境界線上の魔王

読了目安時間:6分

エピソード:60 / 142

6-4 宵の宴・マリーとレフィリアの場合

 楽しげに響く部屋の中の喧噪が、遠く後背から滲んで聞こえる。  王宮の一郭から突き出るように建てられたテラスを、ひやりとした夜の風が通り抜けた。欄干のそばに立ち尽くしていたマリーが、巻き上がった銀の髪を気にもとめず、朧雲に消えては浮かぶ月の光をじっと見つめていた。 「隣、お邪魔しても?」  横合いからあらわれた声に、マリーは天空に向けていた視線をゆっくりと下ろした。きらびやかな無礼講のさなか、ひときわ目を引く黒と白の軍服に身を包んだレフィリアが、手に持っていた二脚のグラスを掲げてみせた。 「ええ、どうぞ」 「感謝する」  ひとつ微笑んだレフィリアが、卓上に据えられていた葡萄酒の瓶をあれこれと吟味して、そのうちのひとつを手際よく開栓した。並べたグラスに鮮やかな紫色を注ぎこむと、脚をマリーのほうへとそっと押し出した。無理に勧めるわけでもなく、手のひらでグラスをさししめす仕草だけみせて、おもむろに自分のグラスを傾ける。  細く長い吐息につづいて、夜の下によく似合う静寂が、場をそっと包み込んだ。 「騒がしいのが苦手なのか?」 「そうですね。それもありますが、私の知らない方たちばかりですので……」 「ふむ……」  溜め息のような返答を返して、レフィリアはグラスを傾けた。吹き抜ける風だけが、うつろう時を示すような。  面識から間もなく、直接の会話をすることはまるで初めてのふたりであったが、不思議と馴染むような雰囲気がそこにあった。 「……あの。レフィリアさん」  何かを思い詰めたかのように、欄干を見つめていたマリーが声をあげた。 「レフィリアでいいよ。なんだ?」 「私のこと……怖くはありませんか?」  直後、ひときわ強く吹き抜けた風が淡い雲を押し出して、揺れるマリーの銀髪と灼眼を月光のもとに照らし出した。燃えるように力強く美しい瞳の奥が、思いの行き先を求めているかのように、どこか力なくさざめいていた。  欄干に置き去りにされたグラスの隣で、レフィリアはおもむろに軍帽を外すと、思考のリズムをとるように胸のあたりではためかせた。オレンジ色の照明にさらされた前髪が、ぱたぱたと扇がれる軍帽に煽られてゆらゆらと揺れている。やがて動きをとめた手のひらが、軍帽を掴んだまま髪をくしゃくしゃに掻き回した。 「ううむ……それはなんとも、騎士のような言葉だな」 「騎士……?」  無言で佇むふたりの視線が重なり合った。なにかを言いかけたマリーの機先を、レフィリアの言葉が制した。 「その悩みは、私たち騎士にとっては特別ではないのだ」 「……すみません、どういうことですか?」 「時に私たちは、魔法を使えない市民の目の前で、大規模な魔法を使うこともある。人命のため致し方ないことではあるのだが、怖がらせることはしょっちゅうだ。返り血など浴びた日には、化け物より化け物を見る目で怯えられることもある」 「…………」 「しかたのないことだ。恐怖心まで守ることができればよりよいのは当然だが、なにより優先するのは安全だ。強者ほど抗うことのできない、さながら魔物のようなものだ」 「そう……ですね……」  レフィリアの言葉は、遠回りながらマリーが恐れた解答を明示していた。視線を沈めたマリーに向けて、レフィリアが静かな憂いを浮かべた。 「しかし……だからこそ、守られた身として述べておく言葉がある」  軍帽を胸に押しつけて、レフィリアは深々と頭を下げた。  