悪い魔導師に傀儡にされた白百合の姉と捻くれた黒百合の妹は薄汚れた世界に逆襲することにしました

読了目安時間:6分

父と娘の邂逅

 霜の巨人(ザンギュラ)が進む方向のアルドラの部隊は下がり、他の部隊はそれを取り囲むように手槍の有効射程範囲へと接敵する。  いくら巨大戦斧(ポールアックス)が大きな武器でも、当たらない距離には攻撃は届かない。  この雪原で戦うのであれば、障害物に妨げられることも無いため周囲からの手槍による投擲で霜の巨人は徐々に体力を削られていくのだった。  群狼戦術(ウルフパック)は一体の獲物を狼が狩るための戦術であるが、実は狼は単体はそれ程強い個体でもない。  攻守の連携をとる事によって、大きな個体に対しても立ち向かうことができる狼の闘争の本能が生み出した集団戦術(フォーメーション)である。  いかに旋風の様に振るおうと虚しく空を切る巨大戦斧(ポールアックス)。  だが、それは北限の荒鷲と恐れられたフレースヴェルグ伯本来の戦い方ではない。 彼の戦闘力は強力な突進力で、陣形など組む前に敵をまとめてその巨大な武器で蹴散らすのだ。 氷壁騎士団の者たちも、霜の巨人(ザンギュラ)はフレースヴェルグの本来の力を発揮していないと知ると、その連携もさらに滑らかになり手数によって霜の巨人(ザンギュラ)を追い詰めていった。  業を煮やした霜の巨人(ザンギュラ)吹雪の吐息(ブリザードブレス)を周囲にまき散らすが、射程を既に把握している氷壁騎士団には届かない。 雪遊びのように、氷の柱が雪原に立つだけであった。 私は頃合いを見計らって背後から操銀糸を放つと、霜の巨人(ザンギュラ)の四肢に絡ませて動きを鈍らせた。 「今度は一切油断はしないよ……父上、さようなら」  私の動きに連係して氷壁騎士団の渾身の力を込めた手槍の投擲が、一斉に霧の巨人の身体を襲った。 『グ……ガッ』  霜の巨人(ザンギュラ)はついに動きを止め、片膝をつく。 口の中から青白い煙が身体から立ち上がると、本体であるザンギュラが姿を見せた。 だが、その近くには最早氷壁騎士団の姿はなく、騎乗海豹(アザラシ)を駆り全力で後退を始めていた。 「アル! 呪文を!」  アルフラウは私の後ろに乗っていた海豹(アザラシ)の背中から降りて雪の上に立つと、軽やかに言霊を紡ぎ始めた。 「古の契約により、アバーシのすべての言霊達(ルーン)に命ずる……」  青白い雲(ザンギュラ)はアルフラウに収束する言霊達に只ならぬ危機を感じたのか、槍状の姿をとると猛スピードで標的に襲い掛かった。 「えっ、何!? 僕かよ!?」  操銀糸では雲は掴みとれない。  私は投げ槍のように飛んでくるザンギュラを避けようと騎乗海豹(アザラシ)からは降りるが、万が一アルフラウに軌道が逸れると詠唱が失敗して、その後自分の身体が乗っ取られる最悪の結末を予測した。 それならば、最小に被害を抑えるしかない。 「(よこしま)なるものザンギュラを彼の地へと……」  アルフラウの詠唱はまだ終わらない。  私は槍状になったザンギュラの突進を止めるべく、アルフラウの前に立ち塞がった。 「オリフラム様ー!」  後退していた氷壁騎士団達は、目の前で起ころうとしている惨劇を止めることができず絶叫した。 ザンギュラの強烈な衝撃が、私の身体を貫くの事を覚悟したのだが、槍状の塊は目の前で軌道を逸らし、青白い雲(ザンギュラ)は雪の中へと深く埋もれていった。 「あれっ、生きてる?」  そういえば、アルフラウが決戦前夜に私に紡いだ言霊(ルーン)。 『言霊達よ、古の契約に応え、愛しきものを護りなさい』は一撃だけは攻撃を逸らす事ができる防御魔術だった。 「還し、この地から追放せよ……大いなる言葉、流刑(バニッシュ)」  雪の中から立ち昇ってきた青白い雲(ザンギュラ)だったが、アルフラウが言葉を紡ぎ終える方が先だった。 