Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

詐欺師はこの世界に破滅をもたらすのか?

読了目安時間:6分

嘆きの教室

「どうして、そんな嘘をつくの?」  アリシアは悲しくなって下を向いた。  エマ・ジョンソンはギュッと灰色のローブの裾を握る。 「う、嘘ではありません! 本当に私は昨夜、あのナツキという卑しい貧民に背後から襲われたのです! ギリギリの所でフェルデリコ様に救われましたが、もしあのまま誰も私を助けてくださらなかったらと思うと……」 「嘘よ! ナツキはそんな事しない! それに卑しい貧民なんかじゃない! 何で私たちにそんな嫌がらせするの? お願いだから、もう辞めてよ……」  アリシアは下を向いたまま、泣きそうになるのをぐっと堪えた。  そ、そうだった、アリシア様は心を病んでおられるのだった。  エマは慌てた。弁明しようと一歩前に出る。 「い、嫌がらせなど、私はそんな……」  突然、廊下に悲鳴が響き渡った。  エマは何事かと言葉を止めた。甲高い悲鳴、複数の足音、それに爆裂音のようなものが扉の向こうから聞こえてきた。  アリシアははっと顔をあげた。咄嗟に、エマと自分を包むように魔法障壁を張る。  教室のドアが吹き飛んだ。エマはきゃっと悲鳴を上げる。  アリシアは魔法障壁を三重にした。さらに空間魔法で、教室の入り口に雷撃魔法をセットした。黒雲が雷鳴を立てて渦巻く。 「……誰?」  まさか、世界同盟の奴らか?   アリシアは両手を前に掲げて身構えた。  世界同盟は、ユートリア大陸の各地で活動する自由主義者たちの総称であった。  彼らは種族解放と世界平和を訴えていた。現在、キルランカ大陸での森の民の虐殺に対して、激しい抗議活動を繰り広げているらしい。暴動による死人も多数出ていた。 「……へぇ、やっぱり俺の事も殺すつもりなんだな」 「えっ!?」  アリシアは驚いて手を下ろす。  爆煙の中から出てきたのは春人だった。 「ナツキ? ……どうして?」 「なぁ、お前さ、これって俺の事を殺すつもりで出したんだろ?」  春人は目の前に渦巻く黒い雲を指差した。瞳はそれと同じように黒く揺らいでいる。 「……あっ、ち、違うよ! これは違うからね、ナツキ!」  アリシアは慌てて雷撃魔法を解除した。さらに障壁も解く。 「いけません! アリシア様!」 「貴方は黙ってて!」  慌てて前に出ようとするエマを、アリシアは怒鳴りつけた。それでもエマは、アリシアの制止を無視して春人の前に立ちはだかる。  やはりこの男は、危険だった。  軍人の娘であるエマは、憤怒の魔女が男かも知れないという噂を、何度も聞いていた。あの虐殺の際に戦場で不審な男を見たという証言がいくつもあったからだ。  エマは、魔女が男だという噂には流石に失笑した。それはありえないと思ったからだ。まだ子供であるナツキ・アスターシナが、その戦場にいた男だとも思ってはいなかった。だが、憤怒の魔女失踪の件に、何らかの関わりがあるのではないかと疑っていた。  魔法学院では編入事態が珍しい。そんな中で、アリシア・ローズと同時期に多言語を操る出生不明の男の子が入学してくるのは、余りにも不自然だった。その為、一部の生徒と教師の大多数は彼を警戒していた。  フェルデリコ様のイジメが続けば、何らかのボロを出すかも知れないと期待していたが……。  まさか彼がこれほど早く、これほど苛烈な行動に出るとは、エマも予想していなかった。 「ナツキ・アスターシナ。貴様、自分が何をやっているのか、分かっているのか?」 「はあ?」 「貴様、いったい何者だ? 憤怒の魔女がいたというあの戦場で、不審な男の目撃情報が多数存在している。もしや貴様、その男と何らかの繋がりがあるのではないか?」 「はぁ、そうかい」 「答えろ! 貴様は……」  腹に衝撃が走った。エマは何事かと視線を下げると、破壊されたドアの破片が腹を貫いていた。ショックで思考が停止する。大量の液体が喉元にこみ上げてきたのを感じると、ゴボッと真っ赤な血が口から溢れた。 「ちょ、ちょっと!?」  アリシアは何が起こっているのか理解出来なかった。とにかくエマを助けなければと駆け寄る。 「だ、大丈夫だからね? すぐ治すから……」  血を吐いてうめくエマを支えた。ドアの破片を転移魔法で抜くと共に、治癒魔法を唱えようとした。 「おい」  春人は、治療のためにしゃがみ込んだアリシアの胸ぐらをグッと掴む。そのまま彼女の身体を持ち上げた。 「ナ、ナツキ……? ちょっと、冗談はやめて……」 「冗談? 冗談はお前だろ? この偽善者が」 「その子が、し、死んじゃう……」 「いいんだよ、こんな奴ら何人死のうと、そうだろ?」 「よ、よくないよ! 何で? どうしちゃったの、ナツキ……?」  エマは床にぐったりと横たわったまま、はぁはぁと浅い呼吸を繰り返していた。床には血溜まりが出来ている。 「あああ!? だめっ、死んじゃう! ああ、死んじゃう! いやああああああああああ」  アリシアは発作を起こした。戦争の惨劇が脳裏にフラッシュバックする。  目の前で次々と肉塊に変わる兵士たち……、頭が破裂していく魔術師たち……、焼け焦げる肉……、首を落とされる〈ドワーフ〉……、踏み潰される〈ホビット〉……。  早く早く早く早く、早く皆んなを助けないと!  アリシアは必死に暴れた。涙で顔をぐちゃぐちゃにして悲鳴を上げる。春人は驚いて手を離した。  アリシアは地面に転がると、エマの元に駆け寄った。そして嗚咽しながら虫の息のエマを治療した。 「……何でだよ?」  春人は拳を握りしめた。 「何でっ……! ヒ、〈ヒト〉以外は、殺していいってことかよ! おい!」 「……ど、どうしちゃったの、ナツキ?」 「ナツキじゃねぇ! 春人だ!」 「……ハ、ハルトって?」 「なぁ、お、お前は森の民を殺したんだろ?」 「……えっ?」 「俺を殺すために、アイツらも殺したんだよな?」 「……あ、あいつらって? ……も、森の民って?」 「お前が殺したんだろ! なあ! 答えろよ!」 「……そ……。ご、ごめんなさい……ごめんなさい……ごめんなさい……」  春人は泣いていた。悔しかったのだ。  泣きじゃくるアリシアの弱々しい姿を見て、哀れだと思ってしまった。  殺そうと思ってたのに、これじゃあ殺せねーじゃねーか、ちくしょう……。  バンっと春人の右腕が吹き飛んだ。次に両足がへし曲がり、腹に風穴が開いた。  鬼の形相をしたアステカ・トナティウスが教室の入り口に立っていた。  既にローブは脱ぎ捨てており、引き締まった身体に刻まれた無数の古代文字が露わになっていた。 「あっ、がっ……」  春人は床に転がった。  アリシアは甲高い悲鳴をあげると、春人を助けようと床を這った。 「……どうなっている? 其奴は本当に憤怒の魔女か?」  アステカは最後の一撃を躊躇った。それは、春人がどう見ても子供だったからだ。  もしも違ったのなら、関係ない子供を殺してしまうことになる。  アステカは慌てて春人に駆け寄った。 「離れなさい」  少女の声がした。  アステカは振り返ると、雪のように白い少女が真後ろに立っていた。  〈エルフ〉!?  アステカは身構える。しかし、少女は無表情なまま動かない。 「しまった!」  幻影魔法だった。アステカが気づいた時には既に〈エルフ〉も少年も消えていた。  まただ。クソッ、私はいったい何をやっているんだ。  アステカは凄まじい自分への怒りに震えた。    サマルディア王国は混乱に包まれていた。  キルランカ大陸の各地で、何者かによる無差別の大虐殺が起こなわれているという報告があったのだ。特に、ド・ゴルド帝国の勇猛な〈ドワーフ〉軍が一夜にして壊滅したという話は、王国を震撼させた。  流石に信憑性に欠けると考えたエヴァンゲレスは、部下のアニエル・ゲインを急ぎ、西方のド・ゴルド帝国まで偵察に向かわせていた。  〈ドワーフ〉軍に通常の剣や魔法攻撃は無意味だ。あやつらが一晩で壊滅するなど、絶対にありえん。  エヴァンゲレスは城壁の上から荒野を見下ろした。延々と続く荒涼とした岩肌は、いつもと変わらず乾いた砂風が舞っていた。  いったい、何が起こっているのだ。  

Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 復讐ダークファンタジー

    110,200

    0


    2021年8月1日更新

    「死ね」「偽勇者め」「貴様のせいで!」 魔王を倒したオレに集まる人々の信望を憎悪に挿げ替えた王族は、戦争犯罪者として勇者を殺すことを決めた。罵る声の中、残酷な処刑で命を奪われかけたオレの前に立ち、手を差し伸べたのは黒髪の美女。リリィと名乗る彼女は、オレに復讐を持ちかける。 日本から召喚され、死に物狂いで鍛えて、魔王と死闘を繰り広げ……オレはこの世界に拒絶された。元の世界に戻れないなら、お前達に相応の死をくれてやる! 復讐から始まる、暗く切ないダークファンタジー。リリィの正体と目的が明かされた時、オレは何を選ぶのか。 ※残酷描写、流血シーンがあります。意外と主人公が前向きです。 【同時掲載】小説家になろう、カクヨム、エブリスタ、アルファポリス、ノベルアップ+、ノベルバ

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:5時間33分

    この作品を読む

  • 裏庭が裏ダンジョンでした@ほぼ毎日更新

    家の裏庭は裏ダンジョンでした

    2,000

    0


    2021年8月2日更新

    結界で隔離されたど田舎に祖父と二人で住んでいる『ムツヤ』。 彼は裏庭の塔が裏ダンジョンだと知らずに子供の頃から遊び場にしていた。 裏ダンジョンで鍛えた力とチート級のアイテムと、アホのムツヤが異世界に解き放たれる! ※エブリスタ・アルファポリスと同時連載です。

    読了目安時間:2時間0分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 華姫奇譚

    魔術師達が織り成す物語

    12,200

    0


    2021年8月1日更新

    現代とは少しズレた、魔術が存在し異形たる化け物「黒影」が跋扈する日ノ元。魔術師「風咲 将鷹」と「雪城 虎織」は自らが愛する土地、華姫市を守るため今日も今日とて黒影を狩る。 そんなある日彼らの日常は一変する。 魔術師と数々の思惑と願いが入り乱れる一人称視点群像劇(?)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6時間36分

    この作品を読む

  • 蒼空世界のメカ娘~レミエと神とあの空の話

    生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    856,211

    3,743


    2021年8月1日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:22時間28分

    この作品を読む