境界線上の魔王

読了目安時間:9分

エピソード:11 / 142

第二章 『魔王』

2-1 再び、人の世へ

 頭上に降り注ぐ陽光が、ようやくまどろみはじめた時期。今日も今日とて、忙しげに歩き回るマリーの足音だけがこだまする家の中。  家主はといえば、ソファに体を預けて、夢うつつにまどろんでいた。朝餉で満たされた腹部にかけられた毛布は、むろんマリーの気遣いである。力なく垂れ下がった手には、艶やかに仕立て上げられた乳白色の鞘に納まった剣が、だがしっかりと掴まれていた。  してやったり、と言わんばかりの表情と態度を前面に主張したファルマーが、一振りの剣を抱えて駆け込んできたのは、クリスと別れて二週間ほど経った頃だった。とある亜人の村のなかの、何かしらの魔力の影響を受けて枯れてしまった地下水脈を調査するという、地味ながら大掛かりな依頼を済ませたばかりの夜半。汗だくの大男に詰め寄られて口角が上がるはずもなく、ぞんざいに礼を言って、風呂と寝床だけ提供した。  翌朝、ファルマーはふらつきながら『次は死んでも手離すんじゃねえぞ』と言い残し、マリーに連れ添われて空の彼方に消えていった。  それからひと月。言いつけどおり、新しいクリスの剣は肌身離さず持ち歩いている。失くしたのも自分であれば、折ったのも自分という冗談のような事実があったからで、ファルマーの言い分に従ったわけではない。  しかし、これだけの業物を刀身を拝むことすらできずに帯び続けるのは、元剣士としてはよろしくない。今は他人の剣ということがあっても、元は手足のように扱っていた剣となれば、なおさらだ。 「…………」  ふと思い立って、そっと周囲に意識をめぐらせる。 「見るくらい、いいよな……?」  悪いことをしているわけではないのだが、思わず口にして確認した。昼下がりのこの時間帯、マリーはいつも草花の手入れに勤しんでいる。他の誰かがいるはずもないのだが、音をたてないよう剣柄に手をかけて、そっと力をこめた。  その瞬間、真後ろにある窓が乾いた音をたてた。動揺しつつ、剣を握りなおして振り返る。  誰もいない。が、いないはずがない。静寂をとりもどした窓に手をかけて、思い切り開け放った。おそるおそる突き出した頭の上に、よく知った感触を覚えて、全身を縛っていた緊張感が抜け落ちていった。 「はろー。ごきげんいかが?」  見慣れた嘴が、鼻先に垂れ下がってきた。鬼人族の族長ファルマーの片腕で、なぜか人語を使いこなす猛禽のリーゼだった。 「たった今悪くなったところだ。今日は何の用だ、リーゼ」 「や、特に用はないんだ。散歩も飽きたから、挨拶ついでに遊びにきたの」 「散歩? 仕事はどうした?」  鬼人族は、その多数が生業として坑道に入り浸っている。だが、その内部は複雑に入り組んでおり、お世辞にも快適な空間とは言い難い。地面はろくに舗装されていないし、狭苦しく薄暗い。夏は暑く冬は寒く、当然ながら勾配もある。  そこで、夜目がきき、坑道内を素早く移動できるリーゼが伝令役として重用されている。ゆえにこの子飼いの猛禽は、坑道が開かれる昼前から陽射しが傾く夕暮れ時まで、基本的には坑道内を飛び回っているのだ。 「ボクもあんまり詳しいことは知らないよ。ついこの間までファルマーが鍛冶場に入り浸ってたせいで、まだ本格的な採掘が再開してないんだよ」 「……そうか。まあ、あんまり心配かけんようにな」 「平気だってば。子供扱いしないでよ」  鬼人の里からここまでの距離を考えると、大の大人でも捜索活動が始まるようなものなのだが、彼女のような空の狩人にはそれほどでもないらしい。