境界線上の魔王

読了目安時間:6分

エピソード:79 / 142

6-23 その横顔に、決意と覚悟を

「……では、改めまして。第二聖騎士セイジ・ルクスリアさまです!」  静まり返った場を切り裂いて、弾けるようなクリスの声がひびきわたった。間をおかず、待ちかねたかのように拍手と歓声が湧き上がった。両手で前に出るようすすめられ、わけもわからず進み出る。  拍手がおさまると、若々しい熱を帯びた瞳と、老練さを滲ませる鋭い瞳に、闘志あふれる光が灯った。入り交じり、浴びせられるのは脚光だけではない。試すような、推し量るような。騎士だからこその強い意思をのせた視線に、つむじから爪先までを容赦なく観察される。  この心地よい感覚も、これほどまでに久しぶりだと背筋が伸びる思いだ。昔と立場が違うことを考慮すれば、なおさらだろう。  かるく視線を投げ返して、息を吸い、吐き出す。 「えー……堅苦しいのは苦手なので、かんたんに。初めまして、久しぶり。セイジ・ルクスリアです。長い間、彼の地に籠もっていたんですが、縁があって舞い戻りました。またいつ旅立つかはわかりませんが、それまでは聖騎士としての職務を全うします。私にできることがあれば、気兼ねなく声をかけてください。以上!」  下げた頭の左右から小さな、次いで奥から大きな喝采が巻き起こった。持ち上げた首から上に、燃え上がるような熱がまわった。 「セイジさま、顔、お赤いですよ」 「あ、ほんとですね。ふふふ」 「龍相手に緊張せえへんのに、後輩相手に赤面すんのか」 「うるさいなあ、慣れてないんだよ……」  聖騎士という称号を拝命してむこう、聖騎士として名を名乗るのははじめてかもしれない。そう思うと感慨深いこともあった。かたちのうえでは後輩となる騎士たちにあれこれと懇願されるのも、決して悪い気はしない。 「さ、まずは基礎鍛錬からご覧くださいませ!」 「うん、指導者としてはクリスのほうが先輩だから、隣で勉強させてもらうよ」  だが、今はどの騎士に先んじて、クリスの監視を優先すべきだった。  五分ほど前に訓練場に突入したおれとポーラは、マリーと肩を並べて騎士たちに指導する、いつもと変わりのないクリスの姿をみとめて、思わず顔を見合わせた。 「……おさまったんか? それか、もともと勘違いやったか……」 「いや、クリスに限ってそれはないだろうな」 「あん? なんやそれ、どういうことや?」 「あれだけの魔力を、あれだけ綺麗に操作できるクリスが、あからさまな揺らぎを隠し切れてなかったんだ。なんか理由があるんだよ」 「……もしくは、この短時間で使いこなしたんか……?」 「…………」  独り言のようなポーラの意見は、十二分にありえるものだ。それでも、天真爛漫なクリスの身が、怖気をするほどの魔力に取り憑かれている、と考えると、率先して肯定したくはない。 「お帰りなさい。お待ちしておりましたわ!」  おそるおそる声をかけたクリスに面と向かうも、いつもとの違いはみられない。ちらりとマリーの様子を窺うが、やはり頭をふるばかりだった。  クリスのなかに黒い魔力があると仮定する。  クリス自身が黒い魔力を自覚しているのなら、先のやりとりは必ず意味があるはずだ。隠し通したいのなら、わざわざおれを待ち構えるような真似はしないだろう。  ……問題は、自覚がない場合だ。  おれが知る限り、黒い魔力は少なくとも二種類ある。  ひとつめは、おれのなかにある異色の魔力。そして、かつてクリスも立ち会った、鬼人ファルマーに取り憑いていた『カオス』がふるう魔力がふたつめだ。  境界線から出てきた化け物が『カオス』と呟いた例をみると、おそらく後者が主流で、黒い魔力そのものを操ることのできるおれは、いわば例外なのだろう。  そして、クリスに宿るものがどちらだとしても、同じ黒い魔力でもって抵抗することが最善だ。  