境界線上の魔王

読了目安時間:9分

エピソード:4 / 142

2022-6-19 15:00 序盤4話を全面改稿しました。 流れは変わりませんが、区切る場所は変わっています。 続きを読みに来られた方、すみません。

0-4 あの背中を追って

「どんな具合だ?」  人気の無い城壁の足元、兵舎との間に申し訳程度に植えられていた灌木の裏側。その隙間に光る銀髪を見いだして、セイジはおもむろに周囲を確認した。薄暗闇の向こう側ではいまだ喧噪が充満しており、散会を迎えた剣戟の余韻に浸りながら、楽しげに談笑する人たちの熱気は今しばらくおさまる気配がみられなかった。  芝生の上で座り込んでいたマリーが、セイジの問いかけに嬉しそうに顔をあげ、名を呼びかけてはっと口を噤む。フードに隠れた唇のうえに人差し指をあてたセイジが、くすりと笑ってすぐに表情を改める。 「予後良好です。補給剤を数滴飲ませて快復したところをみると、単純に魔力が枯渇したのかなと」 「じゃ、たぶん魔力欠乏症だな。大事なくてよかったよ」  魔法使いの天敵である重篤症状の名を苦々しげに呟いたセイジが、マリーの膝上に横たわる魔導師に目を配らせ、次いで周囲で立ち尽くしていた仲間らしき人影に顔を向けた。 「宮廷魔導師団の方々ですよね? 応急処置だけはしておきましたので、あとは治癒魔法の使い手に委ねれば問題はないはずです」  淡々と語られたセイジの声に対し、返ってきたのは沈黙だけであった。  横たわっていた男の体を持ち上げたセイジが、後は任せた、と言わんばかりに差し出した。  なおも押し黙る魔導師たちであったが、フードの隙間から覗いたセイジの口元が不機嫌そうに引き締まるのをみとめると、渋々ながら男の身柄を引き継いだ。 「あの――」 「詮索は、ご勘弁を」  背を向けたセイジに何かを言いかけた魔導師の言葉は、視線すら合わせずに返された声に冷たく二の句を封じられた。素っ気ないやり取りを寂しげに見守っていたマリーが、何かを言いたげに開いた唇をきゅっと結び、代わりに手のひらを差し伸べた。 「帰りましょうか」  その手を握り返したセイジが、ぎゅっと身を寄せてきた嬉しそうな笑顔に頬を緩めて、銀糸のような細やかな艶のある長髪をやさしく撫でた。セイジの手櫛が髪の隙間を滑るたび、ふわりと流れる前髪が目に入らないように、と、紅緋色の瞳が閉じて開いてを忙しげに繰り返した。 「ごめんな。また今度、時間作るよ」 「いいえ。逢い引きみたいで楽しかったですよ」 「逢い引きって、お前なぁ……」 「ふふふ、冗談ですよ」  仲睦まじい会話が、かけるべき言葉を見失った魔導師たちから遠ざかり、暗がりに消えていった。    それと入れ替わるように別の方向から足音が転がり込んできた。立ち尽くすばかりの魔導師たちのもとに姿をみせたのは、大団円の主演をつとめた聖騎士クリスティアと、彼女によく似た金色の頭髪をもつ長身の男であった。 「クリスティアさま!」 「はい、事情はお兄さまから伺っております」  弾かれたように声をあげた魔導師に頷きを返して、クリスティアはその腕に力なくおさまっていた男の顔へと手を伸ばした。  先ほどまでの喧噪とは別世界のような静寂に、ぽつり、涼やかな水音が心地よく響いた。純白の光を帯びた手のひらから、煌々と輝く一雫が男の唇の隙間にふわりと舞い落ちると、繰り返し漏れ出していた小さな呻き声が緩やかに収まっていく。  ほう、と息を吐いたクリスティアが、鮮やかな治癒魔法に見惚れた男たちの前で唇を結び、力なく頭を下げた。 「ごめんなさい。私が無理を言って、前夜まで練習に付き合わせてしまったせいですわ」 「お前だけのせいじゃねえよ、クリス」 「でも……っ!」  背後に立っていた男の優しく諭すような声に、クリスティアはかえって憤るかのように勢いよく振り返る。 