境界線上の魔王

読了目安時間:7分

エピソード:1 / 142

2022-6-19 15:00 序盤4話を全面改稿しました。 流れは変わりませんが、区切る場所は変わっています。 続きを読みに来られた方、すみません。

序章 『再会』

0-1 聖騎士クリスティア

 空は、彼方まで灰色に覆われていた。  ひび割れた大地のあちこちから吹き出す白煙が、生ぬるい空気をほの暗く汚していく。  吹き付ける風も、音も、そこにはない。 「…………」  まるで死を待つかのようなその場所に、ひとりの少女が力なくうずくまっていた。  俯いたままの表情は、力なく垂れ下がる銀糸のような長髪に覆われ、窺えない。  沈黙を縫うように繰り返す小さな肩の律動と、水音を交えたかすかな呼吸音が、隠しきれない悲哀を静かに主張していた。    音もなく舞い落ちた雪の華が、銀色の髪の上をそっと撫ぜ、雫となって転がり落ちた。  それを追うように、鈍色に光る雫がひとつ、またひとつと、数を重ねる涙声とともに生まれ落ち、膝元に抱える”黒ずんだ物体”に吸い込まれていく。  ぴくり、と、その端が蠢いた。息をのんだ少女の前髪の隙間から、涙を湛えた紅緋色の瞳が覗いた。  抱き寄せた腕のなかで、頬を伝って落ちた涙を嫌がるかのように、黒煙が散り散りに消えた。どろり、と覆い被さる黒煙のむこうから、肌の色がわずか露出して、すぐさま霞み消えた。  透明な雫が溢れてこぼれ落ちるたび、輪形に濯がれていく黒煙のむこう、隠されていた形が晒された。  かたく閉ざされた瞼、艶のある漆黒の頭髪。幼さすら帯びる、それは紛れもなく人の姿であった。  ぎゅっと目を細めた少女が、傷ひとつない、青みがかったその顔に震える手をのばした。 「セイジ……」  やわらかな頬を撫ぜた少女の指先が、失われていく熱を感じたその瞬間、押し留めていた嗚咽が、大粒の涙とともに溢れ出した。    ……吹き付ける風は、ない。  ただ、繰り返しその名を呼ぶ少女の掠れた涙声だけが、とめどなく流れていくだけであった。 …… ………… ……………… ……………………  空は、どこまでも青く広がっていた。  晴天を映して輝く若草色の草原のうえを、吹き抜けた風が心地よく揺らしては立ち去っていく。  ざわめいた青葉の先端、舞い落ちてきた白い羽根が、もうひとつ強く吹いた風にさらわれて浮き上がった。  渦巻く風に流されていた羽根は、次第にかつての姿を思い出したかのように鮮やかに空を駆り、風を連れて突き進んでいく。勢いよく左右に流れていた景色は、やがて現れた小高い丘にぶつかって、ふわりと舞い上がった。  急停止した羽根にわずか閉ざされた景色が、射し込んだ光を浴びてぱっと開いた。  丘を越え、遙か地平を捉えた大空の下に、四方を城壁に覆われた広大な都市、"緑の国"フェルミーナの城下が広がっていた。  羽根を置き去りにした風は、城下へと続く門を潜り抜け、本通りをまっすぐに突き進んでいく。  人影と喧噪は、ゆるやかな傾斜の道中で徐々に数を増してゆき、辿り着いた広場で頂点に達した。旅を終えた風は仰ぎ見る王宮の壁にぶつかって、木陰に四散した。  城下と王宮を結ぶ広場に押し寄せた人波は、艶のある石畳の隙間を埋め尽くし、なお溢れていた。通りはおろか、付近の屋根すら椅子代わりにする人々が、口々に騒ぎ立てながらその時を待っている。  彼ら彼女らの視線の先、広場と王宮を結ぶ跳ね橋の向こう側で沈黙を続けていた城門が、地鳴りとともに重々しい口を開いた。  その響きを合図に、跳ね橋の左右に並んだ軍楽隊がいっせいに腕を持ち上げ、隣り合わせた騎士たちが儀礼剣を天に突き上げた。降り注いだ陽光が金と銀の色に反射して、色彩の薄い跳ね橋の縁に二本の輝きが走り抜けた。  喇叭の重奏が、遮るものひとつない青空に向けて鳴り響く。城門を抜けて現れた騎馬隊が、管楽に続いて打ち鳴らされた打楽器の音を浴びながら、一糸乱れぬ隊列をゆっくりと行進させた。  厳かな雰囲気を纏う騎馬隊を率いるのは、まだ幼げな印象すら残す、ひとりの女騎士であった。  銀の髪留めで束ねられた金色の頭髪は、馬の足並みに合わせて上下するたび、燐光を連れてきらきらと光り輝いてる。それと相反するような深みのある琥珀色の瞳は、緊張と気質を示すかのように、行く先を凜と見据えて微動だにしない。  やがて楽曲が途切れる頃合い、余韻を背に広場に歩み出た女騎士は、据えられた壇上のそばで馬を止めた。  注がれる熱視線に向けて美麗な笑みを返しながら、腰に帯びた柄頭にそっと指先を這わせ、ふわりと孤を描いて馬上から舞い降りた。軽やかな靴音と同時に、抜剣の音が色めき立っていた広場を一息に走り抜けた。 「天よ照覧あれ!」  翻った手首が、握りしめた剣先を勢いよく壇上に突き刺した。