つまり、おれがこうしてクリスに張り付いてさえいれば、最悪の事態は避けられる。逆に言えば、それ意外の選択肢はなさそうだ。距離を置いて警戒すると、不必要に尖った魔力の気配を察知されて、かえって状況が悪化しかねない。  ……ふと、絶え間なく響く剣と魔法の音に耳目がつられた。  視界の手前から奥までを埋め尽くす騎士たちの応酬。こんな時にでも、気にならないといえば嘘になってしまう。勝負事を見れば血がざわついてしまうのは、もはや騎士としての性というものだろう。 「いかがでしょうか、セイジさま」  内心を同じくしたのか、クリスが声をあげた。 「いい感じだよ。特に、若い騎士の技量が高いように思える」 「ええ、新参兵を中心に、今年は粒揃いですわ」  クリスの語尾に、堪えきれないような、小さな笑い声がつづいた。 「ふふ……変なの。セイジさまだってお若いのに」 「……そうだけどさぁ。年季とか色々あるじゃん……」  口元に手をあてたあどけない笑顔。  おれのよく見知っている、クリスティア・フェルミーナ王女殿下がそこにいた。  たとえこの方が黒い魔力を隠し持っていたとして、おれは非情になりきれるだろうか?  そうしなければならない状況下であったとして、おれはこの方を斬れるだろうか? 「……どう、なさいました?」  おれが無言で立ち尽くしていたからだろうか、笑い声を収めたクリスの表情が、ふと疑問符を帯びた。  さっきまで青白さすら窺えた顔色に、どこか赤みがさしている。不穏な考えを拭ってくれるようなその色彩に、ほっとした内心そのままに微笑み返した。  ……同時に、自分の考えを思い直した。  聖騎士とは、なにかを処罰するものではない。命と思想を護るものだ。そこは、それだけは迷ってはいけない。 「いや、なんでもないよ……それで、今回はどんな訓練なんだっけ?」 「はい、本来は基礎・自由鍛錬、一対一、休憩を挟んで三対三、という運びだったのですが、セイジさまがいらっしゃるなら、と。みなが勝ち抜き戦を提案しまして」 「勝ち抜き戦? なんでまた、昇級試験みたいなことを……?」 「昇級試験を模したほうが、熱が入るであろう、ということですわ。聖騎士資格試験も、近く再度執り行わねばなりませんし」 「再試験か。そういえば、そうか……」  予期せぬ化け物の襲来、それに次ぐラフィアの危機。  あれがなければ、目の前の何人かが、聖騎士として名を連ねていたかもしれない。ラフィア住民の救助という、騎士の本分あっての名分であればこそ、みな納得してくれてはいるのだろう。  しかし、不憫といえばそれもまた当然の意見だ。前例のない再試験も妥当なものだろう。 「セイジさま、準備がととのいましたわ」  思案に耽っている間に、準備運動のような基礎鍛錬が区切りを迎え、その熱冷めやらぬうちに、といったふうに、騎士たちが移動をはじめた。クリス自身も高揚しているのだろう、腕をぶんぶん振って催促する姿に、遅れながらも後を追った。 「無差別かつ大規模であるもの。精神攻撃に属するもの。それらを除くすべての魔法の使用を認可する」  だだっ広い訓練場のど真ん中で、騎士たちが大きな輪を描いている。清涼な、しかし力強いクリスの声が響き渡ると、痺れるような場の空気がいっそう昂った。  名を呼ばれたふたりの騎士が、堂々とした足取りで輪の中心に進み出た。一礼ののち、構えをとった体に漲る闘志と魔力が、針のように鋭く研ぎ澄まされていく気配を感じる。 「存分に、しかし尋常に、聖騎士の名のもとに!」 「「フェルミーナの名のもとに!」」  鬨の声のような号令とともに、向かい合った騎士が地を蹴った。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • ちびドラゴン(えんどろ~!)

