境界線上の魔王

読了目安時間:5分

エピソード:39 / 142

4-11 覚醒

「じゃあ、始めるぞ」 「はい、いつでも」  クリス、マリー、レオンの三人が肩を並べ、上空へとまっすぐに手をのばした。  聖騎士試験時に用いられた、窮地をしめす合図を送りあう魔法具。セイジの意識が確かならば、三人の位置を特定できるはずだ。  化け物をくい止めればくい止めた人間が、くい止めなければ結界もろとも住民たちが巻き添えを食う。困難に見えたセイジの脱出は、外法ともいえるリュートの介入により、望みを繋ぐことができた。  それに先だって、作戦の趣旨であった住民たちの避難がおこなわれた。案内役としてレフィリアが先導し、魔力に耐性のないヘイゼルもそこに同行した。 「ここまできたら最後まで見届けるわ」  ポーラはそう言って、セイジ救出作戦に加わることとなった。だが準備のさなかもレオンから目を離さなかったあたり、べつの目的もあったのだろう。 「リュート、そろそろ始めるで!」 「すみません、もう少々お待ちを」  上空では、様子変わらず静止したままの化け物のそばで、リュートが監視をつづけていた。直接的な戦闘能力はないらしいリュートだったが、避難が終わるまでの間、化け物を無効化している魔法の監視も必要であったので、特に異論なく一任された。 「おまたせしました」  舞い降りたリュートが、セイジが残した防護魔法の陰に集まった一同に合流した。その視線はすでに、上空の化け物へと注がれている。 「では」  ささやくようなクリスの合図で、三人の手のひらが光彩をはなった。長い沈黙をはさんで、マリーがぴくりと耳をそばだてた。  その直後、化け物を覆い尽くす球状の魔法があらわれた。  クリスを筆頭とする歓声は、するどい破裂音によって遮られた。語尾をのみこんだ一行が見守るなか、時が凍り付いた化け物の上部から、人影が飛び出した。 「セイジさま……?」  瞬間、待ちかねたように飛び出したクリスの声が、色彩を失った。  セイジ以外の何者であるはずのない人影は、文字通り影のような漆黒をまとっていた。身じろぎするたびに不安定に揺れる輪郭と、空に滲んで溶け出したえも言えぬ魔力が、防護魔法二枚を隔ててなお、クリスの喉を息苦しく塞いだのだ。  重々しい視線を注がれたセイジであろう影は、ゆったりとした動作で剣を抜いた。脇差しのような形状と、刀身の周囲で光るオレンジ色の魔力。クリスが見紛えるはずもない、それは間違いなく、セイジの愛剣『鈍色蛍』であった。 「たまに怒るとああなりますから、彼は大丈夫ですよ。ただ……」  閉口した一同の動揺を抑えるような、ぼんやりとしたマリーの言葉を待つこともなく、セイジは腕をのばして剣を掲げた。  そしてその剣を、動かぬ化け物にひと息に突き刺した。 「防護魔法!」  目の覚めるようなマリーの一喝に、みなが弾かれたように反応した。前に躍り出たマリーを中心に、防護壁と結界が四重の層をつくりだした。  直後、壁の向こう側の視界がぐにゃりと曲がった。悪寒が全身を走り抜けるや否や、凄まじい熱波が周囲を覆い尽くした。  水と氷に覆われた草花生い茂る景色が、瞬きのうちに燎原と化した。形あるものは平等に燃え尽き、焦げて塵と消えた。  むろん、標的となった化け物も例外ではなかった。頭部に刺さったままのリュートの魔法が粉々に砕け散ると、間隙もなく、空間が激しく振動をはじめた。それが化け物の放った悲鳴であることがわかったのは、拘束を解かれた化け物が、セイジの張った球体のなかで見るも痛々しくのたうち回っていたからだ。  四方八方、針状にのばした体で暴れる化け物だったが、壁には亀裂の稚児さえ産まれない。ならばとセイジ自身に襲いかかるが、セイジ自身からなおも強く放たれた炎に、触れる間もなく蒸発させられた。  地上の五人がその景色を見上げていたのは、ほんの十数秒の間だっただろう。  その短い時間のなかで、一行の感覚は何度生死を往来しただろうか。やがて振動が徐々に収まると、巨大に過ぎた化け物は跡形もなく消え去った。  ふたたびセイジが剣を掲げると、白々とした粉雪がどこからともなく現れて、円形に痩せ細った大地にしとしとと降り注いだ。 「…………はぁ」  誰が吐いたのだろうか。  そのひと息は、幻想的な景色への感嘆ではなかった。  化け物は消失し、戦いは終わった。だが誰一人として、厳かな表情と構えを解く者はいなかった。マリーでさえも。 「ローズマリー様、確認します。あれは味方ですか? それとも……」  問いかけたリュートが、解答を待たずに結論を出した。化け物を硬直せしめた魔法陣が発現し、セイジへと矛先を向けた視線は射抜くように鋭い。  みじかいマリーの沈黙ののち、セイジはふたたび構えを解いた。穏やかとは対局に位置する戦士たちの意識が、その一挙手一投足に集中している。  ぼうっと腕を下ろしたまま沈黙していたセイジの体が、ふと翻った。化け物を覆っていたものと、クリスたちの前にあったもの。セイジが張った二枚の防護魔法が砕け散ると、その向こう側で、セイジはまっすぐに地面へと落ちていった。  声も躊躇いもなく、マリーが空を斬る勢いで駆け出した。剣を握りしめたまま頭から落下するセイジの体を、既の所で飛びつき、抱きかかえた。 「セイジ!」  地面に身をなげうったままの姿勢で、腕の中に抱えるセイジに呼びかける。  ぴくりとも動かない体、弛緩したまま土を撫でる手のひら、生気のない顔つき。ただひとつ、身を覆い尽くしていた黒い魔法だけが、身を潜める蛇のようにしゅるしゅると、セイジの体内に収まろうとしている。  それを見たマリーが、泣き出しそうな表情でセイジをそっと抱きしめた。みなの呼び声に気がつくと、ひとつ鼻をすすって、そっと立ち上がる。 「マリーちゃん……」 「すみません、本当は、もっと改まった場で説明したかったのですが」  言葉を区切り、マリーは一度かるくうつむいた。眠るように目を閉じるセイジを見やり、物悲しげに唇を結んで、ふたたび顔をあげた。 「これが、セイジが人の世に帰ることのできなかった理由のひとつです」  ――絶望的な条件下で断行されたラフィア住民救出作戦は、長い道程の末に未知なる化け物の襲来を受けながら、誰一人被害者を出すこともなく、その任を終えた。  だが、最大の貢献者であることに誰も異論を唱えないであろうセイジ・ルクスリアの活躍については、その後あらゆる公的な場において、いっさいの報告がなされることはなかった。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • ちびドラゴン(えんどろ~!)

