Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

詐欺師はこの世界に破滅をもたらすのか?

読了目安時間:10分

不首尾な黒い影

 透き通るような青い湖面。  山脈の岩肌は雪化粧に煌めく。  その鋭い峰を映す湖の岸辺には、白い石壁の館があった。  色欲の魔女の居城である。    ゆっくりと質素な門扉が開く。  色欲の魔女アンナ・ジャコフスカヤが姿を見せた。その両眼にはサファイアピンクの瞳が揺らめいている。淡いピンクのドレスは、華奢な体と形の良い胸元を強調していた。  〈ビースト〉の長老タルピオス・ギーシャは膝をついて、灰色の毛に覆われた頭を下げた。  慌てて、ナスリーも膝をつく。  〈ラミア〉の王子であるナスリー・ア・ディーンはアンナのお気に入りだった。全身を覆う白い鱗は美しく、まだ若いナスリーのあどけない表情と仕草に、アンナの擦れた心をいつも癒されたのだった。 「あらあら、坊や、よく来たわねぇ」  アンナは、小動物をあやすかの様に、その銀色の髪を撫でた。  ナスリーはムッとして「おやめください!」と頭を振る。  見た目が同い年くらいのアンナに子供扱いされるのが、ナスリーには不快だった。だが、アンナには嫌がるナスリーの姿も可愛らしい。 「爺も良くいらっしゃったわね。遠かったでしょ?」 「いやいや、良い運動になったわい」  色欲の魔女には今のところ、瞳の色が違う以外に別段変わった様子は見られなかった。タルピオスは取り敢えず、ほっと胸を撫で下ろす。 「それにしても、本当に良い景色であるな」  タルピオスは立ち上がると白い毛に覆われた顎を上げた。悠然と連峰が聳える。山嶺の向こうは巨大な黒雲で渦巻いている。 「そうでしょ? ふふ、ここは私のお気に入りの場所なの」 「ワシも山奥で暮らすのを辞めて、景色の良い水辺に引っ越そうかのぅ」 「うふふ、それが良いわ」  アンナは機嫌が良すぎるようだった。何度もその細い指先で紅く輝る口元を撫でては、喉の奥からコロコロと笑う。  タルピオスは少し不気味に感じた。 「アンナ嬢、あなたにお聞きしたい事があるのだが、よろしいかな?」 「あら、どういたしましたの? かしこまっちゃって」 「……いや、最近、何か良いことでもござったかな?」 「あらぁ? うふふ、どうしてそんな事を聞くのかしらぁ?」  色欲の対象を早急に知る必要のあったタルピオスは、内心肝を冷やしながらもガハハと笑った。 「いやなに、あなたの雰囲気が以前よりグッと華やいだ気がしましてなぁ。ワシのような寂しい老人には、しばらくぶりのうら若き女性の変化が気になったりするのですわい」 「うふふ、お分かりになりますのぉ? 実は最近、私にお友達が出来ましたの!」 「友達……とな?」 「ええ、オリビアという名前の素敵な女性ですのよ。……まぁ、私たちは随分と前から知った仲でいたのですけれども。……ふふ、オリビアったら私が側に居てあげないとすっごく寂しがるの! ほんとに世話の焼ける子でね。……たまーに、とっても頼りになる事があるのですけれど、ふふ」  アンナは白い両手で口を押さえてコロコロと笑った。サファイアピンクの瞳がギラギラと光る。  タルピオスは困惑したように毛深い頭を掻いた。  色欲の対象は女か……? しかも友達とはいったい……? 「……ほぉ、それは大変喜ばしい事だ。ここの美しい景色もお友達と一緒ならば、更に華やぐのでしょうな」 「そう! そうなのよ! とーっても綺麗なの! ああ、本当に……。オリビアはね、呪いのせいであまり身体を動かせないのだけれど、それでも城の窓から見える景色を、いつも二人で眺めているのよ……」 「呪い?」 「オリビアは怠惰の呪いに苦しめられているの、私と同じ……。ふふ、だからこそ、お互い通じ合うものがあるのかしら?」 「た、怠惰の……」  タルピオスは戦慄した。横でじっと二人の会話を眺めていたナスリーも、スッと血の気が引く。 「じゃ、じゃあ僕はこの辺で……」  ナスリーは、アンナと目を合わせないように立ち上がると、慌てて身体を反転させた。 「これこれナスリー坊! ワシは長旅に疲れておるのだ!」  タルピオスは逃げようとするナスリーの腕を、ガシッと掴んで引き寄せた。 「そうよぉ、坊や、少しお城で休んで行ってはいかが?」  