    くにざゎゆぅ

    ♡100pt 〇300pt 2022年8月4日 21時25分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    面白かったです。

    くにざゎゆぅ

    2022年8月4日 21時25分

    ちびドラゴン(えんどろ~!)
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年8月5日 10時22分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    う…う…嬉しいですっっ!

    羽山一明

    2022年8月5日 10時22分

    ミミズクさん
  • メタルひよこ

    うさみしん

    ♡1,000pt 〇200pt 2022年6月28日 3時44分

    このルール、マップ攻撃が主体の騎士なんかが居たらやっぱり縛りが入ったまま戦うんでしょうか。広範囲に激臭を放つスキル持ちなんかだと持ち腐れになりそうだったり、普段の扱いが不遇だったりしそうでありますぞ!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    うさみしん

    2022年6月28日 3時44分

    メタルひよこ
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年6月28日 9時25分

    そういった大規模な魔法を行使する才がある者は、どちらかというと宮廷魔導団に送られます。騎士か魔導師か、訓練の過程で適性を振り分けているわけです。クリスが剣主体で、レオンが魔法主体なのはそういうことです。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    羽山一明

    2022年6月28日 9時25分

    ミミズクさん
  • メタルひよこ

    うさみしん

    ♡1,000pt 〇100pt 2022年2月19日 3時06分

    う、嬉しい! 最近では王道となってる力比べですね! しかし開始前に嫌な性格のライバルキャラが出るとかは無し。対戦相手を開示しない流れに新たな手法を感じます! さあ、この後どんな激流が拙者を待ち構えているんでしょうか!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    うさみしん

    2022年2月19日 3時06分

    メタルひよこ
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年2月19日 12時52分

    作風が作風なので、唐突にトーナメントが爆誕したりはしないと思います。流れの上でこうした手合わせの描写はそこそこ繰り返される予定ですが、ハイファンタジーなので、ネームドキャラは可能な限り削ぎ落として、ひとりひとりを掘り下げる方向にて。激流だけは保証します!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    羽山一明

    2022年2月19日 12時52分

    ミミズクさん
  • ひよこ剣士

    乃木重獏久

    ♡1,000pt 〇100pt 2022年1月25日 21時03分

    クリスに怪しい素振りは見えず。しかし、黒い気配は潜んでいるはず……。セイジの歯痒い気持ちが伝わって来るようです。それはそれとして、鍛錬の場というものは、向上心が絡み合って、とても魅力的ですね。張り切ってトーナメントに挑む者達の前で、黒い不穏が沸き上がらないことを祈って……。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    乃木重獏久

    2022年1月25日 21時03分

    ひよこ剣士
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年1月26日 2時20分

    疑えば疑うほどに、そう見えてしまうものだと思います。この場でもっとも格式の高い騎士として、表情に出すわけにもいかず、その時をただひたすら待ち続けております。騎士たちに累が及ぶようなことがあれば、その場で頂上決戦が始まりますね。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    羽山一明

    2022年1月26日 2時20分

    ミミズクさん
  • メカノベラ弐号機(ステラ作製)

    110<イト>

    ♡500pt 〇100pt 2022年8月3日 6時22分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ブラボー!!

    110<イト>

    2022年8月3日 6時22分

    メカノベラ弐号機(ステラ作製)
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年8月3日 9時02分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ぺこり

    羽山一明

    2022年8月3日 9時02分

    ミミズクさん

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ナーロッパ戦記②~小国の王太子、優秀だが口煩いからと婚約破棄された大国の貴族令嬢を妻に迎え、彼女の力を借りて乱世での生存を目指す

    異世界中世×婚約破棄×戦記小説

    12,600

    50


    2022年10月4日更新

    小国リューベック王国の王太子アルベルトの元に口煩いからと婚約破棄された隣国にある大国ロアーヌ帝国のピルイン公令嬢アリシアとの縁談話が入る。拒めず、婚姻と言う事になったのであるが、会ってみると彼女はとても聡明であり、絶世の美女でもあった。アルベルトは彼女の力を借りつつ改革を行い、徐々にリューベックは力をつけていく。一方アリシアも女のくせにと言わず自分の提案を拒絶しないアルベルトに少しずつひかれていく。徐々にリューベック王国が力をつけていく中、後にフェリオル戦争と呼ばれる大戦が勃発し、リューベックもそれに巻き込まれていく事になる。リューベック王国は生き残る事が出来るであろうか

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:8時間18分

    この作品を読む

  • レベルアップに魅せられすぎた男の異世界探求記(旧題カンスト厨の異世界探検記)

    あらゆるレベルをカンストさせていく冒険!

    2,000

    0


    2022年10月4日更新

    ハーデス 「ワシとこの遺跡ダンジョンをそなたの魔法で成仏させてくれぬかのぅ?」 俺 「確かに俺の神聖魔法はレベルが高い。神様であるアンタとこのダンジョンを成仏させるというのも出来るかもしれないな」 ハーデス 「では……」 俺 「だが断る!」 ハーデス 「むっ、今何と?」 俺 「断ると言ったんだ」 ハーデス 「なぜだ?」 俺 「……俺のレベルだ」 ハーデス 「……は?」 俺 「あともう数千回くらいアンタを倒せば俺のレベルをカンストさせられそうなんだ。だからそれまでは聞き入れることが出来ない」 ハーデス 「レベルをカンスト? お、お主……正気か? 神であるワシですらレベルは9000なんじゃぞ? それをカンスト? 神をも上回る力をそなたは既に得ておるのじゃぞ?」 俺 「そんなことは知ったことじゃない。俺の目標はレベルをカンストさせること。それだけだ」 ハーデス 「……正気……なのか?」 俺 「もちろん」 異世界に放り込まれた俺は、昔ハマったゲームのように異世界をコンプリートすることにした。 たとえ周りの者たちがなんと言おうとも、俺は異世界を極め尽くしてみせる!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間42分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • Dual World War

