境界線上の魔王

読了目安時間:5分

エピソード:66 / 142

6-10 弱者の反撃

 吹き抜ける風さえ声をひそめる、冷えた回廊であった。  まっすぐにのびる石畳の先に、レベッカとノインを見下ろす荘厳な王宮の姿があった。城壁のところどころに掲げられた燭台の炎が、物言わぬ灰色の肌をゆらりと照らしている。ビードロの窓からはにぶい灯りすら窺えず、それはまるで無人の廃城のように空虚をまとっている。 「……祝賀会、本当に今日の日付だったわけ?」 「言いたいことはわかる。が、見紛えたわけではない」 「ええ……だって、道中にそういう感じの人たちもいなかったわよ?」 「それはそうであろう。このような場に招待を受けるような身分の者が、のこのこと城下を練り歩くはずもない」  貴賓なる者共は、帰り途にすらふさわしい身分を求める。それはノイン自身が痛いほどによく見知っていることであった。 「……あなた、遠回しに自分のこと持ち上げてなぁい?」 「聞かれたことに答えただけだ。いらぬことを勘ぐる暇があれば、これからのことに頭を働かせよ」 「交渉……交渉ねえ。言っておくけど、材料になるような情報なんて、産まれたばかりの私に期待しないでね?」 「そんなことに期待はしておらぬ。交渉が頓挫したときのことを言っているのだ」  ノインはあくまでそっけない。見上げた城壁から視線を引き剥がし、ふたたび足早に歩を進めた。  やがて、音高く踏みならす冷たく堅い石畳が、やわらかな絨毯に姿を変えた。刻まれていた足音がいよいよもって静寂に溶けて、会話のないふたりを繋ぐものも消え去った。等間隔で据えられた燭台の炎に赴くまま、行き先を誘導されているようで、ノインはふと懐中時計を取り出した。  睨めつけるように見下ろした文字盤のうえ、黄金色の針が、真夜中であることを告げている。 「…………」  きん、と音をたてて閉じた時計をしまいこみ、目線を持ち上げる。 「妙だな、こちらの動向は気取られているはずなのだが」 「わざわざ結界まで張ってあったものねえ。待ち構えてるのかしら?」 「いや、こちらの意図までは察知していないはずだ。やつらが戦闘を加味しているのなら、わざわざ城内を戦場にする必要はないだろう」 「もしくは、私たちに何もさせない自信があるとか?」 「……標的がいるからか。確かに、そちらのほうがありえるな」  とはいえ、あちらが姿を見せない現状、魔力の気配を頼りに足を動かすしかない。そもそも、こちらは一度襲撃を仕掛けている側なのだ。今宵、ヒトどもに恨みを晴らされたとしても、それはむしろ正当防衛といえよう。  思考をひと段落させたノインの、持ち上げた瞳が見開かれた。通路の奥、灯りに照らされた十字路を、見知った顔が横切ったからだ。 「奴は――」  答えを言葉に出すことなく、ノインは駆けだした。オレンジ色の炎を受けて、目の覚めるような光彩を放つ金色の短髪。フェルミーナ第一王子のレオンハルトに間違いない。  ヒトの一派のなかで、もっとも交渉相手として適した相手。まさしく好機であった。  逃す手だてなどない。 「追うぞ!」 「あ、ちょっと……」  遠ざかっていくノインの背を、レベッカは声ほどに追随できなかった。  遊女である彼女の仕事着は、みずからの肢体を室内で誇示するためのものである。ただでさえ動き回ることに向いているはずのない、薄いドレスとハイヒール。ヒトであろうが龍であろうが、走ることなどとてもかなわないのだ。 「待ってってば!」  曲がり角に消えたノインに追い縋るべく、レベッカはちいさな風の魔法を喚び起こした。いわば敵陣のど真ん中であわや孤立など、考えるだけでも幸先が不安になる。ぱっと吹き抜けた風を肌で感じながら、靴の裏と背中でその波に乗るようなイメージを浮かべる。 「わっ……!」  焦燥が魔法にあらわれてしまったか。レベッカの体は、押し出されるどころか攫われるかのように風に乗って、曲がり角で急転換したのち、なにかに勢いよくぶつかってようやく止まった。 「痛ったぁ……なぁに? もう……」  したたかに顔をぶつけたレベッカが、気だるい声をさらに間延びさせて独りごちた。座り込んだまま顔をあげたレベッカの目線と大差ない、ノインの小さな背中が、静かにそこに佇んでいた。 「……え? どうしたのお?」  あれだけの勢いで駆けていったのにもかかわらず、諦めてしまったのか。違和感をそのまま口に出したレベッカの前で、ノインはゆるりと振り返った。 「……ああ、どうやら見失ったようだ」  一本道で見失うことなどあるのだろうか。そう言い掛けたレベッカの先手をとるように、ノインが言葉をつづける。 「やつら、やはり我々のことを認識しているな。誘い込まれているのやもしれぬ」  口惜しげに告げたノインが、レベッカへと手をさしのべた。手のひらと表情を忙しげに見比べたレベッカの前で、またしてもノインが機先を制した。 「この上、単独行動は危険なようだ、立てるか?」 「え? ええ……」  ノインの顔つきは、いつもと変わらず不満げに強張っている。だが、物言いや口調そのものは、いつもよりどこかやわらかな印象であった。ましてや『立てるか?』などという気遣いが、この幼い唇から飛び出すことなど、思いもよらぬことであった。 「きゃっ……!」  引き寄せられた手のひらは、思いの外力強く、レベッカの体を持ち上げた。あわやノインを押し倒すほどの勢いは、しかし抱き抱えるようにしてゆるやかに受け入れられた。 「おっと」  何の気なしに、といった声をあげて、ノインは動揺するばかりの体をゆっくりと引き離した。  異性と手を繋ぐことも、抱きすくめられることも、レベッカにとっては日常の出来事である。  しかし、身をおく職務の外側では、彼女の経験値は初心者に等しかった。それも、一時は相争った相手とあって、より強く彼女を困惑させた。 「すまない、大事ないか?」 「……はい」  保ち損ねた平常心が、気の抜けた声となってあらわれた。  点滅する思考のなか、ノインの色の濃い双眸が、ふいにレベッカに肉薄した。びくりと体を震わせた彼女の声は、ノインの唇によって音もなく塞がれた。  次の瞬間、レベッカの四肢がもう一度びくりと震え、だらりと脱力した。その身を横たわらせたノインが、袖口で無造作に唇を拭った。 「……体内が弱点なのは、人も龍も変わらんようだな」  低い声で呟いたノインの体が、滲み出した燐光の外套を羽織った。溶けて消えた光の中から姿をあらわしたレオンが、底冷えするような凍てつく視線を、唇を奪ったばかりのレベッカに突き刺した。 「これで、まずは一匹」 「…………」  その一部始終を覗き込んでいたポーラが、むしろ敵であるレベッカに同情するかのような複雑な表情を浮かべて、ぽつりと口を開いた。 「……顔のええ男は、やっぱ怖いわ」