青白い雲(ザンギュラ)は眩い光に包まれ、その身を蝕まれていった。 『グアアアア! アアア……ァァ……』  眩い光に青白い雲(ザンギュラ)がすべて飲み込まれると、光は消滅し青白い雲ごと何処にも居なくなった。 「す、すごいね。ザンギュラ本当に倒しちゃった……」  今の魔術はもしかして、人間にも効くのだろうかとアルフラウに聞こうかと思ったが、答えが怖いので止めた。 「倒した訳じゃないよ。邪なるものを元の深淵に還しただけ。でも、表の世界に這い上がって来れるのは数百年後だから、気にしなくてもいいと思う」 「深淵って、何? まぁ、気にしたら負けか。うん、そうだね。遠い未来過ぎて、憂う事も無さそう」  気が付くと、氷壁騎士団達が私達の元へと駆けつけていた。 「アルフラウ閣下、オリフラム様、無事で何よりです」  氷壁騎士団団長のシリウスは、霜の巨人の脅威が去った事に微笑んだ。 「ああ、みんなもよくやってくれ……」  オリフラムが氷壁騎士団達に労いの言葉をかけようとした時、その背後に大きな人影が迫っている事に気付いてしまった。  全身傷だらけでユラリと此方に近づいてくる、フレースヴェルグ元伯爵の肉体。 「オリフラムよ……(わし)青白い雲(ザンギュラ)に操られていたというのか」 「え、生きてる? 喋ってる!?」  フレースヴェルグ元伯爵の驚異的な生命力に、私と氷壁騎士団は恐怖して身動きができなかった。 「はい。今は私がニフルハイム領の領主、アルフラウ女伯爵です。残念ですが、お父様が操られていたとはいえ罪を犯してしまった事を、領主としては許すわけには参りません」 「うむ……アルフラウ閣下。粛々と汝の裁きを受けよう。好きにするがいい」  フレースヴェルグはアルフラウの前に膝をつき頭を垂れると、彼女の言葉を待った。 「アバーシ監獄で罪を償ってください、お父様。それが(わたくし)の答えです」 「……承知した」  アルフラウの言葉にフレースヴェルグは頷くと、立ち上がってアバーシの街の方へと歩き出した。血まみれの傷だらけなんですけど、治療とかしなくて大丈夫なのだろうか。 「お、お父様! あの……生きておられて、良かったです」  恐る恐る私が声を掛けると、父上は一度歩みを止め、私の頭に手を添えた。 やべぇ、頭を握りつぶされる! その瞬間で死を覚悟したが、父親の手は不器用ながらそっと私の髪を撫でてくれた。 「成長したな。ニフルハイムの事は任せたぞ、オリフラム」 「あ……はい、お父様。ありがとう、ございます」  生まれて初めて父親に褒めて貰った気がするので、力が抜けたと同時に何だか怖いのと嬉しいのが入り混じってちょっと泣いた。  父上は目を細めて少しだけ微笑むと、何も言わずに背中を向けてアバーシへと帰ってく。 氷壁騎士団の面々は誰に言われるまでもなく一列に並ぶと、北限の荒鷲と称えられた先代の四伯に敬意を表して一斉に敬礼をした。  フレースヴェルグの背中が見えなくなるまで見送っていたものの、私はふと気づいた事があって呟いた。 「傷だらけの姿のまま父上がアバーシに現れたら、街がパニックになるのでは」 「確かにその可能性はありますね。フレースヴェルグ様を無事にアバーシ監獄まで送り届けましょう」 「……そういえば、お父様の怪我を治すの。すっかり失念していましたね」 「姉さん。周りに冷徹な印象付いちゃうから、せめて怪我ぐらい治しに行こう?」 「そうだね。オリフゥに冷たかったからって、意地悪したら良くないよね」  さらっと怖いこと言わないで姉さん。  私達は支度をすると、フレースヴェルグ伯の足跡を急いで追いかける事になるのだった。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • あんでっどさん

