境界線上の魔王

読了目安時間:7分

エピソード:17 / 142

2-7 疑念

「ぜっ……たい! 何か隠してるよ、あれは……っ!」  甲高い音をたてて、空のグラスが卓上に叩きつけられた。無言でそれを引き寄せ、林立したボトルのうちからひとつを抜き取って、そっと傾ける。グラスをもとの位置に押し出すと、レオンは頬を机にこすりつけたまま手を伸ばし、ひと息に飲み干してしまった。 「そのくらいにしておけ。酒は強いほうじゃないだろう?」  言いながら、じつはラベルだけが酒瓶のそれで、中身はただの水に入れ替えてある。広々とした室内はすでに酒の匂いで充満しており、本人もこの様子では、もはや何を飲んでいるのかもわからないのだろう。案の定、もう一杯、とグラスを突き出されて、またもや机に顔を突っ伏した。 「……なあ、レフィリア」 「はいはい、どうした?」 「お前から見てさ、セイジはどういう人間に見えた?」  昏睡寸前であろうレオンの口調が、気のせいかするどく研ぎ澄まされたように聞こえて、レフィリアは延ばした手をぴたりと止めた。動揺の所作をみとめたはずのないレオンが、畳み掛けるように言葉を継ぎ足した。 「こっちに居た頃はさ、あいつはそれこそ化物みたいに強かった。でも、お人好しでお節介焼きで、ちょっとだけ人見知りのする、気のいいやつだったんだ」 「…………」  レオンが言わんとすることは、それとなく推測できる。私に言わせようとしている言葉と、その目的がちらちらと見え隠れして、ちょっとだけ腹が立ったので、沈黙を決め込んだ。  夜更けに似つかわしい静かな時間は、しかし長くは続かなかった。何かを思い出したかのように立ち上がったレオンが、よたよたと部屋の扉へと足を向けた。 「待て、どこへ行く?」 「……トイレにまで同行するつもりか?」  酒のせいか、態度の問題か、うんざりとした声を残して、レオンは部屋の扉に手をかけた。むろん、泥酔者の意思など尊重されるはずもなく、レフィリアは無言でその後を追った。  長く広い回廊は陽の光とともに寝静まっており、寄り添うふたりの足音のほかは、等間隔に照らされた灯りがゆらゆらと踊っているだけであった。案の定、足取りの不安定なレオンに肩を貸して、トイレに放り込んだ。わけのわからない言葉を発していたあたり、長丁場になりそうだ。 「……ふう」  横顔に月光を浴びて、ふと空を見上げたその時であった。横合いから、人の気配と衣擦れの音を感じて、反射的に、そばの柱と調度品の隙間へと滑り込んだ。隠れる必要などどこにもない、と改めるまでもなく気がついた頃には、足音はもうそこまで迫っていた。  わずかな隙間からのぞき見えたのは、国王ジーン・フェルミーナその人であった。公務とは違った出で立ちであるものの、身に纏う雰囲気までは隠せるものではなかった。 『……そなたも月夜見か?』  背を薄氷が滑り落ちたような、言いようのない怖気を感じ取って、レフィリアは視線を転じた。 『これは国王陛下……環境が違うからでしょうか、寝付けずに体を起こしてしまいまして』  酒の場で繰り広げられていた話の渦中にあった、セイジ・ルクスリアが、まるでずっとそこに佇んでいたかのように、姿をみせた。  さすがに外していたあの鎧の下の体躯は、薄明るい月光と燭台の灯りの下で目を凝らす限り、レオンとそう変わらないであろう背格好であった。体格はがっしりしているが、筋骨隆々とまではいかない。覗き見える横顔はあどけなさすら感じ取れるが、まだ未成年であるらしいことを考えると年相応であろう。  外見からは、とても国を代表する戦士であろうことなど想像はつかないだろうが、昨日の鬼神のような戦いぶりを見たあとでは、さすがにそのような軽口は冗談でも抱けなかった。 『慣れぬ寝床のうえ、もう何年も肌に馴染んでおらぬ空気だ。致し方なかろう』 『申し訳ございません。部屋のご用意まで頂いておきながら……』 『……ふむ、セイジよ。そなたはちと真面目が過ぎる。であるからこそ、人の世に身を寄せぬ理由は深く、詮索を寄せ付けぬものがあるのだろう』 『…………』 『言ったとおりだ。