目の覚めるような声と甲高い金属音が、渦を巻いていた喧噪を突風のごとく吹き飛ばした。 「聖騎士クリスティアの名において、今ここに、命賜った喜びと生くる愉しみを享受すべし生誕祭の開催を宣言する!」  壇上から抜き放たれた剣の音が、声の余韻を追いかけて三度鳴り響いた。わずかな静寂の波間を越えて、歓喜の声が怒濤の如く巻き起こり、壇上の少女の体を心地よく震わせた。高らかに幕を開けた祭に誰しもが酔いしれ、意味も無く腕を突き上げ、誰彼構わず抱き合った。  狂乱まじりの雰囲気のただなか、人波の最後列から少し離れた裏路地の近く。  いかにも所在なさげに鼠色の壁に溶けるように佇んでいた人影の片割れが、目深に被っていたフードをかるく持ち上げ、覗いた目をすっと凝らした。 「……クリスティア?」  ぽつりと零れたような疑問は、熱狂に沸き立つ空気にむなしく溶け、かき消えた。  訝しむ口元は幼気な丸みを帯びており、若々しい声と相まって年若い青年のそれを印象づける。 「お知り合いですか?」  横合いに佇んでいたもうひとりの人影が、青年の独り言にひそやかな返答を投げかけた。  こちらも同じくフードを被っているものの、艶のある音楽的な声と小さな背丈は、紛れもなく少女のそれであった。ふわりと青年に向き直ると、フードの隙間から銀糸のような髪をわずか覗かせ、青年の顔を覗き込むようにそっと寄り添う。 「いや、王女さまがそんな名前だったような気がしてさ。ご本人なのかなあ、って……」 「そんな言い訳しなくても、見惚れてたなら見惚れてたって言えばいいのに」 「見惚れてねえよ……」  苦々しい言葉を重ねた青年が、フードの上から頭をがりがりと掻いた。それをじっと見つめていた少女が、それより、と呟きながら、青年の袖をくいくいと引っ張った。 「ね、セイジ。折角ですし私たちもお祭りに顔を出しちゃだめですか? この騒ぎがおさまるまでは、落ち着いて買い物もできないでしょうし」 「ええ……あんまり目立ちたくないんだけど……」  顔見知りに会うのは嫌だし、と、言外に拒絶しかけた青年セイジの視線の奥、フードをずらした少女の紅緋色の瞳が、やわらかな微笑みを浮かべた。 「大丈夫ですよ。もし目立つようなことがあっても、あの女性に向けていたような顔を見せれば、きっと勘違いしてくれると思います」 「……どういうことだ、マリー?」  肩を落とした青年の前、マリーと呼ばれた少女は嫋やかな所作で手を持ち上げ、緩めた口元に白雪のような指先を添えた。 「どこからどう見ても、凜々しいお姫様に恋焦がれる無垢な少年でしたから。少なくとも悪人には見られませんよ」 「褒めてねえだろ、それ……」 「いいえ、本心ですよ?」 「…………」  くすくすと微笑むマリーの表情に明らかな他意を感じ取ったセイジが、羞恥のあまり俯きかけた顔を勢いよく跳ね上げた。 「そうやって揶揄ってられるのもいまのうちだぞ。財布はおれが――」  何かを言いかけたセイジが、ふたたび口を噤む。勝ち誇ったように服の内側に滑り込んだ手がぴたりと動きを止め、直後、両の手が服の内外を慌ただしく行き交った。 「……あれ?」 「捜し物はこれですか?」  言いながら、マリーは握りしめた焦茶色の革財布を、硬直したセイジに見せつけるかのようにひらひらと泳がせた。音もなくのびたセイジの腕をさらりとやり過ごすと、マリーは路地裏に溶けるように身を翻した。 「財布の管理は私のお仕事ですよ。では、またのちほど」 「……あっ、おい!」  呼びかけを聞き流して石畳を蹴ったマリーの体が、屋根の上までふわりと舞いあがった。  ローブをはためかせて振り返ると、弾けるような笑顔と銀色の残滓だけを残して、マリーは立ち並ぶ家屋の屋根の向こうに姿を消した。 「人目を引くのは、むしろお前のほうだろ……」  静止する暇も無く姿を消した背中にひとりごちたセイジが、ふいに何かを察したように振り返った。  壇上の近く、今まさに馬上の人となった聖騎士クリスティアの視線が、なぜか自分だけに向けられているような。  そんな気配を感じ取って、セイジは慌てて路地裏へと身を滑りこませた。  喧騒のなか、背を向けて消えたフード姿の人影を遠目見ていた聖騎士クリスティアが、短い逡巡ののち、琥珀色の目をわずか見開いた。 「あの方は、まさか……」  何かを言いかけて、力なく首を振る。主を気遣うようにか細く鳴いた馬をひとつ撫でて、彼女を迎えるための道をあけた人波へ馬頭をめぐらせた。  まっすぐに開かれた景色の前に立ち、雲ひとつない青空を映した瞳に、憂慮の影が瞬いた。 (――でも、もしあなたがどこかで私を見守ってくださっているのなら)  ゆるりと手綱から離れていった指先が、腰に帯びた双剣の柄をゆっくりと撫ぜた。 「あなたの後継者として、聖騎士の名に恥じぬ功績を誓います、セイジさま……」

