完結済 連載

八重の桜が咲く春にて

作者からの一言コメント

過去に書いた作品です。

少年は妖怪が見えた。人に気味悪がられ、妖怪には追いかけられ、両親に捨てられた。 そんなある日、妖怪に襲われているところ巫女服で野太刀をもつ少女に助けられる。 「私は八重。狛犬兼狗神……妖だよの」 これは孤独の少年と、孤独を生きた妖の物語。

前へ

次へ

前へ

次へ

この作品をシェア

Twitterでシェア Facebookでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
作品情報
作品名
八重の桜が咲く春にて
作者名
綟摺けんご
セルフレイティング
残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日
2019年6月4日 19時53分
最終投稿日
2019年6月4日 19時54分
文字数
33,093文字
ブックマーク登録
7件
コメント/スタンプ
3件
応援ポイント
430pt