そなたの意思が、そなたの心の内を吐露したいと、そう思ったときに打ち明けてくれればよい』 『……なんと申しあげますか、国王陛下も、クリスティアさまに引けをとりませんね』  一言を噛みしめるような重々しい雰囲気は、表情をやわらげたセイジのちいさな笑い声で、ひと区切りをみせたようであった。 『王たるもの、慧眼は人一倍と自負しておるぞ?』 『おそれいります……さて、私はそろそろ失礼いたします。お送りはよろしいですか?』 『いらん、いらん。我が家の中を散歩しているだけだ。気配りなどいらん世話よ』 『承知しました。では……』  深く頭をさげて、セイジは踵を返した。それを見た国王もまた、セイジに背を向けて歩き出した。 「ふむ……?」  レフィリアとセイジは、あまり面識がない。フェルミーナ王国の上位騎士ともなれば、合同の演習や訓練などで他国へ足をのばすことも少なくない。が、セイジの場合、聖騎士の称号を得るまでの昇級速度が異例に過ぎて、その機会すらままならなかったし、レフィリアは当時、フェルミーナとは反対方面の軍拠点を預かっていたので、互いに接点を持ち得なかったのだ。  セイジのことは、風の噂やレオンからの口伝で、優秀な騎士としての評判を耳に挟んでいた。いま、実際に目にしてみて、物腰やわらかで真面目な青年という前評判が確かであることがわかった。しかし、それにしても……。 「レオンは、あの騎士の何を危惧していたのだ……?」  気配も音もなく、夜闇から溶け出したように現れたことには、確かに言いようのない不安を覚えた。だが、ああまで徹底して気配を殺さないといけないほど、彼の地は厳しい世界なのだろう。  酒にあてられて、小骨のようなわずかな違和感が口に出てしまっただけなのか。  それとも、言葉にしない根拠を隠しているだけなのか。  人気のなくなった空間でひとり黙考を繰り広げていると、レオンを詰め込んだトイレの扉がおそるおそるといった様子で揺れ動いた。 「出てきて大丈夫だぞ、レオン」  音をたてないように、後ろ手に扉を閉めたレオンと顔を合わせる。 「私をダシに使って、盗み聞きしていたな?」 「……そういう風に思わせることができれば、色々やりやすくなるんだよ」  深刻な顔つきのまま、レオンは両手をあげて頭を振った。 「今回はたまたまだ。たまたま具合が悪くなって、たまたま親父とセイジの会話が聞こえた。それだけだ。常に何か企んでるとか勘ぐるのはやめてくれ」  それで? と、レオンは切り返しの口火をきった。 「改めて聞くが、セイジの印象はどうだ? 何か思うところはなかったか?」  こいつ、やはりさっきは酔ったフリをしていたな。と声に出したい思いを、レフィリアはぐっとこらえた。 「いや、君が思うような不審な点は感じなかった。魔力の力強さと静けさが、凄まじく高水準に整っているな、というくらいしか」 「そうか……」  納得したような言葉と裏腹に、レオンはいかにも不満げに髪を引っ掻き回した。 「しかし、なんだな。部外者が耳にするにしては、少々立ち入った話のように聞こえたのだが……」 「情報共有の義務化とかいうものがあるらしくてな。秘匿主義者は逆さ吊りにされてしまうそうだ」  まじめくさった声色に反して、表情はいかにも笑いこらえるように、意地の悪そうに引きつっている。 「あの件は悪かったと思っているが、何もかも抱え込みすぎるのは君の悪い癖だ。私でよければ、愚痴くらいなら聞くぞ?」 「…………」  適当な言葉を思いつかなかったのか、レオンは照れくさそうにレフィリアの頭に手をあてて、開いた扉に身を滑り込ませた。くすりと笑って、レフィリアもそれに続いた。   開いて閉まった扉の向こう側、静寂を取り戻した回廊の一角、掲げられた燭台の灯りがひときわ大きくゆらめいた。  誰もいないはずの暗がりの奥、立ち去ったはずのセイジ・ルクスリアがひとり、闇夜の奥を見透かすようにして佇んでいた。  オレンジ色の灯りをうつしこんだその瞳の奥にわずかに、だが確かに、紫色の光が音もなく蠢いていた。

