境界線上の魔王

読了目安時間:5分

エピソード:18 / 142

第三章 『亡国ラフィア』

3-1 新たなる聖騎士たち

 拝啓 国王陛下  天を渡る雲も空高く、緑黄色から黄金色にうつろう草花からは新たな季節が到来する気配を感じられます。  そんな陽気のなか、私セイジ・ルクスリアは、クリスティアさまと上空で肩を並べ── 「レフィリア! そっち行ったぞ!」 「承知! 合わせるぞ!」  終わりない戦いに明け暮れる聖騎士候補者たちの上空で、彼等の監視を粛々と務めております。 「魔王さま、さっきから何を仰って?」 「……失礼。自分がまだ人としての情緒を保てているのかと自問しておりました」 「顔色が優れませんわ。休憩なさってはどうでしょう?」  空中でひらりと身を回転させて、クリスが体を寄せてくる。いまだ魔王と呼ばれることには気恥ずかしさを感じられたので、無理やりに視線を転じて難を逃れた。 「ご安心ください。これも仕事ですから」  回答になっているような、いないようなことを呟いて、呑気に揺蕩っている秋雲を恨めしげに見上げた。  麗らかな空の色の下にするどい罵声が響いて、短い溜め息が無意識にこぼれ落ちた。  ──ことの発端は先月。フェルミーナ王城の謁見の間での会話に遡る。 「私が、聖騎士に……ですか?」  軽装に身を包んだレフィリアが、呆気にとられたような声と、それに見合う表情を浮かべた。後背には、レオンとクリス、セイジとマリーが、驚きつつも納得した様子で佇んでいる。 「うむ。今回の件、フロストライン嬢に落ち度はない。しかしルーレインとしても容易には引き下がれんだろう。境界線をめぐる作戦を独断で強行したうえ失敗し、それをわが国に拭わせたわけだからな」 「あの……お話が、よく……」  状況がつかめていない、というよりは、混乱しているのだろう。口を開閉させながら、身振り手振りでなにかを訴えようとしている。 「ルーレインにも聖騎士を在籍させることで、今回のような、あちら側の不満に端を発する問題の解消を期待する、ということですね?」  レオンが一歩前に歩み出て発言すると、国王は難しい顔つきのまま重々しく首肯した。 「その通り。そこで、フロストライン嬢には、来月に行われる聖騎士資格試験に参加してほしい。ルーレインとしても、聖騎士の資格保持者さえ抱えてしまえば、それなりに満足するだろうて、な」 「あとは、まあ、セイジが帰ってきた、というのもあるでしょうね」  他人行儀を全身に張り付けて直立していたセイジが、びくりと肩肘を強ばらせた。 「うむ。現役聖騎士のクリスティアが壮健なまま、前聖騎士まで凱旋したことを知るとなると、ルーレインとしても益々不満を募らせることだろう」 「では、私は彼の地へ姿を消したほうが……」  尻すぼみの声が、国王の満面の笑みで途切れた。過去、幾度も見たレオンの、巧みに貼り付けた笑顔によく似たものを感じ取ったからである。 「まあ待て、セイジ。そなた、ここに来るまでに誰ぞに素性を知られたか?」 「いえ、そのようなことは決して……」  そもそも、打った剣をクリスに手渡して、さっさと帰るつもりにしていたのである。現状がすでに避けるべき面倒事であるのに、このうえ公衆の面前で素性まで明かそうものなら、お祭り好きのフェルミーナのことである。帰るどころか、翌日には凱旋パレードまで始まりかねない。  だからこそ、趣味の悪い鎧と剣をファルマーに借り受けて、顔から火を出しながら『魔導王』などと自称してみせたのだ。  などというセイジの苦労は、果たして報われることも慮られることもなかった。 「よろしい。では、聖騎士セイジは、人の世に帰郷などしてはいない」  おもむろに、国王が玉座から腰を上げた。そのままセイジに歩み寄ると、脇に据えた、曰く趣味の悪い兜を掲げて、呆けているセイジの頭部にすぽりと被せた。 「彼の地の魔導王、人の世の英雄たちとともに、境界線より出ずる化け物を討伐す──」  役者めいた声色と口調で国王が語ると、脇を向いて震えていたレオンが、たまらずに噴き出した。そこまで言われてはじめて、セイジは自分に課せられるのであろう役目を理解した。 「そなたがセイジ・ルクスリアとして帰郷する決心がついたら、その鎧を外すとよい。それまでは、彼の地から馳せ参じた剣士を自称して、職務を全うしてもらう」 「正体を知られたくないからって、仕事を押し付けないとは言ってないからな。よろしく頼むぞ、魔導──」  苦笑を引きずりながら割り込んだレオンが、みずから発した言葉に首を傾げた。 「魔王、のほうが据わりがいいな。そうしよう」 「いや、レオ兄……」  怪しい方向に猪突する話を止めるべく、セイジが足を踏み出した。それを引き止めるかのように、セイジの腕をがしりと掴む手があった。振り返った先、騎士に憧れるような目をしたクリスが、今にも感涙しそうになりながらこちらを見つめていた。 「私はいいと思います、魔王さま……!」 「…………」  乾いた笑いをこぼすセイジと、羞恥心に追い打ちをかけるクリス。  早くもセイジを巻き込んだ国の展望を語る国王とレオン。 「私は、どうすれば……」 「ひとまず、おつかれさまです」  その中間、少し離れた場所で行き場を失うレフィリアを、マリーがそっと慰めた。  ……それから二週間、騒乱や剣呑といった類のものとは縁のない時が、ぱたぱたと慌ただしく過ぎていった。  聖騎士の資格試験の実施には、諸国の領主、すなわち王の認可が必要である。セイジ改め魔王一行は、フェルミーナ国王がしたためた書簡を手に、ルーレインへと飛び立った。 『万事、滞りなく』  レオンにそう告げて手渡されたフェルミーナ国王の書簡に目を通すと、ルーレイン国王は皺のはいった表情をわずかに歪めて、口惜しそうに書簡に署名した。 「レオンハルトどのが矢面に立つとは、事態はよほど深刻なのだな」  やむをえまい、と言いながら、ルーレイン国王はレオンに書簡をさしだした。疑問符を浮かべながら書面に目を落としたレオンは、そこに刻まれたみずからの名を視認して口を開閉させた。全回転する思考を上書きするように、送り出す際の実父のいやらしい表情が脳裏をよぎった。 「この書簡を以て、レフィリア・フロストライン――ならびにレオンハルト・フェルミーナの両名に、聖騎士の試験を課すことを認可する」  ルーレイン国王から告げられた事実を粛々と聞き入れたレオンは、御前からの退出後、狂ったような苦笑をこぼして、一瞬ののちに膝から崩れ落ちた。