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • ちびドラゴン(えんどろ~!)

    くにざゎゆぅ

    ♡100pt 〇300pt 2022年7月17日 21時53分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    見事なお点前で

    くにざゎゆぅ

    2022年7月17日 21時53分

    ちびドラゴン(えんどろ~!)
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年7月18日 0時07分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    御礼申し上げます

    羽山一明

    2022年7月18日 0時07分

    ミミズクさん
  • メタルひよこ

    うさみしん

    ♡1,000pt 〇200pt 2022年6月14日 5時21分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ホラー「うわああああ」

    うさみしん

    2022年6月14日 5時21分

    メタルひよこ
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年6月14日 8時15分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    がびーん

    羽山一明

    2022年6月14日 8時15分

    ミミズクさん
  • メタルひよこ

    うさみしん

    ♡1,000pt 〇100pt 2022年2月12日 6時25分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    予想以上だ!

    うさみしん

    2022年2月12日 6時25分

    メタルひよこ
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年2月12日 16時34分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    実は狙ってました。

    羽山一明

    2022年2月12日 16時34分

    ミミズクさん
  • ひよこ剣士

    乃木重獏久

    ♡1,000pt 〇100pt 2022年1月12日 23時55分

    さすがはレオ兄さん! レベッカの心の中に僅かに芽生えたはずの不審を押し切るかのように、女心を揺らして奪った唇。彼女を制したのは、毒か魔法か翻弄か。作戦とは言え、龍の女に口吸いするレオンに、レフィリアはどんな思いを抱いていることでしょう。そして、ノインは何処へ――。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    乃木重獏久

    2022年1月12日 23時55分

    ひよこ剣士
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年1月13日 1時26分

    催眠の魔法ですね。口づけした状態で詠唱を口にして、体内に魔力を流し込みました。おそらく試し打ちなどしていないであろうぶっつけ本番、戦力差を割り切る胆力は凄まじいものがあります。レフィリアはこの作戦を知ったうえで賛同しているので、大丈夫です。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    羽山一明

    2022年1月13日 1時26分

    ミミズクさん
  • くのいち

    影桜 紅炎

    ♡500pt 〇100pt 2021年10月21日 23時17分

    やることがえげつねぇ……。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    影桜 紅炎

    2021年10月21日 23時17分

    くのいち
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2021年10月22日 10時14分

    ドン引きしないでえ! 一話前のコメントとの落差が!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    羽山一明

    2021年10月22日 10時14分

    ミミズクさん

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ナーロッパ戦記②~小国の王太子、優秀だが口煩いからと婚約破棄された大国の貴族令嬢を妻に迎え、彼女の力を借りて乱世での生存を目指す

    異世界中世×婚約破棄×戦記小説

    12,600

    50


    2022年10月4日更新

    小国リューベック王国の王太子アルベルトの元に口煩いからと婚約破棄された隣国にある大国ロアーヌ帝国のピルイン公令嬢アリシアとの縁談話が入る。拒めず、婚姻と言う事になったのであるが、会ってみると彼女はとても聡明であり、絶世の美女でもあった。アルベルトは彼女の力を借りつつ改革を行い、徐々にリューベックは力をつけていく。一方アリシアも女のくせにと言わず自分の提案を拒絶しないアルベルトに少しずつひかれていく。徐々にリューベック王国が力をつけていく中、後にフェリオル戦争と呼ばれる大戦が勃発し、リューベックもそれに巻き込まれていく事になる。リューベック王国は生き残る事が出来るであろうか

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:8時間18分

    この作品を読む

  • レベルアップに魅せられすぎた男の異世界探求記(旧題カンスト厨の異世界探検記)

    あらゆるレベルをカンストさせていく冒険!