マリーの表情を窺うより先に、マリーの力に恐れる前に、表明しておく感情があると思ったのだ。 「……私と私の友人たちを守ってくれて、感謝する」 「そんな……とんでもないです。私も反省すべきところがありました。もう少し到着が早ければ、被害はもっと抑えられていましたし……」 「被害者が、被害の程度に自責の念を抱く必要はないさ」  薄く笑って、レフィリアは顔をあげた。喉の具合を確かめるようにグラスを手にとると、残されていた葡萄酒をついっと飲み干した。 「それにしても、本当に騎士のような考え方だな。セイジどのの薫陶か?」 「……わからないです。そもそも、他の騎士の方々とお話したことがないので……」 「それは幸運と言うべきだろうな。先の話はさて置いて、あの人は英雄だよ。騎士とはいささか自己の命を投げ捨てることに美学を見出す傾向にあるが、正しいはずのその理念は、死の瞬間に無価値に変わる。セイジどのほどの実力が伴えば、その理想論を現実にできるだろう」 「セイジはとても英雄の器なんかじゃないですよ」 「そうなのか? しかし彼は――」  何かを言い掛けたレフィリアが、ふいに口をつぐんだ。視線の先、造形物のような白磁の表情で月見に耽っていたマリーの顔つきが、言葉と相反してやわらかな笑みを帯びている。浮かび上がった感情と逡巡を顔に出さないように、レフィリアは浅く短い呼吸を挟んだ。 「間違っていたらすまないが、きみはセイジどののことを憎からず思っているのだな」 「――っ?!」  緩みきっていた表情が、思い出したかのように色を失った。伝えられた言葉の意味がわからない、とでも言いたげな端正な唇が、むなしく開閉を繰り返した。その反応そのものが、言葉に先んじて返答をしめしていた。 「ふふふ、殿方に向ける視線に嘘はつけんよ。私も一応、女だからな」  言いながら、レフィリアは葡萄酒を注いだグラスを眼前に掲げた。透き通る色をした液体の向こう側で、マリーがかるく小首をかしげた。 「飲むといい。酒は人をいくらか素直にさせてくれる。いくら思いを募らせても、それを誰かに伝えるには言葉にせねば始まらないだろう?」 「…………はい」  忙しげに表情を様変わりさせたマリーが、長い沈黙ののちにグラスを持ち上げ、傾けた。半分ほど注がれていた葡萄酒をひと息に飲み干すと、落ち着きを取り戻したような深い溜め息を吐く。 「あ、おいしい……」  驚きと色気のまじった感嘆符をこぼしながら、卓上に並べられたボトルに手を伸ばす。妙にあざやかに開栓すると、流れるような動作でまたそれを注ぐ。動揺を隠しきれずふらついていた視線が、食い入るように酒だけを見つめていた。  満足げにそれを見つめていたレフィリアであったが、それも長くは続かなかった。 「お、おい……いくらなんでも、それは……」  卓上に林立していた深い紫色のボトルたちが、次々と透明なボトルにすり替わっていく。いずれも度数は高くはないが、文字通り浴びるように飲み進めるさまを見て、今度はレフィリアが動揺をあらわにした。 「ふふふ、これも美味しいですねえ、うふふふ……」 「ちょ……っと待て、いま、セイジどのを呼んで――」 「あ、私もセイジに逢いたいー……」  言うなり、マリーはレフィリアに先んじて立ち上がると、呼び止めもむなしく駆け出した。 「……しまった。ああいう酔い方をする人だったか……」  ひとり残されたレフィリアは、苦々しげに軍帽をかぶりなおすと、足早にマリーのあとを追っていった。