著者コメント いつも欺く側の人間が膝を折る展開好きです

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • ちびドラゴン(えんどろ~!)

    くにざゎゆぅ

    ♡100pt 〇300pt 2022年5月17日 22時30分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    面白かったです。

    くにざゎゆぅ

    2022年5月17日 22時30分

    ちびドラゴン(えんどろ~!)
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年5月18日 4時17分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    うれしぬ

    羽山一明

    2022年5月18日 4時17分

    ミミズクさん
  • メタルひよこ

    うさみしん

    ♡1,000pt 〇200pt 2022年4月19日 6時27分

    締めの部分も大好きですが、序盤にある“動きのある中で思索に耽る”描写が巧みであります! 何かこう嘆息しながらも眼下の様子を目で追うセイジの姿が目に浮かんだであります押忍!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    うさみしん

    2022年4月19日 6時27分

    メタルひよこ
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年4月19日 9時08分

    主人公とはいいますが、主人公のためだけの世界ではないので、何もしない、考えない、といった時間はありえないと思うのです。主人公含め、誰しも進んでいる時のなかでなんかやってるんです。そういうのは意識して書いてます!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    羽山一明

    2022年4月19日 9時08分

    ミミズクさん
  • くのいち

    葵乃カモン

    〇200pt 2021年6月8日 15時53分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    楽しい時間をありがとう!

