Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

詐欺師はこの世界に破滅をもたらすのか?

読了目安時間:4分

魔女の誕生

   ユートリア大陸の南西に位置する広大な湿原。作物の実らないヘドロの沼地には危険な霊獣が身を潜めており、ごく僅かな〈ヒト〉を除いて、そこに住む者はいない。  ーー花舞い清水湧く青の地、憤怒の炎にて赤の沼と化すーー  大陸を統べるエスカランテ家二十八代当主、ミハエル・ヴァン・エスカランテの住まう王宮。書庫の一角に置かれた史書「大陸と七つの呪い」に記された一節。  湿地の奥に焦土魔法で焼かれた丘がある。常に見張りがつくその丘は、憤怒の魔女が生まれた地と伝承されていた。  無人の丘を取り囲む甲冑を着た兵士。エスカランテ家直属の精鋭と、近隣諸国から集まった近衛兵。輝く剣を腰に、銀色の盾を左手に携えた彼らは、その時を、緊張した面持ちで待ち続けている。  エスカランテ王国の顧問官。馬の背に腰掛けたゴートン・シャルナードは、気怠そうに、ズボンの裾にかかった泥を落としていた。エスカランテ王国が誕生して五百と数年。魔女の継承の儀の失敗は、一度もない。 「ゴートン様、クライン・アンベルク様からの報告が届きました。ミアの父母が天に重なる槍の刻を、憤怒の魔女の最後とするようです」 「そうか」  ゴートンは目を細めて空を見上げた。地上を照らす二つの太陽は、ちょうど、互いに接触し始めているところだった。 「憤怒の魔女は槍の刻に現れる! 全軍! 戦闘態勢!」  ゴートンは声を張り上げた。横に立つ上級魔術師は拡張魔法の呪文を唱え、ゴートンの言葉を復唱する。  兵士たちは武器を持つ手に力を込めた。  城塞都市アランの城の地下深く。  クライン・アンベルクは、既に息も絶え絶えとなった魔女の横に腰掛けた。骨と皮ばかりになった魔女の背にそっと手を置くと、哀れな魔女への同情心を奥歯でグッと噛み締める。 「魔女よ。もう、楽になりなさい」  危険だと思いながらもクラインは、先ず、回復呪文を唱えた。絶え間なく動いていた魔女の瞳がゆっくりと止まる。  さらば。  祈るように目を瞑ったクラインは、死の呪文を唱えた。 「どうなっている?」  湿地では兵や魔術師が騒めいていた。泥を足で踏み荒らしながら、丘の上を歩きまわるゴートン。 「憤怒の魔女は何処だ!」  既に、天に交差していたミアは別れ、それぞれの方向に落ちている。  ゴートンは焦ったように爪を噛んだ。 「おい! 魔女は確かに死んだのだな」 「は、はい、クライン様に何度も確認をとっております。師はすぐにでも此方に向かわれるとおっしゃってます」  クラインの弟子であるアリシア・ローズは、ツバの広い帽子を深く被り、落ち着きを失ったように視線をあちこちに動かした。最も若い最上級魔術師であるアリシアは、この失敗で師匠のクラインに怒られるのでは無いかと心配していたのだった。  お、おしゃれなんてして来るんじゃなかったよぉ。  湿地の泥を服に塗りたくる少女を必死に止める年上の部下。 「クライン様がお見えになりました!」  魔術師の一人が声を上げた。  顔を上げるゴートン。燃え盛る赤い鳥が猛スピードで此方に向かってくる。アリシアは長い杖を握り直し、姿勢を正した。  赤い鳥は丘の上に到着すると、ふっと炎を消して反転し、背の高い老人の姿に変わる。 「どうなっておる!」  クラインは、先ず、泥だらけになっている愛弟子に向かって声を張り上げた。 「すいません!」  取り敢えず、全力で頭を下げるアリシア。 「すいません、では無いわ! どうなっておるのかと聞いておるのだ!」 「わ、わかりません」  アリシアはわっと泣き出した。 「そちらこそ、どうなっておるのだ? 憤怒の魔女はちゃんと殺したのであろうな?」  ゴートンはギロリとクラインを睨みつけた。髪は乱れて、服は泥に塗れている。 「魔女の死は確かだ。その後、呪いが南に流れていくにも確認した。だが、何故ここにおらんのだ? やはり文献が間違っていたのでは無いか?」 「文献に誤りがあるのならば、とっくに〈ヒト〉は滅んでおるわ! 何か合ったのだ! クライン・アンベルク、何とかせんか!」  ゴートンは取り乱していた。それを見たクラインは多少の冷静さを取り戻す。長い顎髭を撫でる背の高い老人。 「アリシア、お前の目で呪いの痕跡を見てみなさい」 「……ふぇ?」 「空間転移魔法で何者かに魔女の位置が移されておらぬか、確認するのだ!」 「ふぇーん」  アリシアはメソメソと小言を言うと、地べたにへたり込んだまま空間透視魔法と時空回帰魔法を併用した。最上級魔術師のアリシア・ローズは、まだ少女ながらも、魔術追跡のエキスパートだった。 「ひっ……ひっ……ぐすん……ん? あ、れ? 赤黒い、魔力の残穢? 何だろ?」 「何か見えたか!?」 「何か、呪いの残りカスみたいなのが見えます。何だろ、これ? 百年前の魔女のもの?」 「それは、何処に向かっておる!」 「うーん、南の方にざらざら流れていってますね。微かですけど」 「ここから南だと?」  クラインとゴートンは一斉に南の方を向いた。湿地の向こうには海が広がっており、その遥か向こうには様々な種族の暮らすキルランカ大陸がある。 「確か、か?」 「はい、やっぱりざらざら流れていってます。わあ、すごい! 亜空間魔法の痕跡がある!」 「あ、亜空間魔法だと……!? 〈エルフ〉か!」  クラインとゴートンは顔を見合わせた。

Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • スターゴースト異世界庁

    『星空の下、少女達は戦う』

    100

    0


    2021年8月2日更新

    18歳のジャーナリスト、レイラニ・ヒカルがハワイ旅行から東京に帰国。 彼女がその夜遅くに通りを横断するとき、トラックが彼女を襲い、彼女は死にます。 事故後、彼女はファンタジーの世界でサイボーグの半分として目を覚まし、現在はスターゴーストと呼ばれる特別な別の世界の代理店で働いています。 彼女は二つの世界で次の生まれ変わったヒーローになることができますか? 『星空の下、少女達は戦う』 ◆ スターゴースト異世界庁PV → https://youtu.be/tatZzN6mqLg ◇ひかる・レイラニ CV: 橘田 いずみ (https://hibiki-cast.jp/hibiki_f/kitta_izumi/)

    読了目安時間:29分

    この作品を読む

  • その華の名は

    自分の人生は自分で決める。当然の事よね?

    2,200

    0


    2021年8月2日更新

    【悪役令嬢の怠惰な溜め息】スピンオフ作品。 一般的な侯爵令嬢とは一線を画し、武芸もたしなむ程自由に育てられた独立独歩の気質のカテリーナと、才能豊かで色々突き抜けた姉妹を持っている為、「自分は姉妹と比べたら、単なる秀才に過ぎない」とうそぶく腹黒公爵令息ナジェークの、出会いから無事に結婚に持ち込むまでの紆余曲折迷走ストーリー。 自分達の都合で自分の政略的な縁談を模索する兄夫婦とカテリーナが陰に陽にバトルを繰り広げつつ、時期王位継承にからむ対立派閥にそれぞれ属している両家の障害を排除すべく、ナジェークが暗躍します。

    読了目安時間:13時間16分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 話は香るけど

    僕は誰の事も好きじゃないのかもしれない。

    7,600

    0


    2021年7月31日更新

    話は香るけど あらすじ 大学二年生、19歳の青年森川チロはやる気のないキャンパスライフを送りながら恋愛至上主義のただれた毎日を楽しんでいる。 彼は二人の女性と付き合っている。 一人は宝弘子。同じサークルにいる後輩。 もう一人は米田今日子。サークルを卒業した先輩だ。 毎日のように繰り返される二人とのデートで、金は出ていく一方。 満たされない感情。 ある日弘子は待ち合わせに彼氏を同伴してきた。彼氏に奪われる弘子。正直どうでも良い。 真実の愛が欲しいだけだ。 遊園地に今日子先輩を誘い、愛の告白をするチロだが、その結末は……。 森川チロの暗黒青春シリーズ第四弾! 僕は誰の事も好きじゃないのかもしれない。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:15分

    この作品を読む

  • 君の手を掴んで離さないように

    執事×お嬢様のラブコメです。

    65,410

    120


    2021年7月26日更新

    箱入り娘のお嬢様女子高生・白樺柚葉は、ある日父親に「親元を離れて暮らしなさい」と命じられた。 ファザコン気味の柚葉はすんなりと承諾。しかし電車の切符も一人では買えない彼女に一人暮らしは何かとハードルが高い。 そんなお嬢様の元に、かつて遠くに旅立った幼なじみの少年であり、捨て子でもある秋賀野尋斗が帰って来た。 十年ぶりの再会に柚葉は多いに喜んだものだが、大きく立派に成長していた彼は、彼女が必要としていない執事になっていた。白樺には代々執事を婿として迎え入れる慣わしがあり、つまり尋斗は柚葉の婚約者ということになる。 「私は執事なんていらないわ」 「俺と結婚してくれ」 そして始まったルームシェア。何だかちょっと噛み合わない二人だが、どうにかこうにか同棲生活を送っていく。 ある日、尋斗の本当の両親が現れて彼とやり直したいと口にする。けれど彼自身は実の両親を拒絶しており、柚葉はその事で頭を悩ませる。 世の中、どうにもならない事はある。それをすんなり受け入れられるほど彼女は大人ではない。けれど、この問題を上手く解決出来ないのもまた事実。 そんなお嬢様の気持ちを知っていながら、執事は求愛を止めたりはしない。 「わたしの執事になって欲しい」 幼い頃に交わした口約束を、彼は愚直に守り続けているのだから。 恋愛クソザコお嬢様のラブコメディ、始まります。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:13時間28分

    この作品を読む