「あんな大がかりな魔法、ひとりを欠いた状態で続けるなんて、それこそ――」 「……違う。後半、おれたちは何もしていない。誰かがあの場を引き継ぎ、取り計らってくれたんだ」  勢いよく跳ね上がったクリスティアの目が、疑念と驚愕を帯びて見開いた。その瞳と同じ色をした男の琥珀の瞳に、躊躇いをしめすような陰がさしていく。 「何を、言って……?」 「お前と戦っていたのは、人間だ」  重苦しく放たれた言葉の意味に、クリスティアはその場の誰よりも速く辿り着き、誰よりも強く心を揺さぶられた。  誉れ高き聖騎士の称号。それは、冠する者に並び立てる者など存在しないという何よりの証左。  ――例外があるとするならば、それは同じく聖騎士のみである。 「そういえば、さっきの男……」  いびつな輪形をかたどっていた男たちのひとりが、ぽつりと声をこぼした。いっせいに耳目を浴びながら、男はどこか独り言のように言葉を続けた。 「遠目からでしたので憶測ですが、先ほど、上空で殿下と応酬を繰り広げていた魔力と同じ気配がしました」  その言葉が何を意味するか、一様に理解が及んだのであろう。流れるように走ったクリスティアの視線を浴びて、みなが次々に同意をしめすように頷いていく。 「その方は、今、どちらに……?」 「城壁に沿って、門の方角へ――」  男が指先を持ち上げるより速く、クリスティアは駆けだしていた。  誰とも知れぬ男の背中を追って、どことも知れぬ場所に向けて。枯れかけた魔力も、尽きかけた体力も、すべてを忘れてただ石畳を蹴り続けた。  視界の奥に街灯の光が浮かび上がっては、両端に流れて消えていく。楽しげに歩いていた人々の隙間を突風のごとく潜り抜け、敬礼をほどこした門番に相槌すら返さずに、かすかに感じられる魔力の気配をなぞって、ただ、前へ前へと突き進んだ。  橋を越えて飛び出した先からほど近い丘の上。人工物が姿を消し、夜に覆われて群青色に輝く草原。  淡い月光が降り注ぐだけの儚い景色が広がるその先に、彼女はふたつの人影を見いだした。 「待って……!」  立ち止まり、今まさに空へ吸い込まれていく人影に向けて、渇いた喉を奮い立たせる。疲労を示すような掠れた声が弱々しく飛び出すと、凜と引き締まった顔立ちが幼子のように弱々しく変わった。  ならば、と、動きをとめた体に魔力を滲ませたその直後、背の低い人影が何かに気がついたように振り返った。次いでその輪郭がゆっくりと高度を下げはじめると、隠しきれない気配と魔力が次第に鮮明になっていく。  さらさらと流れていた風が凪いで、葉風の音がいっせいに黙した。舞い下りたふたつの人影がゆっくりと踏みならす草の音が、会話のない時を心地よく埋めていく。  隠れていたローブの色が月光に濯がれて、クリスティアは長く息を吐いた。その風貌が、紛れもなく上空で剣を交わした相手のものであることは、魔力を推し量るまでもなく明らかであった。 「……先ほどは、ありがとうございました。それと、ごめんなさい。魔力人形であると勘違いしたまま戦ってしまいまして……」 「気にしないでください。できることをしたまでですので」 「謙遜なさらないでください……。それで、あの、お礼をさせていただきたく思うのですが」 「いえ、先を急ぐもので。すみませんがご遠慮させていただきます」  会話を拒絶するようなそっけない回答を立て続けに浴びて、クリスティアはゆっくりと一歩を踏み込んだ。 「間違っていたならすみません。あなたはもしや、セイジ・ルクスリアさまではないでしょうか……?」 「……いいえ」  初めてみせた沈黙の奥から動揺を感じ取って、さらにもう一歩。重い足を持ち上げて詰め寄る。 「ひと目だけでよいのです。どうかお顔をお見せ願えないでしょうか。どうか……」 「……すみません。自分は王女殿下に顔を晒すほど大した人間ではありませんので」  言い切らないうちに、問答をしていた人影がもうひとりと手を繋ぎ、音もなく上昇をはじめた。