著者コメント 以降、週一回の更新となります。 「1エピ4000字程度だろ一週間もかけんな」的な声も含め、ご感想お待ちしております。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • レイナ(QB)

    氏家 慷

    ♡2,000pt 〇500pt 2021年11月14日 12時22分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    良き哉 良き哉

    氏家 慷

    2021年11月14日 12時22分

    レイナ(QB)
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2021年11月14日 19時48分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ありがとう‼

    羽山一明

    2021年11月14日 19時48分

    ミミズクさん
  • とら

    F(エフ)

    ♡500pt 〇500pt 2021年5月30日 13時19分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    これは興味深い

    F(エフ)

    2021年5月30日 13時19分

    とら
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2021年5月31日 2時06分

    ご高覧ありがとうございます…が。ポイントの件で気を使わせてしまったようで。すみません。 当方、応援PのほとんどをNP購入ボーナスにて賄っておりますので、NPが余るという都合上、ああして稀に大量Pを付与することがあるのです。ですのでお返しはお気になさらず…!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    羽山一明

    2021年5月31日 2時06分

    ミミズクさん
  • ちびドラゴン(えんどろ~!)

    くにざゎゆぅ

    ♡100pt 〇300pt 2022年5月16日 23時55分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    この世界観…好きですっ!

    くにざゎゆぅ

    2022年5月16日 23時55分

    ちびドラゴン(えんどろ~!)
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年5月17日 1時42分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ありがとうございます

    羽山一明

    2022年5月17日 1時42分

    ミミズクさん
  • メタルひよこ

    うさみしん

    ♡1,000pt 〇200pt 2022年4月18日 4時49分

    拙者なら何も考えずにカップリングしてしまうところ。キャラ達と言うよりも羽山センセの自制心に感服でありますぞ押忍!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    うさみしん

    2022年4月18日 4時49分

    メタルひよこ
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年4月18日 9時35分

    この頃は、どうでしょうか。そもそもまだカップリングさせるつもりがなかったような。後になってレオンのワーカホリックぶりに同情し、かつ同盟とはいえ他国の軍人の隣で酔い潰れる王子とかいるか? と首をかしげ、無事カップリングしました。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    羽山一明

    2022年4月18日 9時35分

    ミミズクさん
  • うどん

    朴いっぺい

    ♡1,000pt 〇100pt 2022年9月27日 17時42分

    たまに主人公が不気味な動きするのが、謎に拍車をかけていますね。よく知ってるはずのレオンですら、よく分からない部分があるのが底知れない…。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    朴いっぺい

    2022年9月27日 17時42分

    うどん
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年9月27日 23時21分

    意図があるのかどうか、それすらわからないのがまたアレですね。本作ではこうしてたまに主人公が悪役じみた振る舞いをかましたりします。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    羽山一明

    2022年9月27日 23時21分

    ミミズクさん

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 偽りのドラゴンナイト

    第二章開始。魔力を司る少年を巡る物語。

    447,260

    10,207


    2022年10月3日更新

    魔法使いの名門アーティア家に生まれたトア・アーティアは、生まれつき魔法が使えなかった。 それを理由に奴隷として売られたトアは、働き先の奴隷農場で青髪の少女と出会う。 ミラと名乗った少女は、自分が竜の血を引く竜人であることを打ち明ける。故郷が襲撃され、一人逃げてきたのだという。 もう一度故郷へ帰りたいと望むミラに、トアは心を動かされ、力を貸すことにするのだが……。 魔法が使えない代わりに、魔力を司る力を持つトア。 特別な竜の血を引く竜人の末裔ミラ。 特別な二人が織りなす戦いの物語。 不定期更新。 別サイトにて掲載開始しました。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:7時間19分

    この作品を読む

  • クェトル&エアリアル

    望まずとも厄介事は向こうからやってくる。

    236,410

    685


    2022年10月3日更新

    illustration : pikora氏 …………… 中央帝国オデツィア。 新皇帝バナロスは、燃えさかる炎のように紅い髪とは対照的に、身震いするほどに冷たく美しい男であった。 生来の持て余すほどの才知に加え、人心掌握術にたけていた。人間らしさのない冷酷さで、周辺国を手中に収め始める。小国の全てを配下に置き、世界を帝国一国にまとめ上げようとしていたーーー 一方では、そんな不穏なことが起こっているのだが、戦乱の火の手が迫ってきているわけでもない。わりと市井(しせい)の人々は平和に暮らしていた。 そんな平和な国の一つであるヴァーバル。その城下に住む口利き屋を営む祖父に育てられたクェトル。彼の視点で物語は綴られてゆくのだ。主人公の彼は、なかなかの男前だが、無口で偏屈。でも優しいところもあるみたいだ。 クェトル自身は、まったく誰も寄ってきてほしいとは思ってないのだが、勝手に寄ってくる彼の取り巻きは変人ばかりだ。 ヴァーバルの城下町にある移民街。そこに暮らすエアリアルは弟分。大阪弁で口やかましい。 ふらりと現れる銀髪で容姿端麗・性別不明の人物は、身分を隠したヴァーバルの王子様ジェンス。ちなみに超KY。 そんな彼らのもとに舞い込んでくる依頼や事件を描く、魔物も魔法も大冒険もない世界で繰り広げられる庶民レベルの小冒険。 だがしかし………過去の因縁によって、徐々に魔の手が迫りくる。 いつかやってくる平和な日々の終焉。“その日”に、どう立ち向かう? 注※ストーリーは真面目だけど、書いてるヤツの変態さが、端々に露呈しているような気がするのであった。きっと気のせい。 セルフな挿し絵ありには「*」マーク付けてます。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:5時間22分

    この作品を読む