異世界ファンタジー 短編 完結済

私をみて

作者からの一言コメント

死んだ姉の夫と二人暮らし

変温動物が人のマネゴトをした存在。それが私であり、この町のいくらかの人である。今はいない姉もそうだった。 蛇混じりなミョルニルサは、冬眠に失敗した姉リュシュカの夫と二人で暮らしている。初めてひとりで冬眠に入ることを怖がる彼女に、義兄がプレゼントしたものとは。 2016年秋発行のアンソロジー季刊ヘキに寄稿した作品です。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 私をみて
作者名 比恋乃
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 人外 短編
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年3月4日 19時54分
最終投稿日 2020年3月4日 19時55分
文字数 6,787文字
ブックマーク登録 1件
コメント 1件
スタンプ 0件
ビビッと 0件
応援ポイント 500pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 恋か復讐か

    ♡373,822

    〇22,052

    異世界ファンタジー・連載中・51話・139,301字 佐倉 こよみ

    2020年10月25日更新

    小さな村で暮らしていた少年・シオンは、突如現れた悪魔の襲来によって幼馴染以外の全てを失う。 そこへ偶然訪れた【戦姫】アリスによって救われたシオンは、幼馴染のサンドラと共に悪魔への復讐を誓い、王国へ引き取られる事になった。 王国最強と謳われるアリスの元で四年の修行を経たシオンは、悪魔、そして魔王を倒す為の冒険へと出発する。 最初の村で会った記憶喪失の少女・レヴィが、新たな冒険仲間として行動を共にすることになった。 復讐を頼りに生きているシオンだったが、レヴィと様々な地を旅していくうちに、もう一つの生き甲斐が芽生え始める。 しかし、それを嘲笑うかのように燃え上がっていく復讐の因子。それはシオンの内側に植えつけられていた。 憎悪によって磨かれた力を扱い、世界の安寧を取り戻すべく戦う彼らは、表裏一体と化した思想と創造の狭間でもがき、やがてそれぞれのフィロソフィーを提示する。 誰が敵で誰が味方なのか、それは最後まで分からない。 * * * 【最高成績】 週間 異世界1位 総合1位 月間 異世界1位 総合4位 皆様のお陰です、誠に有難う御座います! 週1更新します。

  • 無気力少女の成長記、エロス風味描写添え

    ♡14,746

    〇100

    異世界ファンタジー・連載中・25話・82,385字 五色ひいらぎ

    2020年10月30日更新

    実の父によって、銀貨二十枚で人買いに売られた少女アリサ。 東方王国の「万象の闘士」たちに救出された彼女は、内に眠る類稀な才を見出され、王国に迎えられた。 だが、十六年を無力な娘として生きてきた彼女が、闘士としての魂を身につけるのは容易ではなかった。 人とぶつかれば謝り倒し、ドレスの値を己の値段と比べ、「なにもできない」自分を嘆くアリサ。 だがそんな中にあっても、身の内に眠る力は目覚めていく。 身体の芯で熱く滾るなにものかに、アリサの若い身体は疼いて…… 元奴隷の無気力ネガティブ思考少女が、戦士として目覚めていく過程を描く長編ハイファンタジー。 「心の綺麗な人には見えない」系お色気要素も随所に盛り込んでおります。 ええこれは、天地に満ちる万象の力ですよ。なんにも妖しくありませんってば! ※復讐要素・ざまぁ要素はありません※ ※成り上がりものとも多分ちょっと違います※ 表紙画像: Morguefile.com http://mrg.bz/2b1f62

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る