追い縋るように空を見上げたクリスティアに向けて、押し出すように手のひらをかざしてみせる。 「風魔法はおやめください。それ以上魔力を使うと、あなたまで魔力欠乏症になってしまいます。どうかご自愛ください」  無理を通してでも、と、全身に込めていた力がすっと抜けていった。  気遣いから放たれたはずのその一言は、剣戟の場においてすら加減されていたことを証明する一言でもある。  肩を並べるどころかこちらの技量に合わせてくれたであろう示唆を浴びて、クリスティアは消えゆく人影を力なく見守ることしかできなかった。  ぼんやりと落ちてくる月日を浴びていた体を翻し、まさに帰ろうと振り返った直後、視界の端に光る何かがうつりこんだ。それはクリスティアの瞬きに重なるように明滅を繰り返すと、少し離れた草むらの上に音をたてて舞い落ちた。 「あれは……?」  ゆったりと歩み寄くと、何かの装飾品だろうか、小さな銀板が鈍色の光を跳ね返して草の根に転がっていた。  拾い上げ、泥を払いのけた手の動きが、息をのむ音とともにぴたりと止まった。  細い鎖に繋がれた、簡素なつくりの首飾り。  そこに刻まれていたのは、英雄にのみ身につけることを許された見覚えのある意匠と、かつて憧れ追い求めた人の名。  ――フェルミーナ王国第二聖騎士 セイジ・ルクスリア―― 「……嘘つき……」  悲しげに呟いたクリスティアは、人影が消えた北の空をもう一度振り仰いだ。無意識に握りしめた首飾りが、熱っぽい手のひらにわずか冷えた感触を滲ませて、すぐに人肌に溶けていった。 …… ………… ……………… ……………………  その三日後。  聖騎士クリスティアの姿は、その称号を誇る者だけが渡ることを許された『境界線』のもとにあった。 「…………」  かつては人々を潤す大河であった水面から立ち上る、天を貫き、大地を両断する光の壁。  見上げたクリスティアの横顔は、緊張によるものか、拭い切れていない疲労のせいか、どこか憂いを帯びていた。 「こんな短期間の間に、二度もここを訪れることになるとは思いませんでしたわ……」    ぽつりと零したその声からは、剣戟を披露した英雄の気配は窺えない。  そこにあったのは、ただ年相応の幼さをみせる無垢な少女の姿であった。 「セイジさま……」  俯いた視線の先、腰に下げた革袋にのびた手が、鈍色に光る首飾りを掬い上げた。  名声を得る遙か昔から憧れ、追い縋り、ようやく手にした第二聖騎士へと繋がる手がかり。  去りゆく背中を見送ったあの夜より鮮明な『セイジ・ルクスリア』の名が、そこに刻まれていた。  ――生きていた。また会えた。  ほの明るい思いと同居する、灰色の不安。  なぜ帰らないのか、なぜ身を潜めていたのか。  その真相に、その思いに。触れていいのか。覚悟はあるのか。  療養の傍ら、答えのないその問いかけに、クリスティアは悩み続けた。  父王と兄に打ち明け、反対されながら、それでも彼女は旅立つことを決意した。  聖騎士として、英雄として、真実と向き合うことから目を背けてはいけない。  たとえどんな事情であろうと受け入れてみせる。力になってみせる。  そのために積み重ねた日々を、辿り着いた今を、無駄にはしたくない。  強く純粋な意志を胸に、クリスティアはゆっくりと顔をあげた。 「クリスティア、参ります!」  弾けるような表情と声をあげたクリスティアの体がふわりと舞い上がり、光の壁に触れた。  わずかな抵抗の直後、少女の体は人の世から消失した。  ……彼女には、知る由もなかった。  この選択が、彼女自身はおろか、憧れの相手の運命さえも大きく変えていくことを。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • マンドラゴラ(覚醒ver.)

