異世界ファンタジー 長編 連載中

文具使いの殺神者〜異世界で文具はチートでした〜

作者からの一言コメント

コメントよろしくお願いします。

この物語は、主人公が本当に望んでいたものを手に入れ、その後の人生を綴ったものである。主人公の名は、雲鳥陽希(ハルキ)。彼は、学校でいじめられていた。そんな彼を、家族はずっと支えていたが、ある日...。これは、始まりの物語。 ※アルファポリス様でも投稿しています。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 文具使いの殺神者〜異世界で文具はチートでした〜
作者名 黒と猫
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 異世界 文房具 クラス転移 主人公最強 いじめ 成り上がり 成長 一途 アクション/バトル 男主人公 転生/転移 チート
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年10月19日 7時06分
最終投稿日 2020年11月2日 22時25分
完結日 -
文字数 15,187文字
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 2件
ビビッと 0件
応援ポイント 300pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • おね魔人とショタ神官のハッピーなお話です

    ♡9,100

    〇130

    異世界ファンタジー・連載中・44話・125,657字 深海さばらん

    2021年3月7日更新

    ◯どんな話? 疑似デスループで強くなった最下級神官プリシラ(♂)が、色んなお姉さんとあれやこれやしつつ成長するお話です。 ○あらすじ パメラは魔王四天王が一柱を務める最高位の魔人であり、非常に享楽的な性格だった。 絶大な魔力を持つ彼女が自らの欲求を満たさんと全力で突っ走るとき、巻き起こすトラブルの風は竜巻となり、周囲の魔人をこれでもかと翻弄した。 その後、”光”と”闇”との戦が始まると、彼女は大軍を率いる立場になったが――彼女の性格は変わらなかった。軍団の将でありながら自ら突撃しては敵を蹴散らし、引き裂き、返り血まみれのまま狂ったように笑う。 戦が始まってから数年もすると、彼女は両陣営から恐れられる存在となっていた。 ――というわけで、 『うっそでしょ!?』 ”光”と”闇”とが激突する最終決戦の時、魔王四天王が一柱、”邪悪なる闇”パメラは背後から討たれた。 ・ ・ それから百年後。彼女は復活を果たし、ヒトのものとなった大地を空から見下ろしていた。 復活したばかりで魔力は充分ではない。そして、追われる身でもあるのだから早急に魔力を補充しなくてはならない。 (……?) と――パメラは見下ろした先に小柄なヒトを発見した。黒髪黒目。法衣の上から胸当てをつけた男性である。 (魔力補充のチャンス!) ほくそ笑んだ魔人は獲物に向かって急降下を始めた。右足を突き出し――叫ぶ。 「もらった!」 『え!? ちょっと!?』 妙に甲高い悲鳴の後、魔人の一撃がヒトの大地にめり込んだ。 - - 〇ご注意 ※主人公はややマザコンです。 ※ハーレム系です。 〇その他 ※作中のイラストは全て Azu様( Pixiv ID 4620328 ) に描いて頂いたものです。 ※イラストは☆がついている部にだけあります。 ※アルファポリス、小説家になろう(あいうえお順、敬称略)でも掲載させていただいておりますが、ラストが異なります。

  • 姫と宝と仲間達! 胸が熱くなる冒険を!

    ♡489,550

    〇19,215

    異世界ファンタジー・完結済・119話・257,150字 海風 遼

    2021年2月28日更新

    世界的に著名なクリエイターやAI研究者らにより開発され、月旅行シャトルで大々的に宣伝されるゲームがあった。 それは剣と魔法の世界を舞台にした奇妙なシミュレーションRPGだった。 ハヤトはゲームの王子になりきり一人で盛り上がる。 ところが暫くするとゲームキャラ達と自然に話せるように? 「なるほど、会話でゲームを進めろと? さすがAI時代だよ」とお姫様と話をしていると大変な事になってしまう!! (イラストは第一章で登場するラナです。ファンアートでmao様が描いてくださいました)

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 人体実験された少年の復讐

    ♡2,000

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・22話・65,284字 ポリ外丸

    2021年3月7日更新

    強さが求められる一族に産まれた主人公は、その源となる魔力が無いがゆえに過酷な扱いを受けてきた。12才になる直前、主人公は実の父によってある人間に身柄を受け渡される。 その者は、主人公の魔力無しという特殊なところに興味を持った、ある施設の人間だった。 連れて行かれた先は、人を人として扱うことのないマッドサイエンティストが集まる研究施設で、あらゆる生物を使った実験を行っていた。主人公も度重なる人体実験によって、人としての原型がなくなるまで使い潰された。実験によって、とうとう肉体に限界が来た主人公は、使い物にならなくなったと理由でゴミを捨てるように処理場へと放られる。 醜い姿で動くこともままならない主人公は、このような姿にされたことに憤怒し、何としても生き残ることを誓う。全ては研究所や、一族への復讐を行うために……。 ※カクヨム、ノベルバ、小説家になろう、アルファポリスにも投稿しています。

  • どんな事をしたって生き延びたいとおもった

    ♡200

    〇5

    異世界ファンタジー・連載中・30話・124,054字 水野酒魚。

    2021年3月7日更新

    これは『呪い』に打ち克つ物語── 六色の竜王によって作られたファンタジー世界・フィレミア。 色彩を尊ぶ人々が住むその世界で、 鳥人の少年・レーキが、 生まれ持った黒い羽根ゆえに虐げられ疎まれながらも、 師、友人を得て次第に強く懸命に成長していくさまを描いてゆきます。 小説家になろう様、カクヨム様、pixiv様でも投稿しています。 ※この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空のものであり、実在のものとは関係ありません。 また、作中の行為を推奨するものではありません。