現代/その他ファンタジー 短編 連載中

浮空島の星の降る夜に

作者からの一言コメント

二話以降の更新は未定です。

読了目安時間:3分

七年に一度、浮空島では星が降る。星は魂を運び、島民は騎士を悼み尊ぶ。そんな夜に少年と少女は星が近くに見える島の端へと向かう。そこは危険な怪物『タタン』の縄張りである。

前へ

次へ

  • 投稿日2021/6/9 21:34 文字数1,720文字

前へ

次へ

作品情報

作品名 浮空島の星の降る夜に
作者名 ユウツキアツ
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2021年6月9日 21時34分
最終投稿日 2021年6月9日 21時34分
完結日 -
文字数 1,720文字
読了目安時間 3分
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 3件
ビビッと 0件
応援ポイント 1,600pt
ノベラポイント 20pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 宵闇のデストピア

    そろそろ季節ですよね……

    150

    0


    2021年6月22日更新

    夏の風物詩。彼女の気持ちになってみたら、この世はかなりのデストピアでした。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • 犬物語

    犬ってかわいいよね ああ、犬になりたい

    2,800

    0


    2021年6月22日更新

    今後開催されるだろうどうぶつフェアのノベルとして応募する予定だけど先んじての投稿が規約的にアウトだったらあきらめる感じ。でもまあ、書きたいっていうかここで投稿したいって気持ちがムクムクしちゃったからしゃーない。 少女とわんこが、ちょっとしたかみさまの手違いで入れ替わっちゃうんですよ。 そんでもって、犬と協力して、一緒にもとのすがた(?)にもどりましょうっていう物語です。犬好きの、犬好きによる、犬に捧げんがための物語。 まさに"犬物語" 少女が雨の中を走っていました。ずぶ濡れになって、真っ暗な夜の闇の中、ひとりの少女が雨の中を走っていました。 犬が雨の中を走っていました。ずぶ濡れになって、真っ暗な夜の闇の中、いっぴきの犬が雨の中を走っていました。 ひとりといっぴきは、とあるさくらの木がある広場にたどりつきました。ひとりといっぴきの視線が交錯したしゅんかん、まばゆい光があたりをつつみこみました。 目が覚めたとき、少女は少女でなくなっていました。犬も犬でなくなっていました。 ひとりといっぴきはパニックになりました。 Web小説投稿サイト『マグネットマクロリンク』に投稿されていますが、オンリー作品にする予定なので現在あっちの非公開設定の方法を探してるとこです。見つかんなかったら削除するっきゃないね。

    読了目安時間:51分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • なにぶんわがままなものでして(旧題:わがままでごめんあそばせ)

    わがままだって突き通せば幸福になるのです

    126,400

    330


    2021年6月22日更新

    シシリアは五歳の時にこの世界が前世で読んだ小説の物とそっくりな世界であり、自分はその中に登場する悪役令嬢出ることに気が付いた。 幼い頃から婚約させられる第二王子を異母妹に奪われた挙句に失意に飲まれたまま修道院に移され、そのまま自害するという未来を思い出し、シシリアはそんなこと許されないと決意をする。 そして幸せになるにはどうすればいいか考えた末、第二王子と婚約をしなければいいのだということに思い至り、親に強請って夜会に連れて行ってもらい、婚姻相手を探すことに。 そこで目に入ったのが大叔父であるルツァンドだった。 年の差なんてなんてその、猛烈にアタックをして思わぬ見方をつけて無事に婚約にこぎつけたシシリア。 けれども彼女の本来の目的は婚約ではなく婚姻。 そうして迎えた六歳の誕生日、シシリアはルツァンドと婚姻届けを正式に提出した。 わがまま娘として評判のシシリアは婚姻しても相変わらず自分の意志を押し通し、自分が幸せになる為の努力を惜しまない。 そしてその周囲の人々はそんなシシリアに巻き込まれて人生を変えていく。 優しく厳しく、いっそ残酷なまでに自分の道を歩いていくシシリアの愛は、未来は何処へ向かっているのだろうか。 そしてそんな彼女が選んだ最期とはどういうものなのか。 シシリアの真の願い、そして最期の結末に気が付いている者は、それが羨ましいとうっとりと囁く。 貴族として生まれたシシリアの選ぶ道は難しいものだけれども、だからこそやりがいがあるのだとシシリアは笑う。 死ぬまで永遠に終わらないいたちごっこでも、シシリアは自分の幸せの邪魔をする物を絶対に許さず、邪魔な者は徹底的に排除する。 ※わがままでごめんあそばせの改稿版(「冷たい指先に触れる唇」まではほぼ変わりませんが名前や口調、表現が多少変わります) 以降は別物になります

    読了目安時間:8時間16分

    この作品を読む

  • D’s

    謎が謎を呼ぶ、日本紛争劇

    54,600

    520


    2021年6月21日更新

    2080年、第三次世界大戦終戦。 人類は、自国・自身の利益の為に戦い全てを「無」に戻した。 勝者はおらず、残ったのは荒れ果てた地と朽ち掛けた資源、そして未来のない人類。 生き残った人類は、第二次大戦時に核が投下された国「日本」のみ。 如何なる状態でも、どの国にも援助を行わず他国からは後ろ指を刺されていたが、 各国の情勢が悪化するにつれ、人々は日本という存在を忘れ自国の滅亡の道を歩んだ。 終戦後、生き残り限られた資源の中で生活していた日本であったが、 歴史は悪い方向に繰り返す。 協力し合い、少しでもより良い生活を共に生きようとしていたはずが 一つの事件を元にまた一歩滅亡の道を歩むことになる。 きっかけは関東圏で15歳以下の男女が、毎日100人以上姿を消すという事件が発生した。 理由は不明。犯行手口・時間も不明。 関東圏全域を捜索するも被害者の姿は一人も見つからなかった。 被害者が、2000人を超えたあたりで関東圏統括本部に一つの音声データが届く。 「・・・・・関西圏を・・調べて」 雑音交じりの音声で、部分的に聞き取れない場所もあったが、 今回の事件に関与してる可能性があると判断し、 関東圏統括本部は関西圏統括本部に支援・調査を要請した。 数日調査結果を待ったが連絡がなく、不審に思った関東圏統括本部は調査隊を派遣した。 5日後、1メートル四方の木箱と共に一通の手紙が本部に到着。 手紙の内容は 「本日をもって関西圏統括本部は日本国を独立する」という文面。 届いた木箱をあけると5日前に派遣された調査員達の顔のみの亡骸だった。 関西圏のクーデターにより関東圏は対策チームを立ち上げ制圧を試みる。 準備されていたかのような関西圏の抵抗により、状況は悪化し内戦状態となる。 理由の分からない拉致事件と関西圏の独立、武力の抵抗。長期に渡る内戦。 関東圏は関西鎮圧・原因究明の為に部隊「deleter」を発足し対抗するのであった。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間8分

    この作品を読む