疲労した様子など微塵も見せず、ソファに腰掛けたおれの膝の上で、大きく嘴を開いて欠伸をしている。 「そうだ。散歩といえば、境界線のあたりまで行った時に、変な音が聞こえてきたよ」 「音? 聞き間違いじゃないのか。あんなところで音なんて……」  ヒトの世とこちらの世を隔絶するもの、通称『境界線』が阻むものは、生物の往来にとどまらない。後で知ったことだが、どういう原理か物理的に発生した音も遮断する。クリスが帰郷した際も、彼女自身のたてていた水音が、彼女の姿形が見えなくなるのと同時に不気味なほどに聞こえなくなった。余韻すらぷつりと途切れるさまを見て、境界線というものが明らかに互いの世界の干渉を抑制するためにあるのだと実感させられた。 「あんなところだからこそ気に留めたんじゃないか。見渡す限り、虫の一匹もいなかったんだよ」 「じゃあ、どこから……」  言いかけて、口をつぐむ。  境界線は、互いの世界の物理的な干渉を嫌う。だが、魔力をもつ生物がその力を操ることで、押し通ることはできる。  ――ならば、魔力の音もまた、境界線を越えることができるのではないか? 「これは、百聞は一見にしかず、か」 「ひゃく……何?」 「人の世の偉い人が遺した言葉だよ。行くぞ」  ぽかんと嘴を広げて首を傾げたリーゼを肩にとまらせて、家の外に出る。裏手にまわると、案の定マリーはせっせと園芸に励んでいた。作業の手を止めさせるのも気が引けるので、家屋の陰に身を隠して、そっと覗き込むことにした。 「へええ。マリーってあんな表情もするんだねえ」 「ほんとだよな。それで昔『虫も殺せないような顔してたぞ』って言ったら、『普段は乱暴みたいな言い方はやめてください』って怒られたよ」 「それは、君が悪いと思うけど……」 「……何をこそこそとやっているのですか」  作業が一段落したのであろうマリーが、こちらに気づいて声をかけてきた。ひとまず謎の音について聞いた限りのことを説明すると、何やら人差し指を顎のあたりに当てて俯き、すぐに顔をあげた。 「あまりよくない状況も想定できますね。準備いたしましょうか」 「ああ、頼む。むこうに長居することになるかもしれんから、そのつもりで」 「では、留守中のこの子たちはおまかせしますね」  ちょこんとお辞儀をして、マリーは小走りに家の玄関口のほうへと去っていった。 「本当に、やることが早いね。助かるよ」 「長いこと家を空ける依頼も多いからな。お互い守るものもないし、気楽なもんだよ」  そばにあった樹木の枝にリーゼをとまらせて、マリーが世話したばかりの草花を囲う柵に歩み寄った。 「守るものがない、って……マリーのことは守らなくていいのかい?」 「マリーを? おれが?」  しゃがみこんで、土に触れる。柵の先端が空間を覆い尽くすような檻を頭の中で描き、その光景が手のひらを中心に具現化するように、魔力を放出した。  薄い膜のような半透明な球体が、地面から音もなくあらわれた。間もなく覆い尽くされた空間の様子を確認して、ゆっくりと振り返った。 「あいつの命の価値は、おれの意思に左右される程度のものじゃないよ」 「そうだとしても、守る意思くらいは見せてあげなよ。そのほうが、マリーも喜ぶと思うよ」 「……そういうものなのか」 「そういうものだね」  鳥類に女心を説かれながら、家へと足を向ける。自室を物色して、目当ての品をひっつかんで家を出ると、先に待っていたマリーがいつものようにローブを差し出してくれた。短剣を受け取ろうと手を伸ばし、苦笑を返されてはじめて、それが手元にないことを思い出した。 