    くにざゎゆぅ

    ♡100pt 〇300pt 2022年6月11日 22時05分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    面白かったです。

    くにざゎゆぅ

    2022年6月11日 22時05分

    ちびドラゴン(えんどろ~!)
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年6月12日 7時08分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    うれしぬ

    羽山一明

    2022年6月12日 7時08分

    ミミズクさん
  • メタルひよこ

    うさみしん

    ♡1,000pt 〇200pt 2022年5月14日 6時11分

    一連の戦闘描写、どの部分も精緻でございました。ちょっとこれは真似できない。こんな序盤でこのレベルなんだもの。先の部分を読み返すのが楽しみでありますぞ押忍。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    うさみしん

    2022年5月14日 6時11分

    メタルひよこ
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年5月14日 14時47分

    書くたびに変化と成長を求められてしまうものだと思うと、今後の展開に不安が過ぎらざるをえません。ただ、たぶんもっとも戦闘が激化するのは7章なので、あれを超えればひとまずは安心できます。頑張ります。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    羽山一明

    2022年5月14日 14時47分

    ミミズクさん
  • 吟遊詩人

    秋真

    ビビッと ♡1,000pt 〇200pt 2021年11月1日 18時13分

    《――絶望的な条件下で断行されたラフィア住民救出作戦は、長い道程の末に未知なる化け物の襲来を受けながら、誰一人被害者を出すこともなく、その任を終えた。》にビビッとしました!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    秋真

    2021年11月1日 18時13分

    吟遊詩人
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2021年11月2日 10時33分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    燃え尽きたぜ…

    羽山一明

    2021年11月2日 10時33分

    ミミズクさん
  • あんでっどさん

    星降る夜

    ♡500pt 〇200pt 2021年8月17日 21時07分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ブラボー!!

