Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

神様のガチャガチャから産まれた短編物語

読了目安時間:1分

テーマ:公園 キャラクター:ひもじいジジイ ジャンル:大航海時代

【SF?】ひもじいジジイと大航海時代

「航海王に俺はなる!」  こうして、チェリンブスは、新たなる大陸を目指し、大海原へ、世界へと飛び出した。もし、この星が丸いなら、必ずこの西の果てに新たなる大陸があると、そう信じ。  そして、数十年の月日が流れ、大海原の向こう、その陸地が見えて来た。 「あった。あったぞー!」  海岸へ船をつけ、歴史ある第1歩を踏み出す。助手のヒナーコと共に、陸地を歩く。すると、全身真っ黒の腰に布を巻いたおじいさんが、陸地をはっているのが見えた。 「ウニュ~ウニョラ~~ウニュニュニュ~~」  駄目だ……言葉が通じない。だが、敵意があると言うより……。 「お腹すいてるの?」 「ニュニュ~……」  チェリンブスは懐からパンを取り出し、ひもじいじじいへと差し出す。そのままパンへ被りつくひもじい原住民。じじぃは原住民マサディアンの長だった。数日後、チェリンブスの非常食、パンによって救われた原住民と彼等は握手を交わす。  そして、数百年後。  海賊船のようにも見える船型の滑り台。公園の中央には、腰布を巻いたおじいさんと麦わら帽子を被った男が握手している銅像があった。滑り台を滑って遊んでいた子供が、公園のベンチに座る毛むくじゃらのおじいさんを不思議そうに見て声をかける。 「ねぇ。あの銅像、おじいちゃん?」 「あれはこの国を救った英雄とご先祖様の銅像じゃよ。あの銅像はおじいちゃんではないが、君のご先祖かもしれんのぅ」 「へぇ~よくわかんないや」  麦わら帽子を被った男の子は鼻をすすって笑う。おじいさんはその笑顔を見て満足そうに頷き、子供へひと言。 「ところで、パンか何かくれんかのぅ?」

Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • 化学部部長

    アキラル(空気)

    ビビッと ♡700pt 2021年1月16日 20時41分

    《「ところで、パンか何かくれんかのぅ?」》にビビッとしました!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    アキラル(空気)

    2021年1月16日 20時41分

    化学部部長
  • きつねうどん

    とんこつ毬藻

    2021年1月17日 14時17分

    やったーー( ≧∀≦)ノ ビビっとありがとうございます(*^^*)時を超えたヒモジイじじいでした(^-^)/

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    とんこつ毬藻

    2021年1月17日 14時17分

    きつねうどん
  • きつねうどん

    伝書梟

    ♡100pt 2021年1月17日 13時56分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    見事なお点前で

    伝書梟

    2021年1月17日 13時56分

    きつねうどん
  • きつねうどん

    とんこつ毬藻

    2021年1月17日 14時19分

    (/・ω・)/わーい 短編集までありがとうございます(´ー`)ストックがだいぶなくなったので時々投稿になりそうですー。今後ともよろしくお願いしますー(^-^)/

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    とんこつ毬藻

    2021年1月17日 14時19分

    きつねうどん
  • ラティナ(うちの娘)

    咲蘭

    ♡100pt 2021年1月16日 20時50分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    好きっ!

    咲蘭

    2021年1月16日 20時50分

    ラティナ(うちの娘)
  • きつねうどん

    とんこつ毬藻

    2021年1月17日 14時18分

    わたしも♡(すたんぷ)数作品まだあげてなかったものあったのであげてみました。ヒモジイじじいってどんなお題よって突っ込みたくなりますよね(笑)ありがとうございます(*^^*)

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    とんこつ毬藻

    2021年1月17日 14時18分

    きつねうどん

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 君の手を掴んで離さないように

    執事×お嬢様のラブコメです。

    65,410

    120


    2021年7月26日更新

    箱入り娘のお嬢様女子高生・白樺柚葉は、ある日父親に「親元を離れて暮らしなさい」と命じられた。 ファザコン気味の柚葉はすんなりと承諾。しかし電車の切符も一人では買えない彼女に一人暮らしは何かとハードルが高い。 そんなお嬢様の元に、かつて遠くに旅立った幼なじみの少年であり、捨て子でもある秋賀野尋斗が帰って来た。 十年ぶりの再会に柚葉は多いに喜んだものだが、大きく立派に成長していた彼は、彼女が必要としていない執事になっていた。白樺には代々執事を婿として迎え入れる慣わしがあり、つまり尋斗は柚葉の婚約者ということになる。 「私は執事なんていらないわ」 「俺と結婚してくれ」 そして始まったルームシェア。何だかちょっと噛み合わない二人だが、どうにかこうにか同棲生活を送っていく。 ある日、尋斗の本当の両親が現れて彼とやり直したいと口にする。けれど彼自身は実の両親を拒絶しており、柚葉はその事で頭を悩ませる。 世の中、どうにもならない事はある。それをすんなり受け入れられるほど彼女は大人ではない。けれど、この問題を上手く解決出来ないのもまた事実。 そんなお嬢様の気持ちを知っていながら、執事は求愛を止めたりはしない。 「わたしの執事になって欲しい」 幼い頃に交わした口約束を、彼は愚直に守り続けているのだから。 恋愛クソザコお嬢様のラブコメディ、始まります。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:13時間28分

    この作品を読む

  • 月影の砂

    五人の少年少女の英雄物語

    59,000

    215


    2021年8月1日更新

    突如として現れた邪悪なる魂、おとぎ話に語られる《絶望》。それは最初の英雄と呼ばれる五人の手によって封印された。 やがて千年の月日が流れ、五つに分けられた封印のクリスタルから絶望の魂の一部が解放されてしまう。 絶望は一人の少年を乗っ取り、己の野望を果たすためにひっそりと動き始める。 封印が解けたことに気づいた月の女神は、解き放たれた絶望を倒すために五人の少年少女に特別な力を与える。 のちに最後の英雄と呼ばれるこの五人のうちの一人、ルーセント・スノーは唯一絶望を倒すことができる守護者を与えられた。 田舎町の道場で剣術を習っていただけの少年は、仲間を探すために世界をめぐり、国を守るために将軍として軍を率いて、いまだ見ぬ絶望に立ち向かっていく。 ――――――――――――――――――――――――― <おしらせ> Teapotノベルスにて、書籍化に向けての応援を募集しています。 https://teapot-novels.com/vote/#item-494 ここから応援をお願いします。 現在、読みやすくするために修正中。1-終話まで完了(2020/12/29) ※一部の修正が完了しました。二部以降も修正したいですが未定です。一部と矛盾してるところも出てくるかもしれません。 サブタイトルの話数表記を変更しました。(2020/12/19) ※縦組みを想定して行間を詰めて書いています。 いつもスタンプ・ポイント、ブクマ等ありがとうございます(≧∇≦)

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:20時間9分

    この作品を読む