    ……くくく、えっ?

    ♡2,000pt 〇500pt 2022年6月1日 8時04分

    頑張るって言う言葉は無理を推すって事ですし、頑張ってと人に言うのは他人事で無責任な語だと思っているわたしとしては『適当』という語の方が余程良いことの様に思ったり。海外には頑張るという言葉すら無い国もありますし正体不明な言葉な訳です。本当にご無理はなされませんように。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ……くくく、えっ?

    2022年6月1日 8時04分

    マンドラゴラ(覚醒ver.)
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年6月1日 9時59分

    お世話になっている整体の先生からも、常々「きみは寝ているときですら考えている」と言われています。オンとオフの切り替えが致命的に下手なんだと思います。でも、たぶん大丈夫です。本当にだめになったらきっと書けなくなるんで……。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    羽山一明

    2022年6月1日 9時59分

    ミミズクさん
  • マンドラゴラ(覚醒ver.)

    ……くくく、えっ?

    〇500pt 2022年5月31日 21時19分

    >買い時が行方不明 本当に(´Д⊂ヽ てか更新分に改稿に、コンテストのと……プライベート天手古舞そう。ご無理はされませんようm(__)m

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ……くくく、えっ?

    2022年5月31日 21時19分

    マンドラゴラ(覚醒ver.)
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年5月31日 23時22分

    頑張ります。ありがとうございます……! 無理はする。無茶はしない。歳を取ると、たぶん意地を張ることもできなくなるので。仕事が激化しないうちに。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    羽山一明

    2022年5月31日 23時22分

    ミミズクさん
  • マンドラゴラ(覚醒ver.)

    ……くくく、えっ?

    ♡500pt 〇300pt 2022年6月22日 1時31分

    やっとVプリカが、のべらポイントに沈みやがったもんで感無量で……(´Д⊂ヽお仕事中でコメできなかったから、とりあえずスタンプ連打したした次第で。んで、おおッ?!赤ありました?(汁)そいつは、うっかり……。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ……くくく、えっ?

    2022年6月22日 1時31分

    マンドラゴラ(覚醒ver.)
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年6月22日 9時19分

    四連続で泣かれてもらい泣きしそうになりました。ええ。時間がなければお時間おいても構いませんので……あ、あと、今週末から、手がけた短編の続編ということで、もう一本長編を始めます。そちらもよろしければ。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    羽山一明

    2022年6月22日 9時19分

    ミミズクさん
  • ちびドラゴン(えんどろ~!)

    くにざゎゆぅ

    ♡100pt 〇300pt 2022年5月1日 20時55分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    えんどろ~!ファイ

    くにざゎゆぅ

    2022年5月1日 20時55分

    ちびドラゴン(えんどろ~!)
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年5月1日 22時56分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    感無量!

    羽山一明

    2022年5月1日 22時56分

    ミミズクさん
  • マンドラゴラ(覚醒ver.)

    ……くくく、えっ?

    〇300pt 2022年6月21日 16時07分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    号泣

    ……くくく、えっ?

    2022年6月21日 16時07分

    マンドラゴラ(覚醒ver.)
  • ミミズクさん

    羽山一明

    2022年6月21日 17時46分

    こっちまで泣きそうです。ありがとうございます。かくなる上は……おすすめチケットとかいう究極のカウンターをもって迎撃措置をするしかない……!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    羽山一明

    2022年6月21日 17時46分

    ミミズクさん

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ナーロッパ戦記②~小国の王太子、優秀だが口煩いからと婚約破棄された大国の貴族令嬢を妻に迎え、彼女の力を借りて乱世での生存を目指す