人の作品に対して書いたコメント字数>自分の作品の字数

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • ちびドラゴン(えんどろ~!)

    くにざゎゆぅ

    ♡100pt 〇300pt 2022年7月8日 20時25分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    あらーっ

    くにざゎゆぅ

    2022年7月8日 20時25分

    ちびドラゴン(えんどろ~!)
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年7月8日 23時24分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    尊いは全てを解決する

    羽山一明

    2022年7月8日 23時24分

    ミミズクさん
  • 吟遊詩人

    秋真

    ビビッと ♡1,000pt 〇200pt 2022年7月6日 14時17分

    《「飲むといい。酒は人をいくらか素直にさせてくれる。いくら思いを募らせても、それを誰かに伝えるには言葉にせねば始まらないだろう?」》にビビッとしました!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    秋真

    2022年7月6日 14時17分

    吟遊詩人
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年7月6日 17時47分

    秒で後悔することとなりました。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    羽山一明

    2022年7月6日 17時47分

    ミミズクさん
  • メタルひよこ

    うさみしん

    ♡1,000pt 〇200pt 2022年6月7日 6時12分

    欲を言えばッ! 欲を言えばレフィリアには本格的な飲み会に発展する前に、ドレスか何かにお色直しして欲しかったでありますッ! 何故かそんな事をふと考えてしまった酒宴の席であります押忍!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    うさみしん

    2022年6月7日 6時12分

    メタルひよこ
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年6月7日 9時05分

    レオンもレオンで指摘したのですが、自分はあくまでよそ者だから、という思いが少し、レオン以外に女性らしさを見せたくない、というのが本命だ、という言葉を返されて何も言えなくなりました。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    羽山一明

    2022年6月7日 9時05分

    ミミズクさん
  • あんでっどさん

    星降る夜

    ビビッと ♡500pt 〇200pt 2021年9月28日 20時32分

    《「ふふふ、殿方に向ける視線に嘘はつけんよ。私も一応、女だからな」》にビビッとしました!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    星降る夜

    2021年9月28日 20時32分

    あんでっどさん
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2021年9月29日 3時33分

    格好いい女性がふと見せる隙が大好物です

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    羽山一明

    2021年9月29日 3時33分

    ミミズクさん
  • タイムトラベラー

    枢(kaname)

    ♡3,000pt 〇100pt 2021年12月25日 14時18分

    投稿お疲れ様です!!レフィリア、大人な女性ですね。職業柄(?)、言葉は一見難しく感じますが、それでも優しさが伝わってきます。マリーちゃんがセイジのこと好き……勿論、知ってますとも(*´ `*)♡お酒、思い切り気に入っちゃった!笑 しかも可愛い顔して酒豪の素質有りですね……!!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    枢(kaname)

    2021年12月25日 14時18分

    タイムトラベラー
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2021年12月26日 0時00分

    レフィリアは明確に「大人の女性」かつ「格好いい軍人」というコンセプトで書いています。来月あたりにイラストをいただける予定なのですが、作中イチ格好いい人だと思う。マリーのお歳はまだ判然としませんが、いい感じに酔っちゃいました。二人の時に呑むと確実に(自主規制

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    羽山一明

    2021年12月26日 0時00分

    ミミズクさん

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 外れスキルの屑と言われ追放された最底辺の俺が大逆襲のリスタート! 最強賢者への道を歩み出す!「頼む、戻ってくれ」と言われても、もう遅い!

    大逆襲の人生リスタートが始まる!

    916,750

    40


    2022年10月4日更新

    負けないぞ俺!無理やりでも笑って前を向かなきゃ!絶対に大逆襲してやる! ソヴァール王国名門魔法使い一家の末っ子に生まれた少年リオネル・ディドロは、 こざっぱりした茶色の短髪、綺麗なとび色の瞳を持つが、顔立ちは平凡な18歳。 しかし、魔法学校を最低の成績で卒業。同級生から超劣等生のレッテルを張られた上、とんでもないくそスキルを授かり、家の名誉を重んじる父と兄から激しく罵倒された上、修行という名目で追放されてしまう。 非情な父から名前も変えて、1か月以内に王都を出ろと命令されたリオネルは、仕方なく冒険者となり、もてるチープな魔法と思い切り馬鹿にされたスキルを使い、精一杯生きて行く。 しかし、遂に報われる時が…… 必死に頑張る超底辺のリオネルに信じられない奇跡が起こり、手も差し伸べられたのだ。 さあ、巻き返しだ。 罵倒され、蔑まれたリオネルが覚醒し、大逆襲の人生リスタートが今始まる!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:37時間51分

    この作品を読む

  • 異世界ゲームへモブ転生! 俺の中身が、育てあげた主人公の初期設定だった件!

