エッセイ/評論/コラム 短編 完結済

デブ山豚男の脳内円卓会議〜今日の夜食はどうしようか〜

作者からの一言コメント

禁断の夜食グルメコンテスト用。

この作品はデブ山豚男という架空の人物が、夜食をテーマに、主に脳内で繰り広げられる熱い戦いを描いた雑記のようなものです。 いや、ホントはただの思いつきネタ小説です(笑)

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 デブ山豚男の脳内円卓会議〜今日の夜食はどうしようか〜
作者名 マサル
ジャンル エッセイ/評論/コラム
タグ 禁断の夜食コン ギャグ コメディ シリアス 現代日本 ノベプラオンリー 日常 短編 デブ山豚男 豆腐茶漬け 夜食 脳内円卓会議 ペヤング 会話劇 豆腐
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年10月25日 19時47分
最終投稿日 2020年10月25日 19時50分
完結日 2020年10月25日 19時50分
文字数 3,878文字
ブックマーク登録 2件
コメント 0件
スタンプ 6件
ビビッと 1件
応援ポイント 1,500pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異世界転生した天才チートな主人公のお話

    ♡247,600

    〇350

    異世界ファンタジー・連載中・86話・414,822字 普門院 ひかる

    2020年12月3日更新

    天才物理学者である普門院亮は、中世ヨーロッパに似た魔獣や魔法が存在するファンタジーな世界へと転生してしまった。 亮はバーデン=バーデン辺境伯の次男フリードリヒとして、懸命に学び、武技や魔法の修練を積んで冒険者としての活動を始める。 パーティーメンバーも次々と集まるが人外娘やら個性的な娘ばかり。クエストをこなすうち、更に人外も含む女性が集まってきて慕われるのだった。 やがてフリードリヒはシュバーベン学園に入学し、前世の妻の転生者であるヴィオランテと衝撃的な出会いをはたす。が彼女は高貴な家柄の姫だった。 ヴィオランテとの結婚をめざし、フリードリヒは早期に昇進を果たすため、軍人の道を選び、軍事学校を卒業するとシュバーベン公国の近衛騎士団への入隊をはたし、第6騎士団長に就任する。 そして、ホーエンシュタウフェン朝の復活や対デンマーク戦争で大活躍し、その軍功を認められホルシュタイン伯へと昇進するとともに、皇帝の命により元ホルシュタイン伯の娘と結婚する。 その後、モゼル公国が地方領主連合国軍に攻め込まれ、これを救出するが、モゼル公はなんとヘルミーネの父だった。フリードリヒは、ヘルミーネと結婚しモゼル公爵の地位を継ぐこととなった。 モゼル公となったフリードリヒは、ロートリンゲンの平定に奔走し、その実効支配に及ぶ。これを踏まえ、皇帝はフリードリヒにロートリンゲン大公位を与えるとともに懸案であったヴィオランテとの結婚を認めるのであった。 引き続きフリードリヒは自由経済圏の拡大などの政策に取り組んでいく (2020/11/11 部門別日間ランキング5位)

  • あなたの普通って何ですか?

    ♡11,100

    〇260

    現代/その他ファンタジー・連載中・15話・47,992字 昆布茶

    2020年12月3日更新

    この世界には魂と心から発生するとされている、摩訶不思議なエネルギー、魂心力(こんしんりょく)というモノが存在している。魂心力〈こんしんりょく〉を使って戦う者たちは、魂心術者〈こんしんじゅつしゃ〉と呼ばれ、主に超常の異形などの怪異や、悪鬼となった魂心術者〈こんしんじゅつしゃ〉などを倒すため世界の裏側で戦っているのだ。 しかし未だ魂心力(こんしんりょく)のすべてを解明できているわけではない。 魂と心とは簡単に解明できるモノでもないし、仮に解き明かしたときにそれがどのように世界を変革させるかは誰も想像出来ていない。 されど、この世界の人々は戦う。超常の異形や怪異などに人々の安息を壊すことなどは許さないし、許していいわけがないのだ。 そんな中、一人の魂心術者〈こんしんじゅつしゃ〉に子供が生まれようとしていた。 今、生まれようとしている赤子のいた世界と限りなく近く、限りなく遠い世界。それがこの世界のおおまかな概要である。 その世界に落とされた赤子の前世は普通になりきれなかった男。 普通になりきれない男のチンケな泥だらけの戦いの軌跡がこの物語である。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 有名どころからニッチな話まで紹介します。

    ♡211,580

    〇220

    エッセイ/評論/コラム・連載中・80話・175,617字 ちょろけ

    2020年12月3日更新

    *「七羽の烏」「小ウサギのお嫁さん」の挿絵を追加しました。「七羽の烏」の挿絵は非常にらしさが出ているのでお勧めです。 *「ホレおばあさん」の解説を加筆しました。糸紡ぎは辛い。 グリム童話。 『白雪姫』『シンデレラ』など、小さい頃に絵本で読んだ方も、シーやランドなどの某アミューズメントパークが好きな方も大勢いらっしゃるでしょう。 また、「本当は恐ろしい」「グロい」物語があるとご存じの方もおられると思います。 グリム童話は、ドイツ人のグリム兄弟が、ドイツ各地で色んな人から少しずつ集めた物語を、これまた少しずつ直したりして世に出した童話集です。 ここでは、類型や違うお国の似ているお話、民俗学などもちょこちょこ踏まえながら、グリム童話の物語を解説していきます。 意外とエグかったり、素朴だったりする物語は、代表的なものは勿論のこと、マイナーなお話も興味深いものです。 サイコパスな王様や、魔法も使えないのにやたら恐ろしい継母、喋る動物や冒険する旅人など、民話や童話は現代のファンタジーに通じるような、どきどきわくわくする面白さに満ちています。 どうぞ、気になった題名からお読みください。 淡々としていますが一応残酷描写、暴力描写がありますので、ご注意をば。 お話の内容に何か質問などございましたら、コメント欄でできる限りお答えしますので、どうぞお気軽にお問い掛けくださいませ! 尚、物語の引用は、偕成社文庫1980年初版『完全版グリム童話集』からお取りします。 挿絵は著作権フリーの1845~1900年の英国童話の画像を使用しております。

  • 特撮関連の与太話です!

    ♡50,500

    〇50

    エッセイ/評論/コラム・連載中・15話・21,996字 春日はるひ

    2020年12月3日更新

    みんな大好き特撮。 広く特撮に関する話題や考察、アクションの話などを書いていこうと思います。 若干マニアックになるかも?