「やはり、落ち着きませんか?」 「どっちかというと習慣だな。丸腰になること自体に問題はないとは思うが……」 「私も丸腰ですよ。お揃いですね」  抜刀することはないとはいえ、クリスの剣は帯びている。これをお揃いと呼んでいいのかはわからないが、マリーの表情が心なしか明るかったので、何も言わずにその手を握り返した。 「……おい、いつもより近くないか」 「些細なことですよ」 「…………」  些細なこと、とささやくように繰り返して微笑んだマリーを見上げて、リーゼが呆れたように視線を逸らした。  浮遊感の後を追うように、視界が白濁化する。身体の感覚が薄らいだ、もののわずかの空白の後、ふたりと一羽の身体は光り輝く壁に近しい上空を漂っていた。 「……こっち側には誰もいないね」  地上を見渡したリーゼの合図で地上に降り立ってみると、何やら形容しがたい異音が、ちりちりと耳に突き刺さってきた。リーゼの話を聞いたときは何を言っているのかまるで要領を得なかったが、いざ現場に着いてみると、なるほど確かに『妙な音』としか形容しがたい感想がじわりと浮かび上がってきた。 「見に行くまではいい加減なことは言えんが、この壁の向こう側から、誰かが魔力を警鐘がわりに発してるんだろうな」  何のために、とは、ひとりとして口に出さなかった。原因の判明は、同時に悪い予感がほぼ確実に的中していることを意味していたからだ。こちら側に呼びかけることができていることが、かろうじて最悪の一歩手前で留まっていることをしめしていた。 「リーゼ。ひとりで帰れるな?」  マリーの胸元から名残惜しげに離れたリーゼが、返事の代わりに不安げな鳴き声を出した。 「ごめんね。ボクのせいで巻き込んで」 「何言ってんだ。むしろ手柄だ、気にすんな」 「剣は必ずクリスに届けますと、ファルマーによろしく伝えておいてくださいね」  マリーにひとしきり頭をなでられたリーゼは、何度もこちらを振り返りながら、ゆっくりと北の空へと飛び去っていった。 「さて。マリー、どう見る?」 「クリスの近親者による呼びかけかと。あちらで何かよくないことが起きているのでしょうね」 「……ほぼ同意見か。じゃ、行ってみるしかないか」  人の世から見たこちらの世界は、ヒトも当たり前のように捕食する魔物が跋扈する、荒れ果てた不毛の大地、という認識が一般的である。部分的には合致する環境もなくはないし、そのような風評のある世界を好き好んで突っつく命知らずはそうはいないだろう。  だとすれば、呼びかける価値のある相手がこちらに居ることを知っている人間。つまりクリスから、おれがこの地にいることを知り得た人間だけだ。そして、クリス本人が動くことができるのなら、回りくどいことをせずに直接壁を越えてくるだろう。 「こんなに短期間に何度も境界線を越えるのは初めてですね」 「そうだな。またちょっと、家から離れることになるが……」 「構いませんよ。それより、お体は大丈夫ですか?」 「平気。何往復かはいけるよ」 「わかりました。あと、帰るついでに買い出しをさせてくださいね」  少し前に人の世を訪れた時は、予想だにしていなかった出来事で本来の目的、つまり買い出しを果たすことができなかった。口には出さないでいたが、マリーはやはり残念がっていたから、今回のことは渡りに船だと思えばそれほどの痛苦でもないだろう。  そうした軽い気持ちで、玄関口を跨ぐように境界線を越えた。  その先に待ち受けている出来事に、長らく後悔させられるということなど知らずに。