    異世界中世×婚約破棄×戦記小説

    12,600

    50


    2022年10月4日更新

    小国リューベック王国の王太子アルベルトの元に口煩いからと婚約破棄された隣国にある大国ロアーヌ帝国のピルイン公令嬢アリシアとの縁談話が入る。拒めず、婚姻と言う事になったのであるが、会ってみると彼女はとても聡明であり、絶世の美女でもあった。アルベルトは彼女の力を借りつつ改革を行い、徐々にリューベックは力をつけていく。一方アリシアも女のくせにと言わず自分の提案を拒絶しないアルベルトに少しずつひかれていく。徐々にリューベック王国が力をつけていく中、後にフェリオル戦争と呼ばれる大戦が勃発し、リューベックもそれに巻き込まれていく事になる。リューベック王国は生き残る事が出来るであろうか

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:8時間18分

    この作品を読む

  • レベルアップに魅せられすぎた男の異世界探求記(旧題カンスト厨の異世界探検記)

    あらゆるレベルをカンストさせていく冒険!

    2,000

    0


    2022年10月4日更新

    ハーデス 「ワシとこの遺跡ダンジョンをそなたの魔法で成仏させてくれぬかのぅ?」 俺 「確かに俺の神聖魔法はレベルが高い。神様であるアンタとこのダンジョンを成仏させるというのも出来るかもしれないな」 ハーデス 「では……」 俺 「だが断る!」 ハーデス 「むっ、今何と?」 俺 「断ると言ったんだ」 ハーデス 「なぜだ?」 俺 「……俺のレベルだ」 ハーデス 「……は?」 俺 「あともう数千回くらいアンタを倒せば俺のレベルをカンストさせられそうなんだ。だからそれまでは聞き入れることが出来ない」 ハーデス 「レベルをカンスト? お、お主……正気か? 神であるワシですらレベルは9000なんじゃぞ? それをカンスト? 神をも上回る力をそなたは既に得ておるのじゃぞ?」 俺 「そんなことは知ったことじゃない。俺の目標はレベルをカンストさせること。それだけだ」 ハーデス 「……正気……なのか?」 俺 「もちろん」 異世界に放り込まれた俺は、昔ハマったゲームのように異世界をコンプリートすることにした。 たとえ周りの者たちがなんと言おうとも、俺は異世界を極め尽くしてみせる!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間42分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異世界村開拓 ~健気な異世界転生人と訳ありモンスター~

    健気な美少女が活躍するファンタジー

    56,300

    300


    2022年10月4日更新

    テロにあった山手線の車両の7号車に乗っていた乗客の内、五十人が少年少女として異世界転生させられた。 異世界転生したら、転生者がチートスキルで無双するのが、定番だが、この物語はさにあらず。 五十人も転生させた神が、チートをして、無双する中、健気にかんばって異世界生活をする少年少女の物語である。

    読了目安時間:3時間13分

    この作品を読む

  • 我が槍、ご照覧あれ

    徳川家光と槍者 高田又兵衛の奇縁

    106,200

    542


    2022年9月14日更新

    徳川家三代目将軍となる竹千代(家光)の心は荒んでいた。元来の吃音のせいで傅役や小姓とも心を通わせられず、幾人に恵まれていても己が心の内をさらけ出せない鬱屈とした日々が続いていた。ある日、やむを得ず人を斬った折りから竹千代は人斬りの快楽に目覚めてしまう。夜な夜な江戸城下をさまよい人を斬り続ける竹千代。お付きの小姓たちは止めることも諫めることもできなかった。そんな竹千代の前に十文字槍を振るう男が立ち塞がる。 「宝蔵院流高田又兵衛吉次! 弟子の仇を討ちに参ったぁ!」 現代まで受け継がれる宝蔵院流高田派槍術の創始者、高田又兵衛。 『槍の又兵衛』として日ノ本に名を轟かせた彼の者こそ、徳川三代目将軍家光が最後に会いたいと焦がれた男である。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間15分

    この作品を読む