    星降る夜

    2021年8月17日 21時07分

    あんでっどさん
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2021年8月18日 4時51分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ぺこり

    羽山一明

    2021年8月18日 4時51分

    ミミズクさん
  • メタルひよこ

    うさみしん

    ビビッと ♡1,000pt 〇100pt 2022年1月29日 6時00分

    《「これが、セイジが人の世に帰ることのできなかった理由のひとつです」》にビビッとしました!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    うさみしん

    2022年1月29日 6時00分

    メタルひよこ
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年1月29日 17時42分

    「全部」とは言っていない……!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    羽山一明

    2022年1月29日 17時42分

    ミミズクさん

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ストラトスフィア・クロニクル

    空と大地と星々をめぐる冒険ファンタジー

    40,800

    700


    2022年9月29日更新

    この空だけが、世界のすべてだと教えられてきた――――。 翼と魔力を持つ種族、天使が住む天空都市。 ここでは、2つの禁忌が存在します。 1つ目は、この天空都市を離れること。 2つ目は、教典に書かれた歴史以外の「過去の出来事」を、次世代に伝えること。 この閉ざされた天空都市に、ある少年と少女が居ました。 少年は冒険を求め、少女は空よりもはるかに高い星々の領域に焦がれます。 そしてある日。少年と少女が『禁忌』と出会ったことから、新たな神話が始まるのでした。 【イラスト・キャラクターデザイン】 まや様 【まや様リンク】 リットリンク https://lit.link/fukkatsunomaya ホーム https://rofuuro0122.wixsite.com/-site 【Twitterハッシュタグ】 #ストクロ #しろいはね便り ※本作は、イラストレーターまや様の活動・作風・世界観から着想を得て創作したファンノベルです。

    読了目安時間:18分

    この作品を読む

  • タイムオブザワールド ~ワンオブストーリー~

    作者の願望もしも誰も死ななかったらの世界

    200

    0


    2022年9月29日更新

    この物語は [story:411315390] の枝分かれした並行世界での世界軸で紡がれる物語です。 もし大切に思う人達が誰も死なずに生きて幸せになっていたならばというifの世界でのお話。 謎の声の言葉に導かれて己の願いが叶うのならばと願った一人の少女の夢が実るまで繰り返される過去の世界での物語です。 少女の名はシトロン。日本名はゆず。勇者物語、英雄物語、戦国物語の三つの世界軸で紡がれる彼女の願いが叶うまでの道のりを描いたお話をお届けいたします。 [story:411315390] を拝読したことが前提で紡がれておりますが、こちらから拝読されても違和感なく読めるようにはなっております。 作者が自己満足したいがために書き上げた作品です。読みたいと思った方だけどうぞ。 現在勇者物語までしか書けておりませんので、英雄物語や戦国物語はまた完結できてからこちらに掲載予定です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間45分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 『この星で、最後の愛を語る。』~the Phantom World War~

    世界は彼女を選び、彼女は未来を選んだ。

    572,140

    19,145


    2022年6月28日更新

    戦争孤児として育った少年レイ・フォワード達は、大人の争いにゆっくりと巻き込まれて行く。 時には小さな宿場町のいざこざに、時には港町の覇権争いに、そして次第に大きな戦争へと彼等の戦火は伸びていく事になる。 異なる価値観、異なる思想、異なる種族。あらゆる思いが交差していくこの世界。 蒸気機関が発達した西大陸、帝国が支配する中央大陸、法術発祥の地東大陸。あらゆる力に惑わされる少年達。 彼等は、世界の歯車に組み込まれながらその世界の仕組みと謎に触れていく事になる。 そんな時代に生きた少年達が居る。 彼らの物語の書き出しはそう――「むかしむかし、ある所に」 お伽噺の様式美から始まる、あの日読んだ物語。 ・ファンタジー×スチームパンク×ジュブナイルでお届けする、少年達の友情と希望の物語。 ◆こんな方にお勧め! ・オリジナル世界観が好きな方 ・成長物語が好きな方 ・じっくり読みたい方 ・ネクストファンタジー以外をお探しの方 ・チートやハーレム物に飽きてしまった方 ※当作品には『暴力描写、残酷描写、猟奇的な内容の描写、ゴア表現』があります。観覧の際にはご注意ください。 ◆過去実績 ・ジャンル別ランキング最高順位 一位 ・総合ランキング最高順位 一位 ・第一回ノベプラ大賞 一次通過 ・第二回ノベプラ大賞 一次通過 ■過去の更新記録■ ※2020年 04/18 一話辺りの文字数を減らし分散させました、内容は変わっておりません。 05/12 一部の誤字脱字を修正しました。 07/22 キャラクターイラストを追加しました。 09/02 一部タグの修正および追加を行いました。 10/19 あらすじを一部改変を行いました。 ※2021年 02/06 各章にてアイキャッチイラストを追加しました。 04/18 キャラクターイラストを追加ました。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:14時間59分

    この作品を読む

  • たぬきのスカッとする返し方まとめ

    みんなもぜひ使ってみてほしいっ

    6,800

    20


    2022年9月28日更新

    スカッとする論破まとめみたいななにかです

    読了目安時間:4分

    この作品を読む