アンナは、タルピオスの毛深い腕の中で暴れるナスリーにそっと顔を近づける。スーッと細い指で、その鱗に覆われた頬を撫でた。ナスリーは恐怖で固まってしまう。 「で、では、お言葉に甘えてそうさせてもらおうかの!」   最悪、自分が死んでも、ナスリー王子まで殺されるような事は無いだろう。  タルピオスはここまで来て引く事など出来ないと決心する。  アンナはにっこりと微笑んだ。二人に手招きすると、クルリと背を向けて城に入っていった。  タルピオスは、ぐずるナスリーを引き連れてアンナに続く。  城の中はひんやりと静まり返っていた。執事である背の高い〈オーガ〉以外に動く影はない。 「他の者たちは?」  タルピオスは尋ねた。アンナは少し悲しそうな表情をして振り返る。 「強欲に殺されたわ」 「そ、そうであったか。……それは何とも、悔やみ切れぬ話である」 「良いのよ、皆んなの仇はもうすぐ取るから」 「仇を取る、とな?」  タルピオスは首を傾げた。アンナを襲った強欲の魔女は、とっくに死んだものと聞かされていたからだ。 「このままじゃ、私の可愛いしもべ達が浮かばれないでしょ?」 「しかし、強欲はもう死んだのでは……?」 「ええそうよ、オリビアがやっつけてくれたの!」 「では……」 「だから今度は私が、皆んなの為に〈ヒト〉は皆殺しにすると決めたの!」 「……は?」  タルピオスはポカンとアンナの顔を見つめた。 「それでね、オリビアと二人だけの国を作るの!……きっときっと、とーっても幸せな世界になるわぁ!」  アンナは喜びを全身で表すかのように、両手で頬を包んで満面の笑みを浮かべた。サファイアピンクの瞳が恍惚の涙で光る。  タルピオスとナスリーは言葉を失って、呆然と立ち尽くした。   「こっちだ、坊主ども」  ガベル・フォートルマン・イェル・ドゥルフは、木々の隙間から向こうの様子を確認しながら、乾いた腕を振った。  錆びた鉄を擦り合わせたような不快な声だった。  春人は、イェル族の若頭だと言う〈ゴブリン〉の横顔を恐々と見つめる。  鷲鼻は童話に出てくる魔女のように突き出し、耳元まで裂けた口からはナイフのように鋭利な牙が覗いている。大きな耳の先は尖り、全身の皮膚は老いた松葉の緑に脈動していた。  大半の〈ゴブリン〉は〈ヒト〉の言語を話せるらしい。アリシアはその事にひどく驚き、警戒した。  ソフィアは、春人をいつでも守れるように斜め前を歩いている。  遠くの空から、微かな爆発音が響いてきた。現在、北西のサマルディア王国とド・ゴルド帝国が激しく交戦している。春人たちはクラウディウスの指示で、その戦争を止める為に動いていた。  戦争なんて個人の力じゃ止められねーだろ……。  春人はソフィアの背中で眠るアリスをちらりと見る。いざとなったら、アリスに頼んですぐに逃げようと考えていた。  本当ならば、今すぐにでも引き返したかった。だが、腰を低くして無音で移動するガベルに背中を向けるのが怖かったのだ。  忍者みたいだ。  春人は音を立てずに草木の上を進むガベルの後ろ姿を見て、唾を飲み込んだ。その背中には長い槍を背負い、腰には三日月型の剣を携えている。 「おい緑色! どーするのだ、これから?」  ソフィアが怒鳴った。ガベルは舐め回すようにソフィアを見返すと、クックといやらしい笑みを浮かべる。 「貴様が裸となって囮になれ。その隙に坊主の呪いをあ奴らにぶつける」  ガベルは既に戦争の様子が見えているかのように、長く折れ曲がった指を爆発音のする方向に指した。  ソフィアはカッとなって短剣を抜いた。瞳の色が紅く光る。 「お、落ち着いてください、ソフィアさん! ガベルさんも謝って!」  アリシアが、周囲を警戒しながら小声で怒鳴った。 「お嬢ちゃんなら、どうする?」  ガベルは真っ黒な瞳で、アリシアを流し見る。ざらつく不快な声色に、アリシアはビクッと身構えた。 「……既に大国同士の激しい戦闘が始まっています。正直、私たちの力ではもうどうしようもありません」 「ほぅ、本当にそう思うか?」 「思います、何をしても無駄です。……お願いですから、早く負傷者の救援に回りましょう」 「クック、戦場の負傷者を数人助けたところでどうなる? どのみち、このままでは何万人と死ぬのだ。そうならぬように、戦争自体を止めるべきだと思わんか、お嬢ちゃん?」 