著者コメント みなさんも鳥飼いましょう

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • レイナ(QB)

    氏家 慷

    ♡2,000pt 〇300pt 2021年8月28日 18時32分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    楽しませていただきました

    氏家 慷

    2021年8月28日 18時32分

    レイナ(QB)
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2021年8月29日 8時58分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ありがてえありがてえ

    羽山一明

    2021年8月29日 8時58分

    ミミズクさん
  • ちびドラゴン(えんどろ~!)

    くにざゎゆぅ

    ♡100pt 〇300pt 2022年5月9日 20時55分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    「気になるわネ!」ステラ

    くにざゎゆぅ

    2022年5月9日 20時55分

    ちびドラゴン(えんどろ~!)
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年5月9日 23時38分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    実は狙ってました。

    羽山一明

    2022年5月9日 23時38分

    ミミズクさん
  • メタルひよこ

    うさみしん

    ♡1,000pt 〇200pt 2022年4月11日 5時37分

    二人を関係性を気遣う鷹のリーゼの存在にビビッとしました押忍! 単に頭が良い鷹なのか、それとも鷹の姿をした別物なのか興味津々であります押忍!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    うさみしん

    2022年4月11日 5時37分

    メタルひよこ
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年4月11日 11時31分

    そも何歳なのかも、飼っている鬼人たちもよくわかっていないのです。パートナーの影がみえない以上、単為生殖するか長寿命かでない限り、彼らの生活に寄り添えるとは思えないので。たぶん、ベースは鳥型の魔物です。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    羽山一明

    2022年4月11日 11時31分

    ミミズクさん
  • 探偵

    てとら

    ♡1,000pt 〇200pt 2021年9月29日 0時53分

    妙な音の正体…いきなり罠ということは…ありませんよね…?( ← 予想を裏切られる前に勝手に身構えているだけであります)。 果たしてクリスと再会できるのか。そんなことより、今のクリスは剣がないから素手で闘っているとでもいうのか。戦況が気になりますね。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    てとら

    2021年9月29日 0時53分

    探偵
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2021年9月30日 1時23分

    人外魔境に身をおいて幾日、漸く帰郷した先に待ち受けるは罠……嫌過ぎますね。もっとも、人里で誰かが何かを企んでいたとしても、セイジだけでなくマリーもいますので、なんとかなりそうです。 クリスは、前話にてセイジから剣を借り受けています。いまはセイジが丸腰。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    羽山一明

    2021年9月30日 1時23分

    ミミズクさん
  • マンドラゴラ(覚醒ver.)

    ……くくく、えっ?

    ♡2,000pt 〇100pt 2022年6月8日 6時23分

    inしてみたらおすすめされましたの文字が(汁)なんかいつもすみません(ぺこぺこ)あ!これッ!今朝採れたばかりのログインボーナスです!宜しければどうぞ!(;^ω^)

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ……くくく、えっ?

    2022年6月8日 6時23分

    マンドラゴラ(覚醒ver.)
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年6月8日 10時04分

    これはとれたてを。ご丁寧にありがとうございます……! 青いコイン、使い道がないんですよ。おすすめチケットに使うくらいしかないんですけど、ショップで購入連打すると腱鞘炎が加速するし、そのチケットも使わなけりゃ増えていくしで……。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    羽山一明

    2022年6月8日 10時04分

    ミミズクさん

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ストラトスフィア・クロニクル

    空と大地と星々をめぐる冒険ファンタジー

    40,800

    700


    2022年9月29日更新

    この空だけが、世界のすべてだと教えられてきた――――。 翼と魔力を持つ種族、天使が住む天空都市。 ここでは、2つの禁忌が存在します。 1つ目は、この天空都市を離れること。 2つ目は、教典に書かれた歴史以外の「過去の出来事」を、次世代に伝えること。 この閉ざされた天空都市に、ある少年と少女が居ました。 少年は冒険を求め、少女は空よりもはるかに高い星々の領域に焦がれます。 そしてある日。少年と少女が『禁忌』と出会ったことから、新たな神話が始まるのでした。 【イラスト・キャラクターデザイン】 まや様 【まや様リンク】 リットリンク https://lit.link/fukkatsunomaya ホーム https://rofuuro0122.wixsite.com/-site 【Twitterハッシュタグ】 #ストクロ #しろいはね便り ※本作は、イラストレーターまや様の活動・作風・世界観から着想を得て創作したファンノベルです。