    2,000

    0


    2022年10月4日更新

    ハーデス 「ワシとこの遺跡ダンジョンをそなたの魔法で成仏させてくれぬかのぅ?」 俺 「確かに俺の神聖魔法はレベルが高い。神様であるアンタとこのダンジョンを成仏させるというのも出来るかもしれないな」 ハーデス 「では……」 俺 「だが断る!」 ハーデス 「むっ、今何と?」 俺 「断ると言ったんだ」 ハーデス 「なぜだ?」 俺 「……俺のレベルだ」 ハーデス 「……は?」 俺 「あともう数千回くらいアンタを倒せば俺のレベルをカンストさせられそうなんだ。だからそれまでは聞き入れることが出来ない」 ハーデス 「レベルをカンスト? お、お主……正気か? 神であるワシですらレベルは9000なんじゃぞ? それをカンスト? 神をも上回る力をそなたは既に得ておるのじゃぞ?」 俺 「そんなことは知ったことじゃない。俺の目標はレベルをカンストさせること。それだけだ」 ハーデス 「……正気……なのか?」 俺 「もちろん」 異世界に放り込まれた俺は、昔ハマったゲームのように異世界をコンプリートすることにした。 たとえ周りの者たちがなんと言おうとも、俺は異世界を極め尽くしてみせる!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間42分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • クェトル&エアリアル

    望まずとも厄介事は向こうからやってくる。

    236,410

    685


    2022年10月3日更新

    illustration : pikora氏 …………… 中央帝国オデツィア。 新皇帝バナロスは、燃えさかる炎のように紅い髪とは対照的に、身震いするほどに冷たく美しい男であった。 生来の持て余すほどの才知に加え、人心掌握術にたけていた。人間らしさのない冷酷さで、周辺国を手中に収め始める。小国の全てを配下に置き、世界を帝国一国にまとめ上げようとしていたーーー 一方では、そんな不穏なことが起こっているのだが、戦乱の火の手が迫ってきているわけでもない。わりと市井(しせい)の人々は平和に暮らしていた。 そんな平和な国の一つであるヴァーバル。その城下に住む口利き屋を営む祖父に育てられたクェトル。彼の視点で物語は綴られてゆくのだ。主人公の彼は、なかなかの男前だが、無口で偏屈。でも優しいところもあるみたいだ。 クェトル自身は、まったく誰も寄ってきてほしいとは思ってないのだが、勝手に寄ってくる彼の取り巻きは変人ばかりだ。 ヴァーバルの城下町にある移民街。そこに暮らすエアリアルは弟分。大阪弁で口やかましい。 ふらりと現れる銀髪で容姿端麗・性別不明の人物は、身分を隠したヴァーバルの王子様ジェンス。ちなみに超KY。 そんな彼らのもとに舞い込んでくる依頼や事件を描く、魔物も魔法も大冒険もない世界で繰り広げられる庶民レベルの小冒険。 だがしかし………過去の因縁によって、徐々に魔の手が迫りくる。 いつかやってくる平和な日々の終焉。“その日”に、どう立ち向かう? 注※ストーリーは真面目だけど、書いてるヤツの変態さが、端々に露呈しているような気がするのであった。きっと気のせい。 セルフな挿し絵ありには「*」マーク付けてます。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:5時間22分

    この作品を読む

  • 空色の告死天使<アズライール>

    空から降ってくるヒロインは王道ロマン!

    363,299

    11,521


    2022年9月26日更新

    空から降ってきた少女を守ると決めた――。 メビウスとウィルは魔獣退治の帰りに空から降ってきた少女を助ける。 目が覚めた少女には記憶がなく『ソラ』という名前でメビウスたちと共に自身の記憶を探し始めるが、そこへ襲い掛かってきたのは遥か昔に封印されたといわれる魔族につらなるものたちだった。 魔族とは切っても切れない因縁のあるメビウスは、少女を守ると心に誓う。 たとえ、少女がなにものだったとしても。 ソラもまた、少年のちからになりたいと願う。 自分の謎を知ったとき、なにが起こるのか知らぬまま――。 剣と魔法、滅びた王国、三つの種族。混沌の世界で繰り広げられる、王道ど真ん中正統派少年少女の冒険譚。 三章開幕。魔法と機械も大好きですを込めたウィルメイン話。 不定期更新。ちょいちょい修正してます。イラスト系は更新報告ページに置いてます。 最高ランク、ジャンル:日間2位 / 総合:日間7位!糧になります。ありがとうございます!!

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:10時間58分

    この作品を読む