「……だから、それが不可能だと」 「〈ドワーフ〉の頭を殺せばいい。その日の戦闘は終わらんだろうが、次の日の朝に〈ドワーフ〉軍は瓦解する。奴らの大半はリーダーの号令の元に動き出すのだ」 「そんな話聞いた事無いわ。いったい何を根拠に……?」 「お嬢ちゃん、〈ドワーフ〉をよく知らんだろう? あ奴らは一見無秩序に見えてその実、強力なリーダーの元へ一本線で繋がっておる。少し前に強欲の魔女がド・ゴルドの帝国軍を襲撃した事があった。あの金髪の男は知ってか知らずか、ガザリアスという軍隊長をいち早く殺す事で、見事に奇襲の成功を収めていた」 「ご、強欲?」 「まぁ、お嬢ちゃんは知らなくてもいい話だ。帰って絵本でも読んでいなさい」  ガベルはクックと笑った。アリシアはムッとして唇を結ぶ。  沈黙が流れると、ガベルは前に向き直って先に進んだ。春人たちもそれを追う。眠りこけるアリスを含めた五人は少しづつ戦場に近づいていった。 「止まれ!」   陽が傾き始めた頃、急にガベルが怒鳴り声を上げた。長い左手で春人たちを制止する。  その時、横から飛んできた巨石が前方の木々を薙ぎ倒した。  ソフィアは咄嗟に、春人とアリシアを押し倒す。 「おいおい、ガキばっかじゃねーか……」  巨石の飛んできた方向から異様に背の高い男が姿を表した。  手足は春人の胴体より遥かに野太い。無造作に伸ばされた黒髪、ブラシの様に尖った髭は短く揃えられている。 「……お主〈ドワーフ〉か? 戦場はあっちだぞ?」  ガベルは素早く手に取った鋭い槍の先を、爆発音の続く北に向けた。 「なに、敵の主力を殺ったら暇になってな。戦場の周りを歩き回るネズミどもに興味が湧いたんだ」 「ほぉ、ネズミを気にするとは。お主、デカい図体に似合わず小心者だのぉ」 「クハハ、ネズミとはお前ら〈ゴブリン〉どもの事だ。死ね」  〈ドワーフ〉の男はベルトで背中に縛られた、丸太の様な大剣を掴んだ。二の腕の筋肉が牛の胴体のように盛り上がる。  馬鹿が。  ガベルはスッと腕を下げると、全身で半円を描くようにして槍を伸ばした。陽光を反射させる鋭い矛が風を切り裂き、男の無防備な胸元に突き刺さる。  槍先には即効性の神経毒が塗ってあった。ガラムピシャという青い蛇の牙から取れる毒液で、ごく僅かでも体内に入れば、最強種族と言われる〈オーガ〉ですら死に至らせるという強力なものだった。  〈ドワーフ〉の強靭な肉体を貫けずとも構わん、僅かな傷で良いのだ。  ガベルはニヤリと口を歪ませる。  だが、男は厚い胸板で槍先を押したまま、何事も無いかのように大剣を振り上げた。  何だと!?  ガベルは素早く後ろに下がって、手裏剣を男の両眼に飛ばした。男は鬱陶しそうに指でそれを払う。  槍が突き刺さったはずの男の胸には、傷一つ付いていない。ガベルは槍先を下ろして目を細めると、無造作に髪を伸ばす男の顔を見上げた。 「お主もしや……、‘’赤壁‘’のバルザック・リオンか?」 「クハハ、懐かしい呼び名だ」 「では、それが噂の‘’竜の肌‘’か、どうりで……」  ガベルは逃げる算段をつけた。  ‘’赤壁‘’のバルザック・リオンはかつての戦争において、〈ヒト〉の最上級魔術師を含む三個師団六千人を、たった一人で壊滅させていた。  先ずは憤怒の坊主を逃がさねば。  ガベルは手裏剣を右手の指に挟み、左手で三日月刀を抜く。鏡のように磨かれた刃は、細い毛を縦半分に切り裂けるほど鋭利に研いであった。  アリシアは、バルザックの巨体から溢れる猛獣のような殺気に震えが止まらなかった。急いでガベルを除いた四人の周りに障壁を張ると、一斉に逃げられるように範囲転移魔法の準備をする。だが、バルザックは女子供には興味が無いのか、ガベルだけを見つめていた。  バルザックは岩のような膝にグッと力を込めると、空間を切り裂くように大剣を振った。ガベルはその眼球に照準を合わせる。  突然、ハープの音色が辺りに響き始めた。弦を弾くリズミカルで優しい旋律が、爆音の隙間を縫うように流れる。  バルザックとガベルは咄嗟に後ろに下がった。  アリスはパッと目覚めと、異空間魔法を展開する。だが、一歩遅かった。  最古の〈ヴァンパイア〉エメリヒ・フローレス・カラヴァッジョの鋭い爪が障壁を突き破り、春人の胸を貫いた。  

Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • その華の名は

    自分の人生は自分で決める。当然の事よね?

    2,200

    0


    2021年8月1日更新

    【悪役令嬢の怠惰な溜め息】スピンオフ作品。 一般的な侯爵令嬢とは一線を画し、武芸もたしなむ程自由に育てられた独立独歩の気質のカテリーナと、才能豊かで色々突き抜けた姉妹を持っている為、「自分は姉妹と比べたら、単なる秀才に過ぎない」とうそぶく腹黒公爵令息ナジェークの、出会いから無事に結婚に持ち込むまでの紆余曲折迷走ストーリー。 自分達の都合で自分の政略的な縁談を模索する兄夫婦とカテリーナが陰に陽にバトルを繰り広げつつ、時期王位継承にからむ対立派閥にそれぞれ属している両家の障害を排除すべく、ナジェークが暗躍します。

    読了目安時間:13時間16分

    この作品を読む

  • ゴブリンでも勇者になれますか?

    望まれるなら、神様だって救ってみせる。

    0

    0


    2021年8月2日更新

    勇者とは絶対的な力と信頼と実績を兼ね備えた騎士にのみ与えられる称号である。 そして、騎士になる為には厳しい入団試験に合格しなければならない。 人々は己が鍛え上げた肉体や魔法を駆使してその試験に臨んでいる。 魔法に長けているエルフ、身体能力が高い獣人、人間以外の種族も騎士に入団しその力を発揮している。 そんな中で魔法も使えず、身体能力も人間に劣るゴブリンが入団試験に合格など出来るわけがなかった。 彼が現れるまでは。 これは強気で自信過剰なゴブリンが勇者を目指す物語である。 「小説家になろう」様「カクヨム」様でも投稿しています。

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 月影の砂

    五人の少年少女の英雄物語

    59,000

    215


    2021年8月1日更新

    突如として現れた邪悪なる魂、おとぎ話に語られる《絶望》。それは最初の英雄と呼ばれる五人の手によって封印された。 やがて千年の月日が流れ、五つに分けられた封印のクリスタルから絶望の魂の一部が解放されてしまう。 絶望は一人の少年を乗っ取り、己の野望を果たすためにひっそりと動き始める。 封印が解けたことに気づいた月の女神は、解き放たれた絶望を倒すために五人の少年少女に特別な力を与える。 のちに最後の英雄と呼ばれるこの五人のうちの一人、ルーセント・スノーは唯一絶望を倒すことができる守護者を与えられた。 田舎町の道場で剣術を習っていただけの少年は、仲間を探すために世界をめぐり、国を守るために将軍として軍を率いて、いまだ見ぬ絶望に立ち向かっていく。 ――――――――――――――――――――――――― <おしらせ> Teapotノベルスにて、書籍化に向けての応援を募集しています。 https://teapot-novels.com/vote/#item-494 ここから応援をお願いします。 現在、読みやすくするために修正中。1-終話まで完了(2020/12/29) ※一部の修正が完了しました。二部以降も修正したいですが未定です。一部と矛盾してるところも出てくるかもしれません。 サブタイトルの話数表記を変更しました。(2020/12/19) ※縦組みを想定して行間を詰めて書いています。 いつもスタンプ・ポイント、ブクマ等ありがとうございます(≧∇≦)

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:20時間9分

    この作品を読む

  • 君の手を掴んで離さないように

    執事×お嬢様のラブコメです。

    65,410

    120


    2021年7月26日更新

    箱入り娘のお嬢様女子高生・白樺柚葉は、ある日父親に「親元を離れて暮らしなさい」と命じられた。 ファザコン気味の柚葉はすんなりと承諾。しかし電車の切符も一人では買えない彼女に一人暮らしは何かとハードルが高い。 そんなお嬢様の元に、かつて遠くに旅立った幼なじみの少年であり、捨て子でもある秋賀野尋斗が帰って来た。 十年ぶりの再会に柚葉は多いに喜んだものだが、大きく立派に成長していた彼は、彼女が必要としていない執事になっていた。白樺には代々執事を婿として迎え入れる慣わしがあり、つまり尋斗は柚葉の婚約者ということになる。 「私は執事なんていらないわ」 「俺と結婚してくれ」 そして始まったルームシェア。何だかちょっと噛み合わない二人だが、どうにかこうにか同棲生活を送っていく。 ある日、尋斗の本当の両親が現れて彼とやり直したいと口にする。けれど彼自身は実の両親を拒絶しており、柚葉はその事で頭を悩ませる。 世の中、どうにもならない事はある。それをすんなり受け入れられるほど彼女は大人ではない。けれど、この問題を上手く解決出来ないのもまた事実。 そんなお嬢様の気持ちを知っていながら、執事は求愛を止めたりはしない。 「わたしの執事になって欲しい」 幼い頃に交わした口約束を、彼は愚直に守り続けているのだから。 恋愛クソザコお嬢様のラブコメディ、始まります。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:13時間28分

    この作品を読む