    読了目安時間:18分

    この作品を読む

  • タイムオブザワールド ~ワンオブストーリー~

    作者の願望もしも誰も死ななかったらの世界

    200

    0


    2022年9月29日更新

    この物語は [story:411315390] の枝分かれした並行世界での世界軸で紡がれる物語です。 もし大切に思う人達が誰も死なずに生きて幸せになっていたならばというifの世界でのお話。 謎の声の言葉に導かれて己の願いが叶うのならばと願った一人の少女の夢が実るまで繰り返される過去の世界での物語です。 少女の名はシトロン。日本名はゆず。勇者物語、英雄物語、戦国物語の三つの世界軸で紡がれる彼女の願いが叶うまでの道のりを描いたお話をお届けいたします。 [story:411315390] を拝読したことが前提で紡がれておりますが、こちらから拝読されても違和感なく読めるようにはなっております。 作者が自己満足したいがために書き上げた作品です。読みたいと思った方だけどうぞ。 現在勇者物語までしか書けておりませんので、英雄物語や戦国物語はまた完結できてからこちらに掲載予定です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間45分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 『この星で、最後の愛を語る。』~the Phantom World War~

    世界は彼女を選び、彼女は未来を選んだ。

    572,140

    19,145


    2022年6月28日更新

    戦争孤児として育った少年レイ・フォワード達は、大人の争いにゆっくりと巻き込まれて行く。 時には小さな宿場町のいざこざに、時には港町の覇権争いに、そして次第に大きな戦争へと彼等の戦火は伸びていく事になる。 異なる価値観、異なる思想、異なる種族。あらゆる思いが交差していくこの世界。 蒸気機関が発達した西大陸、帝国が支配する中央大陸、法術発祥の地東大陸。あらゆる力に惑わされる少年達。 彼等は、世界の歯車に組み込まれながらその世界の仕組みと謎に触れていく事になる。 そんな時代に生きた少年達が居る。 彼らの物語の書き出しはそう――「むかしむかし、ある所に」 お伽噺の様式美から始まる、あの日読んだ物語。 ・ファンタジー×スチームパンク×ジュブナイルでお届けする、少年達の友情と希望の物語。 ◆こんな方にお勧め! ・オリジナル世界観が好きな方 ・成長物語が好きな方 ・じっくり読みたい方 ・ネクストファンタジー以外をお探しの方 ・チートやハーレム物に飽きてしまった方 ※当作品には『暴力描写、残酷描写、猟奇的な内容の描写、ゴア表現』があります。観覧の際にはご注意ください。 ◆過去実績 ・ジャンル別ランキング最高順位 一位 ・総合ランキング最高順位 一位 ・第一回ノベプラ大賞 一次通過 ・第二回ノベプラ大賞 一次通過 ■過去の更新記録■ ※2020年 04/18 一話辺りの文字数を減らし分散させました、内容は変わっておりません。 05/12 一部の誤字脱字を修正しました。 07/22 キャラクターイラストを追加しました。 09/02 一部タグの修正および追加を行いました。 10/19 あらすじを一部改変を行いました。 ※2021年 02/06 各章にてアイキャッチイラストを追加しました。 04/18 キャラクターイラストを追加ました。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:14時間59分

    この作品を読む

  • 訳あり物件

    事故物件=殺人/心中とは限らない

    4,500

    0


    2022年9月28日更新

    上京して直ぐ、駅近の角部屋を、異常に安い値段で契約した主人公。当然事情を尋ねる。すると、不動産屋はこう言った。 「ここでは人が死んだことは一度も有りません」 ヤクザの事務所やゴミ処理場が近くに有る訳でもないのにこの安値はおかしいと思いつつも、経済的な事情から それ以上は何も聞かなかった。しかし、その夜…………

    読了目安時間:3分

    この作品を読む