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • ちびドラゴン(えんどろ~!)

    くにざゎゆぅ

    ♡100pt 〇300pt 2022年4月28日 22時30分

    まさかの三週目w(/・ω・)/ 楽しませていただきます☆

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    くにざゎゆぅ

    2022年4月28日 22時30分

    ちびドラゴン(えんどろ~!)
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年4月29日 3時00分

    まさかの三週目!w 来月のどこかで序盤4話をざっくり書き換えちゃうので、ちょっと行き違いになるかもしれませんー!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    羽山一明

    2022年4月29日 3時00分

    ミミズクさん
  • マンドラゴラ(覚醒ver.)

    ……くくく、えっ?

    〇300pt 2022年6月21日 16時06分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    号泣

    ……くくく、えっ?

    2022年6月21日 16時06分

    マンドラゴラ(覚醒ver.)
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年6月21日 17時42分

    ありがt……あれ? なにかおかしいですよ? この応援ポイント、赤くないよ……? 不具合ですかね……?

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    羽山一明

    2022年6月21日 17時42分

    ミミズクさん
  • メタルひよこ

    うさみしん

    ♡1,000pt 〇200pt 2022年3月31日 6時41分

    長編小説を読んでいれば次巻が出る前によく一から読み直します。改めて第一話に立ち戻ってきたわけですが、よく見れば結末の詳細はともかく方向は決まっている感じですね。以前に読んだ時は今後の期待感にかき消されてあまり見えてなかった事実であります。今後の再発見が楽しみです押忍。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    うさみしん

    2022年3月31日 6時41分

    メタルひよこ
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年4月1日 0時39分

    二週目!ご丁寧にありがとうございます!そして同時に申し訳ないのですが、5月中、新しい長編作品を投下する前に、この序盤4話を全面的に書き換える予定にしています。処女作の書き出しとはいえ、ちょっと粗が……!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    羽山一明

    2022年4月1日 0時39分

    ミミズクさん
  • メタルひよこ

    うさみしん

    ♡3,000pt 〇100pt 2022年1月11日 5時14分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    なんだこの胸の高鳴は・・・!

    うさみしん

    2022年1月11日 5時14分

    メタルひよこ
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年1月11日 17時36分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    続きはもっとすごいんだからね!

    羽山一明

    2022年1月11日 17時36分

    ミミズクさん
  • うどん

    朴いっぺい

    ♡1,000pt 〇100pt 2022年9月18日 17時41分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    初見です よろしくお願いします

    朴いっぺい

    2022年9月18日 17時41分

    うどん
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年9月19日 1時37分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    「よろしくですよ!」氷川Ver.ノベラ

    羽山一明

    2022年9月19日 1時37分

    ミミズクさん

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 転生したらロボットの中だった(ただし、出ることはできません)

    ロボットを出したかっただけです。

    20,600

    0


    2022年9月29日更新

    自分が目覚めたらわけわからない空間にいた。なんか半身浴してるし、変な声聞こえるし……更には外が囂々してる。外の様子がわかるようになると、なんと魔王と勇者が最終決戦してた。その場にいる自分ってなんなんだ? って感じだけと、変な声の話では二人の戦闘でこの世界がヤバイ!? 止めなくちゃ――と動き出す自分。それから事態はおかしな方向に進んでいくことに!?