    俺は絶対!前世より1億倍!幸せになる!

    207,650

    50


    2022年10月3日更新

    雑魚モブキャラだって負けない! 俺は絶対!前世より1億倍!幸せになる! 俺、ケン・アキヤマ25歳は、某・ダークサイド企業に勤める貧乏リーマン。 絶対的支配者のようにふるまう超ワンマン社長、コバンザメのような超ごますり部長に、 あごでこきつかわれながら、いつか幸せになりたいと夢見ていた。 社長と部長は、100倍くらい盛りに盛った昔の自分自慢語りをさく裂させ、 1日働きづめで疲れ切った俺に対して、意味のない精神論に終始していた。 そして、ふたり揃って、具体的な施策も提示せず、最後には 「全社員、足で稼げ! 知恵を絞り、営業数字を上げろ!」 と言うばかり。 社員達の先頭を切って戦いへ挑む、重い責任を背負う役職者のはずなのに、 完全に口先だけ、自分の部屋へ閉じこもり『外部の評論家』と化していた。 そんな状況で、社長、部長とも「業務成績、V字回復だ!」 「営業売上の前年比プラス150%目標だ!」とか抜かすから、 何をか言わんや…… そんな過酷な状況に生きる俺は、転職活動をしながら、 超シビアでリアルな地獄の現実から逃避しようと、 ヴァーチャル世界へ癒しを求めていた。 中でも最近は、世界で最高峰とうたわれる恋愛ファンタジーアクションRPG、 『ステディ・リインカネーション』に、はまっていた。 日々の激務の疲れから、ある日、俺は寝落ちし、 ……『寝落ち』から目が覚め、気が付いたら、何と何と!! 16歳の、ど平民少年ロイク・アルシェとなり、 中世西洋風の異世界へ転生していた…… その異世界こそが、熱中していたアクションRPG、 『ステディ・リインカネーション』の世界だった。 もう元の世界には戻れそうもない。 覚悟を決めた俺は、数多のラノベ、アニメ、ゲームで積み重ねたおたく知識。 そして『ステディ・リインカネーション』をやり込んだプレイ経験、攻略知識を使って、 絶対! 前世より1億倍! 幸せになる! と固く決意。 素晴らしきゲーム世界で、新生活を始めたのである。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:16時間49分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異世界転移して元の世界に帰れないのでここで生活を始めます

    少年レンは空の大地に!冒険生活の旅にでる

    1,431,620

    310,879


    2022年9月30日更新

    ある日突然、アズマ=レンは異世界に転移すると、少女セレナに鍵を探して欲しいと伝えられる、転移した者は元の世界に戻ることは出来ない。レンは帰る気が無かったので異世界で生活する事にした! スライムのレム、メイドのミュウ、ギルドマスターのセレナと共にギルド結成!! レンはレベルアップして召喚石で召喚獣のライとアンジュをサモン!二人がスキルで人の姿に変身!? レン達は様々な大陸や時にだれもいったことがない未開の地に足を踏み入れる! 第4章アースクラウドを舞台に風と雲ともう一つの地上を冒険! この広い異世界で生活しながら冒険の旅に向かう! 感想やポイントなどもらえると小説の励みになります!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:24時間11分

    この作品を読む

  • Lost World〜時空使いの少女〜

    空間と時間を操る少女の物語

    61,200

    200


    2022年10月3日更新

    異世界ルーンフェルク。そこに住む少女、聖月は自分の世界と別世界を繋いだり、時間を操る力を使って、人々の依頼を受けることで生活していた。 ある日、彼女の前に現れた謎の青年、煌翔は、聖月の持つ力が危険なものであると告げる 。 2022.5.16 今更ですが、登場人物が多くなってきた為、登場人物紹介追加しました。 話が進むごとに追加していきます 多少のネタバレ含みますので、嫌な方は本編から

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:8時間16分

    この作品を読む