    ワタル

    ♡1,000pt 〇100pt 2021年2月13日 17時04分

    良かった、お父さん生きてた!しかし意識が戻ってすぐに娘から罪を言い渡されても潔いって騎士道精神あふれる武人ですね。やっぱりオッサンに燃える作品じゃないですか!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ワタル

    2021年2月13日 17時04分

    あんでっどさん
  • 野辺良神社の巫女

    べるえる

    2021年2月14日 20時09分

    ワタルさん、コメントにノベラポイントまでありがとうございます!よく生きてますねお父さん、不死身か。はい、不器用ではありますが元四伯としての威厳は衰えていないところを伝えられて良かったです。えっ、おかしいなあ……かわいい女の子がいっぱいのお話の筈なのに。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    べるえる

    2021年2月14日 20時09分

    野辺良神社の巫女
  • あかべこ

    みどりのナマモノ

    ビビッと ♡300pt 2021年3月24日 13時45分

    《「うむ……アルフラウ閣下。粛々と汝の裁きを受けよう。好きにするがいい」》にビビッとしました!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    みどりのナマモノ

    2021年3月24日 13時45分

    あかべこ
  • 野辺良神社の巫女

    べるえる

    2021年3月30日 2時28分

    お父様の潔いところを見せてみました。軍人とはかくありたい。ビビッとありがとうございます!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    べるえる

    2021年3月30日 2時28分

    野辺良神社の巫女
  • 殻ひよこ

    火花

    ♡300pt 2021年2月8日 14時50分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    楽しませていただきました

    火花

    2021年2月8日 14時50分

    殻ひよこ
  • 野辺良神社の巫女

    べるえる

    2021年2月8日 18時47分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    元気が出ました!

    べるえる

    2021年2月8日 18時47分

    野辺良神社の巫女
  • あんでっどさん

    ワタル

    ビビッと ♡100pt 2021年2月13日 16時47分

    《氷壁騎士団の面々は誰に言われるまでもなく一列に並ぶと、北限の荒鷲と称えられた先代の四伯に敬意を表して一斉に敬礼をした。》にビビッとしました!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ワタル

    2021年2月13日 16時47分

    あんでっどさん
  • 野辺良神社の巫女

    べるえる

    2021年2月14日 20時10分

    ビビッとありがとうございます。何となくアスキーアートで描けそうな氷壁騎士団の面々です。 ちなみに海豹は敬礼していません。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    べるえる

    2021年2月14日 20時10分

    野辺良神社の巫女
  • あんでっどさん

    ワタル

    ビビッと ♡100pt 2021年2月13日 16時46分

    《その瞬間で死を覚悟したが、父親の手は不器用ながらそっと私の髪を撫でてくれた。》にビビッとしました!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ワタル

    2021年2月13日 16時46分

    あんでっどさん
  • 野辺良神社の巫女

    べるえる

    2021年2月14日 20時11分

    ビビッとありがとうございます。徹底的に痛めつけたので逆襲に怯えるオリフでした。それでも父親としての思いはしっかりあったようです。反応感謝です。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    べるえる

    2021年2月14日 20時11分

    野辺良神社の巫女

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ブレイブ×サタン ~次代の勇者と魔王の立場が逆転した異世界ファンタジー~

    初投稿です 頑張って書きます!

