から激しく罵倒された上、修行という名目で追放されてしまう。 非情な父から名前も変えて、1か月以内に王都を出ろと命令されたリオネルは、仕方なく冒険者となり、もてるチープな魔法と思い切り馬鹿にされたスキルを使い、精一杯生きて行く。 しかし、遂に報われる時が…… 必死に頑張る超底辺のリオネルに信じられない奇跡が起こり、手も差し伸べられたのだ。 さあ、巻き返しだ。 罵倒され、蔑まれたリオネルが覚醒し、大逆襲の人生リスタートが今始まる!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:37時間51分

    この作品を読む

  • 異世界ゲームへモブ転生! 俺の中身が、育てあげた主人公の初期設定だった件!

    俺は絶対!前世より1億倍!幸せになる!

    207,650

    50


    2022年10月3日更新

    雑魚モブキャラだって負けない! 俺は絶対!前世より1億倍!幸せになる! 俺、ケン・アキヤマ25歳は、某・ダークサイド企業に勤める貧乏リーマン。 絶対的支配者のようにふるまう超ワンマン社長、コバンザメのような超ごますり部長に、 あごでこきつかわれながら、いつか幸せになりたいと夢見ていた。 社長と部長は、100倍くらい盛りに盛った昔の自分自慢語りをさく裂させ、 1日働きづめで疲れ切った俺に対して、意味のない精神論に終始していた。 そして、ふたり揃って、具体的な施策も提示せず、最後には 「全社員、足で稼げ! 知恵を絞り、営業数字を上げろ!」 と言うばかり。 社員達の先頭を切って戦いへ挑む、重い責任を背負う役職者のはずなのに、 完全に口先だけ、自分の部屋へ閉じこもり『外部の評論家』と化していた。 そんな状況で、社長、部長とも「業務成績、V字回復だ!」 「営業売上の前年比プラス150%目標だ!」とか抜かすから、 何をか言わんや…… そんな過酷な状況に生きる俺は、転職活動をしながら、 超シビアでリアルな地獄の現実から逃避しようと、 ヴァーチャル世界へ癒しを求めていた。 中でも最近は、世界で最高峰とうたわれる恋愛ファンタジーアクションRPG、 『ステディ・リインカネーション』に、はまっていた。 日々の激務の疲れから、ある日、俺は寝落ちし、 ……『寝落ち』から目が覚め、気が付いたら、何と何と!! 16歳の、ど平民少年ロイク・アルシェとなり、 中世西洋風の異世界へ転生していた…… その異世界こそが、熱中していたアクションRPG、 『ステディ・リインカネーション』の世界だった。 もう元の世界には戻れそうもない。 覚悟を決めた俺は、数多のラノベ、アニメ、ゲームで積み重ねたおたく知識。 そして『ステディ・リインカネーション』をやり込んだプレイ経験、攻略知識を使って、 絶対! 前世より1億倍! 幸せになる! と固く決意。 素晴らしきゲーム世界で、新生活を始めたのである。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:16時間49分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • メリッサ/クリア・カラー

    アイドルとアイドルが戦う小説です。

    18,600

    0


    2022年10月4日更新

    アイドル大戦国時代――国家によるアイドル活動の推進プロジェクトが行われ、5年の月日が経過した。 激動のアイドル界のトップに君臨しているアイドルグループ『i─Con』は新メンバーの募集オーディションを開始し、数万人の少女達が夢をかなえるために応募する。 他人と違う身体的特徴から過去にいじめを受けていた少女、千倉ヒカル 彼女は過去のトラウマから中学生になっても1人も友達を作らず、孤独な日々を過ごしていた。 そんな彼女も中学校を卒業し、16歳の春を迎える。 ずっと憧れだったアイドルグループ『i─Con』に入るため、彼女もまたオーディションに参加する。 アイドルとは―― ファンとは―― アンチとは―― 幸せとは―― 勝利とは―― 千倉ヒカルの人生を懸けた戦いが今始まろうとしていた。 ※アルファポリスでも連載中です。

    読了目安時間:13時間55分

    この作品を読む

  • 空色の告死天使<アズライール>

    空から降ってくるヒロインは王道ロマン!

    363,299

    11,521


    2022年9月26日更新

    空から降ってきた少女を守ると決めた――。 メビウスとウィルは魔獣退治の帰りに空から降ってきた少女を助ける。 目が覚めた少女には記憶がなく『ソラ』という名前でメビウスたちと共に自身の記憶を探し始めるが、そこへ襲い掛かってきたのは遥か昔に封印されたといわれる魔族につらなるものたちだった。 魔族とは切っても切れない因縁のあるメビウスは、少女を守ると心に誓う。 たとえ、少女がなにものだったとしても。 ソラもまた、少年のちからになりたいと願う。 自分の謎を知ったとき、なにが起こるのか知らぬまま――。 剣と魔法、滅びた王国、三つの種族。混沌の世界で繰り広げられる、王道ど真ん中正統派少年少女の冒険譚。 三章開幕。魔法と機械も大好きですを込めたウィルメイン話。 不定期更新。ちょいちょい修正してます。イラスト系は更新報告ページに置いてます。 最高ランク、ジャンル:日間2位 / 総合:日間7位!糧になります。ありがとうございます!!

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:10時間58分

    この作品を読む