    葵乃カモン

    2021年6月8日 15時53分

    くのいち
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2021年6月11日 5時12分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ありがてえありがてえ

    羽山一明

    2021年6月11日 5時12分

    ミミズクさん
  • うどん

    朴いっぺい

    ♡1,000pt 〇100pt 2022年9月27日 17時51分

    粛々としながらも、コミカルな雰囲気に脱帽です。翌日に凱旋パレード、って…フェルミーナ国民、即応力高すぎますね(笑)

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    朴いっぺい

    2022年9月27日 17時51分

    うどん
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年9月27日 23時27分

    あんまり言及していませんが、フェルミーナは「自由の国」という二つ名があります。国の成り立ちや国王の気質が相まって、みんなお祭り大好きです。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    羽山一明

    2022年9月27日 23時27分

    ミミズクさん
  • メタルひよこ

    うさみしん

    ♡1,000pt 〇100pt 2022年1月18日 6時13分

    私も仕掛けた方が踊らされてたって展開、大好きです! 次こそは、次こそはって何度も踊らされてなお奮起する展開でキャラの成長が見れるのも大好き! そんな展開も期待しつつ読み進めてまいりますぞ!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    うさみしん

    2022年1月18日 6時13分

    メタルひよこ
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年1月18日 8時44分

    ありがとうございます。今回はただの親子同士の化かし合いですが、送り込まれる先が悪名高い試験とあれば、笑って済ませる事態ともいえず。この先の展開がお眼鏡にかなうことを祈りつつ、本作第一部は、少年少女たちの苦悩と成長の物語である、とだけお伝えいたします。頑張ります。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    羽山一明

    2022年1月18日 8時44分

    ミミズクさん

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ナーロッパ戦記②~小国の王太子、優秀だが口煩いからと婚約破棄された大国の貴族令嬢を妻に迎え、彼女の力を借りて乱世での生存を目指す

    異世界中世×婚約破棄×戦記小説

    12,600

    50


    2022年10月4日更新

    小国リューベック王国の王太子アルベルトの元に口煩いからと婚約破棄された隣国にある大国ロアーヌ帝国のピルイン公令嬢アリシアとの縁談話が入る。拒めず、婚姻と言う事になったのであるが、会ってみると彼女はとても聡明であり、絶世の美女でもあった。アルベルトは彼女の力を借りつつ改革を行い、徐々にリューベックは力をつけていく。一方アリシアも女のくせにと言わず自分の提案を拒絶しないアルベルトに少しずつひかれていく。徐々にリューベック王国が力をつけていく中、後にフェリオル戦争と呼ばれる大戦が勃発し、リューベックもそれに巻き込まれていく事になる。リューベック王国は生き残る事が出来るであろうか

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:8時間18分

    この作品を読む

  • レベルアップに魅せられすぎた男の異世界探求記(旧題カンスト厨の異世界探検記)

    あらゆるレベルをカンストさせていく冒険!

    2,000

    0


    2022年10月4日更新

    ハーデス 「ワシとこの遺跡ダンジョンをそなたの魔法で成仏させてくれぬかのぅ?」 俺 「確かに俺の神聖魔法はレベルが高い。神様であるアンタとこのダンジョンを成仏させるというのも出来るかもしれないな」 ハーデス 「では……」 俺 「だが断る!」 ハーデス 「むっ、今何と?」 俺 「断ると言ったんだ」 ハーデス 「なぜだ?」 俺 「……俺のレベルだ」 ハーデス 「……は?」 俺 「あともう数千回くらいアンタを倒せば俺のレベルをカンストさせられそうなんだ。だからそれまでは聞き入れることが出来ない」 ハーデス 「レベルをカンスト? お、お主……正気か? 神であるワシですらレベルは9000なんじゃぞ? それをカンスト? 神をも上回る力をそなたは既に得ておるのじゃぞ?」 俺 「そんなことは知ったことじゃない。俺の目標はレベルをカンストさせること。それだけだ」 ハーデス 「……正気……なのか?」 俺 「もちろん」 異世界に放り込まれた俺は、昔ハマったゲームのように異世界をコンプリートすることにした。 たとえ周りの者たちがなんと言おうとも、俺は異世界を極め尽くしてみせる!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間42分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る