SF 長編 連載中

SLUMDOG

作者からの一言コメント

生きるために戦う、少年達の軌跡

読了目安時間:30時間20分

SLUMDOGの表紙

時は第二次科学戦争末期。 スラム街の極東イグルスに住む少年ショウ・マクレイア(12歳)は幼い弟妹たちのために、幼馴染のソルクスと共に少年兵として生きていく事を決意する。 これは、過酷な戦場を生き抜いた少年たちの物語。 ※pixiv小説、小説家になろうにも掲載されております。 ※この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。 ~連載日程~ 毎週水曜に最新話が更新されます! 週1更新となりますが、ごく稀に記念小説など掲載する際など週2になる場合がございます。 何卒、よろしくお願い致します。 挿絵協力:野武丞 様

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 SLUMDOG
作者名 朝日龍弥
ジャンル SF
タグ シリアス ヒューマンドラマ アクション/バトル 戦記 男主人公 ミリタリー R15 ハードボイルド 少年兵 HJ大賞2020後期
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年4月25日 0時00分
最終投稿日 2021年7月28日 0時00分
完結日 -
文字数 910,176文字
読了目安時間 30時間20分
ブックマーク登録 108件
コメント 573件
スタンプ 733件
ビビッと 185件
応援ポイント 1,019,200pt
ノベラポイント 5,920pt
応援レビュー 6件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • (2020~)SF×古事記「TOKIの世界譚」~新たな時神の物語

    SFしてる創作日本神話!

    100

    0


    2021年8月1日更新

    新シリーズです! 新しいTOKIの世界シリーズがスタート! 少女リカは尊敬している小説家の先輩、マナに夜中の公園に来るように言われた。 疑問に思いながらも、なんとなくついていったらTOKIの世界とやらに飛ばされてしまった! このTOKIの世界とはマナが書いたと思われる小説の世界だった。 リカは「毎回経験したことがある」ような違和感を覚えつつ、「毎回初めてのように」その世界にたどり着く。 リカは元の世界にたどり着けるのか。 「TOKIの世界」と呼ばれている、このパラレルワールドに関与しているマナとは一体!? というSF日本の神さま物語です! ちなみにエタりませんのでご安心を! 評価はおもしろかったら、ぜひ、してください! 感想もお待ちしています!(*´-`) ※異世界転移? のジャンルになるかもしれないので、とりあえずジャンルをそうしました。 星空文庫、wattpadでも投稿中です!

    読了目安時間:1時間16分

    この作品を読む

  • あげは紅は○○らしい

    女子高生が主役の学園SF物です。

    1,800

    0


    2021年8月1日更新

    高校2年生の紅あげはは、共稼ぎの両親の代わりに家事と弟妹のめんどうをみる元気な女の子。 とこにでもいる普通の女子高生だったのに、近頃学校の様子がおかしい。女子同士でパンツを見せ合う[パンチラファイト]が流行っているのだ。 興味が無くそれに参加していなかったために、あげははパンツを履いていないのではないかという噂が流れ始めてしまった。

    読了目安時間:1時間1分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • リア充爆ぜろ委員会

    百合だが何か問題でも?

    127,200

    100


    2021年7月31日更新

    カップルを見たら、どんな手を使っても別れさせろ。 この春、最上級のお嬢様学校の私立慶蘭《けいらん》女子高等学校に入学した真面目な由宇と、自由人の理亞。 部活に入らなければならない校則で、軽音部に入りたかった由宇。しかし、理亞は、面白そうと言う理由だけで、由宇を無理矢理「リア充爆《は》ぜろ委員会」へ引きずり込む。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間30分

    この作品を読む

  • クリムゾンナイト~傀儡英雄と亡国の予言~

    【第一部完結】これは作られた英雄譚

    162,000

    600


    2021年7月31日更新

    峻険な山々と荒海に囲まれた永世中立国モノリス。 それは五世紀も昔のことだ。 とある著名な魔術師が突如として訪れ、数々の奇跡とともに一つの予言を残し去っていった。 ~この国は、五百年後に滅ぶ~ 偉大な魔術師の残した予言に人々は畏怖した。だが長い歳月によって予言は風化し、いつの間にか忘れ去られていく。 その日が迫るにつれ大陸全土を巻き込む不穏な事態が相次ぎ、人々はかの予言を思い出した。そして気づいたのだ。その日がすぐそこまで迫っていることに。 亡国の予言、呪いと言い換えてもよいそれに対抗するため、国王直属部隊として魔術特務師団が急遽編成された。 とある事変を解決した功績が考慮され、若き英雄ヴィンス・アスカムは特務准将という破格の階級とともに師団長に任ぜられたのだった。 深紅の装束は英雄の称号を叙せられた彼だけに着用が許されている。その勇猛さと華麗さから、時に畏敬を込めて、時に嫉妬を秘めて、人々からクリムゾンナイトと呼ばれていた。 さまざまな思惑が渦巻く中、クリムゾンナイトは今日も街を駆け巡る…… ※毎週土曜日13:30更新予定です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6時間43分

    この作品を読む