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:31時間26分

    この作品を読む

  • ストラトスフィア・クロニクル

    空と大地と星々をめぐる冒険ファンタジー

    40,800

    700


    2022年9月29日更新

    この空だけが、世界のすべてだと教えられてきた――――。 翼と魔力を持つ種族、天使が住む天空都市。 ここでは、2つの禁忌が存在します。 1つ目は、この天空都市を離れること。 2つ目は、教典に書かれた歴史以外の「過去の出来事」を、次世代に伝えること。 この閉ざされた天空都市に、ある少年と少女が居ました。 少年は冒険を求め、少女は空よりもはるかに高い星々の領域に焦がれます。 そしてある日。少年と少女が『禁忌』と出会ったことから、新たな神話が始まるのでした。 【イラスト・キャラクターデザイン】 まや様 【まや様リンク】 リットリンク https://lit.link/fukkatsunomaya ホーム https://rofuuro0122.wixsite.com/-site 【Twitterハッシュタグ】 #ストクロ #しろいはね便り ※本作は、イラストレーターまや様の活動・作風・世界観から着想を得て創作したファンノベルです。

    読了目安時間:18分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 『この星で、最後の愛を語る。』~the Phantom World War~

    世界は彼女を選び、彼女は未来を選んだ。

    572,140

    19,145


    2022年6月28日更新

    戦争孤児として育った少年レイ・フォワード達は、大人の争いにゆっくりと巻き込まれて行く。 時には小さな宿場町のいざこざに、時には港町の覇権争いに、そして次第に大きな戦争へと彼等の戦火は伸びていく事になる。 異なる価値観、異なる思想、異なる種族。あらゆる思いが交差していくこの世界。 蒸気機関が発達した西大陸、帝国が支配する中央大陸、法術発祥の地東大陸。あらゆる力に惑わされる少年達。 彼等は、世界の歯車に組み込まれながらその世界の仕組みと謎に触れていく事になる。 そんな時代に生きた少年達が居る。 彼らの物語の書き出しはそう――「むかしむかし、ある所に」 お伽噺の様式美から始まる、あの日読んだ物語。 ・ファンタジー×スチームパンク×ジュブナイルでお届けする、少年達の友情と希望の物語。 ◆こんな方にお勧め! ・オリジナル世界観が好きな方 ・成長物語が好きな方 ・じっくり読みたい方 ・ネクストファンタジー以外をお探しの方 ・チートやハーレム物に飽きてしまった方 ※当作品には『暴力描写、残酷描写、猟奇的な内容の描写、ゴア表現』があります。観覧の際にはご注意ください。 ◆過去実績 ・ジャンル別ランキング最高順位 一位 ・総合ランキング最高順位 一位 ・第一回ノベプラ大賞 一次通過 ・第二回ノベプラ大賞 一次通過 ■過去の更新記録■ ※2020年 04/18 一話辺りの文字数を減らし分散させました、内容は変わっておりません。 05/12 一部の誤字脱字を修正しました。 07/22 キャラクターイラストを追加しました。 09/02 一部タグの修正および追加を行いました。 10/19 あらすじを一部改変を行いました。 ※2021年 02/06 各章にてアイキャッチイラストを追加しました。 04/18 キャラクターイラストを追加ました。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:14時間59分

    この作品を読む

  • 異世界で非殺生主義を貫くのは無理!?

    彼は誰も殺さない。いや、殺せない。

    7,550

    0


    2022年9月28日更新

    楽しくも平凡な人生を歩んでいる高校生の 赤池 真司(あかいけ しんじ)は、普段通りに登校する。今日もまた日常が始まると思った彼だったが、STの時間に割り込んで来た男の一言で教室は一変する。 「お前ら、異世界行ってこい。」 変化する環境、クラスメイト各々が 力 を手にする中で、真司が得たのは 非殺生主義(ノーキルノーアラート)という、縛りにも近いものだった。 敵を倒すどころかその日の食事を手に入れるのにも難儀するこのチカラで彼はどう生き抜くのか、そもそも何が目的で、異世界送りにされてしまったのか。その理由に、たどり着くことはできるのか? つー感じのやつです。大層な事を言っておりますが あんまり期待せず、暇潰しにゆるーり見て下さい。 投稿ペース不定期で、一年ほどサボってましたが、最近復活しましたので是非是非ご覧下さい。 追記!初期に鈴城出てました、死ぬほど申し訳ないが初期鈴城は田中君になりました。二年サボってた弊害だ。すません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間35分

    この作品を読む