エッセイ/評論/コラム 短編 完結済

日常の話

作者からの一言コメント

8月に思うこと

読了目安時間:2分

総エピソード数:1話

戦争のこと

総エピソード数:1話

作品情報

作品名 日常の話
作者名 ジュンち
ジャンル エッセイ/評論/コラム
タグ
セルフレイティング なし
初掲載日 2022年8月6日 16時58分
最終投稿日 2022年8月6日 16時59分
完結日 2022年8月6日 16時49分
文字数 812文字
読了目安時間 2分
総エピソード数 1話
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 100pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 嫉妬したがりの西園寺さん

    ほんわか百合ラブコメです

    300

    0


    2022年12月7日更新

    人間誰しも得意なことがある。 それは自分ではわからないことかもしれない。あるとき気がつくことかもしれない。 本当に大切なことは誰かの得意なことを認めること、誰かの大切なものを貶さないこと、誰かの恥ずかしい部分を笑ったりしないこと。 そうしたら幸せなことが待っているかもしれない。 誰かを大切に思える人が、誰かから大切に思われない道理などはないから、

    読了目安時間:13分

    この作品を読む

  • 死んだ筈だが、異世界で教師をやる事になった。

    新たな出会いで戦うと決めたのは――いじめ

    135,489

    1,319


    2021年8月23日更新

    心臓を穿たれて息絶えた青年、刃鳴斬哉。 しかし目覚めるとそこは深い森の中。 倦怠感のようなものこそあったが全くの健康体だった。 疑問符しか浮かばない状況の中――突如、絹を裂くような悲鳴と木々を薙ぎ倒す轟音と悲鳴が森に響き渡る。 音の方向にいたのは、今にも少女に爪を伸ばして喰らわんとする巨大な竜。 状況はまだ呑み込めなかったが、一も二もなく青年は竜に踊りかかった。 今出来る事を、必ずやり遂げる為に。 ◆ ――そして戦いの後。 目覚めたのは多種族が共生する独立自治国家〝龍智諸王連盟〟の田舎だった。 異種族達が〝始祖八柱〟、その生き残りである白竜を中心にして集う国家。 主人公である斬哉は、恩人の勧めもあって教師への道を歩み出し――『今の自分にできる事』を始めようとしていた。 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 誤字脱字だけでなく勢いで書いた部分は文法的に変な所が多い為に自分でも把握し切れなくて、読み辛く思ってしまった方は大変申し訳ありません。容赦なく誤字脱字報告お願いします。 未完結や放置をする事こそが不誠実と捉えているので、勢いを維持するべく頻繁に更新していきます。 どうぞ、長い目でよろしくおねがいします。 多分ノベルアッププラスでも有数の異種族混合(当社比)なラノベですよ! 蟻人も蜘蛛人が出る小説もノベルアッププラス限定です!!(若干媚び気味に とりあえずの区切りがつくまで、2日に1回更新を目指せたらいいなと思いますが難しくてごめんなさい。 更新情報などはTwitter(@Ckrywh)や、https://twitter.com/C68386487 でお知らせしております。 励みになりますので感想、質問などのコメント大歓迎です!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:42時間23分

    この作品を読む