    0

    0


    2021年6月18日更新

    剣と魔法が支配する異世界が舞台 グラン大陸の東側を治める人間族の国 「エイルラント帝国」と大陸の西側を統べる魔族の領域 「暗黒大陸」はグラン大陸の覇権をかけて争いを続けていた やがて 人間族には『勇者』が魔族には『魔王』が誕生して両者は長い歴史の中で世代交代しながらぶつかり合っていた・・・ そんな時代に 魔族でありながら『勇者』に憧れる者と 人間族でありながら『魔王』へと目指す者が現れる 本来なら逆のはずだが 運命によって2人は立場が逆転してしまった物語 ※小説家になろう カクヨム アルファポリスでも掲載しています

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間8分

    この作品を読む

  • 召還社畜に家主の少女と魔法の豪邸

    独りぼっちの女の子が幸せになるお話です。

    5,950

    0


    2021年6月18日更新

    魔法仕掛けの古い豪邸に残された6歳の少女「ノア」 そこに次々と召喚される男の人、女の人。ところが、誰もかれもがノアをそっちのけで言い争うばかり。 もしかしたら怒られるかもと、絶望するノア。 でも、最後に喚ばれた人は、他の人たちとはちょっぴり違う人でした。 魔法も知らず、力もちでもない、シャチクとかいう人。 その人は、言い争いをたったの一言で鎮めたり、いじわるな領主から沢山のお土産をもらってきたりと大活躍。 どうしてそうなるのかノアには不思議でたまりません。 でも、それは、次々起こる不思議で幸せな出来事の始まりに過ぎなかったのでした。 ※ なろう、カクヨム、アルファポリスにも投稿しています。

    読了目安時間:26時間38分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • チートで護る現実《この》世界 ー乙女達は今日も異能者を捕縛する―

    腐敗の夏、乙女達は命で駆ける

    285,674

    43,482


    2021年6月14日更新

    『この現実は君の青春で綴られている』 学園の生徒達が異世界へと転生、転送されてしまう神隠し事件。 『異世界問題』 今日も今日とて異世界に消えた生徒達を救出すべく活動する『生徒会』 生徒会に所属し、異世界と現実を行ったり来たりと忙しい日々を送る綴喜メクルと仲間達。 そんな高校二年の夏、ようやく異世界から何度目かの帰還を果たした、その日、メクルは決意する。 「私、今からいっちょ愛の告白って奴を、してこようかと思います」 彼女には計画があったのだ。 構想3年、長きに渡る恋煩い、片思いの彼と今年こそは夏の思い出を作る大計画だ。 祭り、花火、海水浴、図書館での密かな逢瀬、まさかまさかのお泊り企画まで、 そう、彼女には計画があったのだ。 彼がトラックにふっ飛ばされて異世界へと消えてしまう、その前までは。 片恋慕の彼を追いかけようとするメクル達だったが、その前に現れた謎の男。 異世界にて異能を授かり、自力で帰還した異能者。 『レイズデッド』の登場により、現実世界は緊急事態。 死者を蘇らせるチート能力で現実世界を翻弄するレイズデットと、 異能者捕縛のエキスパート、彼女達『図書委員』の命を賭けた追いかけっこが始まった。 夏の日差しに死の香り、少し早めのお盆にて、陰る命こそは腐敗の頃合。 メクルの恋の行方はどうなることやら。 著作 兎野熊八 表紙イラスト よのね 様 挿絵イラスト Lala hy 様

    読了目安時間:7時間42分

    この作品を読む

  • ドラばあと、みらくるスリー

    ほのぼの可愛い魔法バトルコメディ

    10,100

    30


    2021年6月18日更新

    これは、小型戦闘人形(ロボ)に転生してしまったゴッドドラゴンと、魔女っ子三つ子姉妹が、異世界の驚異から地球を守る、バトルでコメディな物語。 異世界の守護神、ゴッドドラゴンがその生涯を終え、人間への転生を試みた。 だが、それを利用しようとした悪意により転生に失敗。 なぜか地球に、小型戦闘人形(ロボ)として転生してしまった。 その地球では異世界からの侵略が始まっていた。 迎え撃つのは魔法少女みらくるスリー。 小型戦闘人形(ロボ)となったゴッドドラゴンは魔法少女と共に故郷である異世界からの驚異に立ち向かう! 魔法でロボでドラゴンなファンタジーバトルコメディ、是非、お楽しみ下さい。

    読了目安時間:16分

    この作品を読む