連載中 長編

ボクらは正義を駆逐する

作者からの一言コメント

第2回ノベプラ大賞、一次通過しました!

【本作はディストピア小説に属する近未来ファンタジー作品です】  貧困により苗字を売られた少年『創』は幼い頃大切な友達を殺された。 『ペスト』に侵されたネズミを喰い死んでいった友の仇をとる為、この腐った世の中に復讐する為、メスの刃を世界へ向ける。  メスを向けた相手が『化け物』だということを『創』はまだ知らない。  中途半端な正義へのアンチテーゼ。  子供たちの無垢な想いが汚い大人を、悪を淘汰する瞬間。どうか見逃さないでください! (表紙は『魅羅ちぇ555』様に、挿絵は『真琴』様と『魅羅ちぇ555』様に描いていただいており全て許可を得たものとなります)

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 ボクらは正義を駆逐する
作者名 ほしのななか
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ アクション/バトル ダーク シリアス 男主人公 女主人公 近未来 R15 現代日本 ディストピア 第2回ノベプラ大賞
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2019年7月20日 0時43分
最終投稿日 2020年4月10日 22時03分
文字数 201,770文字
ブックマーク登録 194件
コメント/スタンプ 1,393件
応援ポイント 876,199pt
ノベラポイント 34,757pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 十人十色の萌えミリタリー

    ♡41,650

    〇200

    SF・連載中・38話 春ノ嶺

    2020年6月4日更新

    ※この小説は8割とまではいかないまでも半分以上はギャグでできています。 世界は終わった、人が戦争をやめられなかったために。 少し先の未来、数発の核発射を伴って三度目の世界大戦は終結した。誰が勝ったという話ではない、戦い続けられる者がいなくなっただけの事だ。もはや地上に秩序はなく、細かく分かれた国々は武力だけを外交手段とした。 そこに寄せ集めで組まれた戦闘部隊があった。 あらゆる手段をもって戦争を止める為に存在する部隊が。 1チーム目、番号308、バカ騒ぎ担当。 2チーム目、番号666、無双担当。 3チーム目、番号72、雰囲気担当。 4チーム目、番号49、王道担当。 この終わりかけの世界で彼女らは暗躍する。

  • 異世界に行ったら女の身体なんだけど!?

    ♡90,400

    〇5,060

    異世界ファンタジー・連載中・244話 しぇいく

    2020年6月4日更新

    その美貌は殺人的だ。 笑顔を見せれば男女問わず恋に落ち。 振り向いて髪を揺らせば誰もがその人に釘付けになり。 透き通る様な青い目は見詰めると呑み込まれそうになり 豊満な胸は形も整っていて触るとマシュマロより柔らかそうな感覚をしており。 肌はシミや汚れも何もなく綺麗な白い肌で洞窟に行ったらそれこそ光ってるのではないかと錯覚するほど。 この世の全ての可愛いと美しさを揃えたその女性。 実は元男でした。 いや!待て!勇者として異世界に召喚ってのはまだ解る。 持ち前のオタク耐性でなんとか理解したが、なんで女!? しかも、なんか女の勇者には女神が関与してるとか何とか言われて召喚されて早々に殺されそうになるし!? この先俺どうなっちゃうのよ!俺!

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 百合要素が多いセカイ系能力バトルモノです

    ♡5,000

    〇5

    現代/その他ファンタジー・連載中・148話 華蘭蕉

    2020年6月4日更新

    明るい笑顔が特徴的な少女、筒美紅葉。彼女は誰よりも優しくて、誰よりも壊れていた。紅葉は自分の姉の姿に想いを馳せ、それを模倣し、周りに安息と快楽を与え続ける。自分という存在を確立する為に。そんな彼女がいるのは安息な死さえ訪れる事のない世界で、人間達は闘い抗い傷付き大切な物を失っていく。 『何かを想う事は、何かを壊すという事』それがこの世界の理。 それでも、「どうかこの世界を守らせてください」紅葉達はその想いを胸に世界を守ろうとする。 この作品は、フィクションであり、法律・法令に反する行為の容認・推奨するものではありません。残酷・暴力・性的と作者が判断した話には*をつけています。どうぞご注意のほどお願いします。 また、等作品は『小説家になろう』様、『エブリスタ』様と同時掲載しております。

  • 化け物から見た人間の話

    ♡106,727

    〇1,900

    現代/その他ファンタジー・連載中・87話 土佐屋治兵衛(とさや じへえ)

    2020年6月4日更新

    この世には、人知れずに存在する闇の生き物がいる。 その生き物に飼われる人でなしの傀儡ニーチェ。 ひとつの身体に悪魔憑きの魂と共存するニーチェは、エクソシストと出逢い襲われる。 そこから始まるエクソシストと人間の悪魔、そして神と言われる生き物たちとの争いに巻き込まれて行き、やがて和の国に古来よりいるあやかしたちまで、この争いに絡みついてきた。 事態は混迷の最中。 ニーチェは、求める声に導かれる。 「私を助けて」 その言葉に従い、ニーチェは、バチカンが作り出した人間の悪魔と戦うはめとなる。 ※小学生の頃から考えていた闇の化け物。今書けそうな気がしたから書いてみた。 エブリスタで書いた小説を再構築してダークファンタジーとして書きました。 エブリスタとは違うオリジナルストーリーです。