    異世界転移×ロボアクション

    802,100

    10,984


    2022年9月28日更新

    もし今日生きる世界が明日に繋がらないとしたら……あなたならどうしますか? 平坦で窮屈な毎日がガラリと様変わりして人知れず悦びます? あるいは、充実した日々を何の脈絡もなく奪われて涙します? この青年、ごく普通の高校生:水奈 亮(17)は現在まさにそんな状況下に置かれている。 『昨日』と同じような『今日』を過ごし、『今日』に似た『明日』を迎える、そう信じていたのに…… ◇◇◇ 『昨日』に通じるようで通じない世界。突如襲来した謎の存在:外来生物により既存の秩序・規則が崩壊し、人類は新たなる国家・制度・価値観のもとに生まれ変わろうとしていた。それは日本とて例外ではなく、実質的な首都:東京と人口の約60%という尊い犠牲を払いつつも、新たなる首都:神奈川県新都小田原のもとで立ち直りをみせていた。 しかし、そんな日々をまたしても危機が襲う。5年前に世界の理を強制的に変えた存在、外来生物が首都近くの海域:日本のEEZ域内に侵入したのだ。 突然の出来事。『昨日』とは全く異なる状況から逃れることも戸惑うことすらも許されず、ごく普通の高校生は『昨日』とは少し違う親友と全く異なる幼馴染らとともに、迫り狂う『滅亡の再来』に対し特殊装甲ARMAで挑む! それが人類に与えられた【最後の希望】だと告げられて…… ◇◇◇ 現代世界に似た世界を舞台にしたSF長編作品。異世界転移を基本ベースにしつつ、ロボットアクションに、政治的な駆け引きに、早熟で未熟な恋愛劇にと、自身が好きな要素を「これでもか!」と加えています。登場人物が割と多めですが、主役・準主役以外にもスポットライトは当てるつもり。毎回いろんなことを調べながら記しているので更新は週1程度ですが、どうぞ最後までお付き合いませ♪ 【ジャンル別ランキング日間1位獲得】(2022.09.28) 【ジャンル別ランキング週間1位獲得】(2022.08.01) 【ジャンル別ランキング月間1位獲得】(2022.08.01) 【ジャンル別ランキング年間5位獲得】(2022.09.30) 【総合ランキング日間1位獲得】(2022.09.28) 【総応援数1,200件到達】(2022.09.28) ※日頃よりのご支援・ご愛顧ありがとうございます(*'ω'*)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:5時間2分

    この作品を読む

  • クェトル&エアリアル

    望まずとも厄介事は向こうからやってくる。

    236,410

    685


    2022年10月3日更新

    illustration : pikora氏 …………… 中央帝国オデツィア。 新皇帝バナロスは、燃えさかる炎のように紅い髪とは対照的に、身震いするほどに冷たく美しい男であった。 生来の持て余すほどの才知に加え、人心掌握術にたけていた。人間らしさのない冷酷さで、周辺国を手中に収め始める。小国の全てを配下に置き、世界を帝国一国にまとめ上げようとしていたーーー 一方では、そんな不穏なことが起こっているのだが、戦乱の火の手が迫ってきているわけでもない。わりと市井(しせい)の人々は平和に暮らしていた。 そんな平和な国の一つであるヴァーバル。その城下に住む口利き屋を営む祖父に育てられたクェトル。彼の視点で物語は綴られてゆくのだ。主人公の彼は、なかなかの男前だが、無口で偏屈。でも優しいところもあるみたいだ。 クェトル自身は、まったく誰も寄ってきてほしいとは思ってないのだが、勝手に寄ってくる彼の取り巻きは変人ばかりだ。 ヴァーバルの城下町にある移民街。そこに暮らすエアリアルは弟分。大阪弁で口やかましい。 ふらりと現れる銀髪で容姿端麗・性別不明の人物は、身分を隠したヴァーバルの王子様ジェンス。ちなみに超KY。 そんな彼らのもとに舞い込んでくる依頼や事件を描く、魔物も魔法も大冒険もない世界で繰り広げられる庶民レベルの小冒険。 だがしかし………過去の因縁によって、徐々に魔の手が迫りくる。 いつかやってくる平和な日々の終焉。“その日”に、どう立ち向かう? 注※ストーリーは真面目だけど、書いてるヤツの変態さが、端々に露呈しているような気がするのであった。きっと気のせい。 セルフな挿し絵ありには「*」マーク付けてます。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:5時間22分

    この作品を読む