文芸/純文学 短編 完結済

手抜き

作者からの一言コメント

“抜く”に惑う、あるいは長けた男だった。

不器量な山城には、同じく不器量な妻、芳江がいる。 外見上の劣等感ゆえに、山城は幼いころから屈折した思考と行動を続けてきた。 それは、芳江との結婚生活を営む今でも改善されることはなかった。 馬鹿馬鹿しくも哀しい、夫婦の心模様を描いた短編小説。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 手抜き
作者名 sandalwood1124
ジャンル 文芸/純文学
タグ 短編 夫婦 囲碁
セルフレイティング 性的表現あり
初掲載日 2020年5月22日 22時43分
最終投稿日 2020年6月14日 22時20分
完結日 2020年6月14日 22時20分
文字数 10,724文字
ブックマーク登録 4件
コメント 10件
スタンプ 10件
ビビッと 1件
応援ポイント 18,800pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ある女子高生の不思議な体験

    ♡149,300

    〇637

    歴史/時代・連載中・52話・65,219字 八島唯

    2020年12月5日更新

    聖リュケイオン女学園。珍しい「世界史科」を設置する全寮制の女子高。不本意にも入学を余儀なくされた主人公宍戸菜穂は、また不本意な役割をこの学園で担うことになる。世界史上の様々な出来事、戦場を仮想的にシミュレートして生徒同士が競う、『アリストテレス』システムを舞台に火花を散らす。しかし、単なる学校の一授業にすぎなかったこのシステムが暴走した結果......

  • 家出少年と怨霊幼馴染の暴走青春ジュブっ

    ♡46,300

    〇1,700

    現代/青春ドラマ・連載中・8話・17,644字 真坂

    2020年12月5日更新

    冨貴乃東寺は今困っていた。 生まれて生きて16歳高校男児。 両親は先日子を捨てて夜逃げした。しかし東寺は気付かずに四畳半の自室で一人畳で大富豪をしていた。 彼はその日、自宅のドアがバンバン叩かれてヤクザ者に借金の返済を迫られる。両親が残した借金は3000とんで20万。とても払えないと踏んだ東寺は家の隠し通路から逃げ出した。 幽霊と一緒に。 「ねえねえふっきー! お金も無いのにどこ逃げるの?」 「親探すしかねーだろ!」 「多分その親もお金ないよ」 「警察に保護……はさておき、いくぞ。レッツ都会! コンクリートジャングル!」 「東京バナナひゃっほー!おらワクワクしてきた!」 幼馴染の幽霊、福住小菜は10年前に一家無理心中で家族に殺されてから家に来てもう10年の付き合いになる東寺の相棒であり、怨霊であり、友達である。 冬のあるイベントの日、カボチャのマスクをして、全身黒タイツを着て、機関銃を持ってちびっこを脅しに回るイベントで、小菜はその時だけ生き返り、まるで生きているように外を駆け回っていた。 そんな彼らだけが知る特別な世界。 家出(夜逃げ?)少年と怨霊?幼馴染コナの涙あり笑いありな現代社会舐め舐め大冒険は始まった! イラストいただきました! イラスト キャラ 鷄飼 諒様 背景 フリーサイトGAHAG様 フォント 簡単ロゴ作成様 文 真坂

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 300文字で綴る掌編集です

    ♡85,900

    〇50

    文芸/純文学・連載中・94話・28,153字 帆ノ風ヒロ / Hiro Honoka

    2020年12月6日更新

    300文字で綴る掌編集。 さくっと読み終わりますので、お気軽にお楽しみください。

  • 絶世の美青年は惚れた男の傍で眠りたかった

    ♡24,400

    〇102

    文芸/純文学・連載中・216話・199,303字 静山 花輪

    2020年12月6日更新

    ※読者の皆様、これから読まれる皆様へ いつも、たくさんの応援スタンプ、メッセージ、応援ポイントやノベラポイントありがとうございます。皆様の優しさや心配りにいつも感謝し、また原動力になっております。もし、貴方様が私が貴方の素晴らしい小説を読んだ、そのお返しに無理に読もうとしている場合は、その必要は一切ございませんのでご安心ください。是非、執筆にそのお時間をお使いくださいませ。私は貴方様の小説の続きが公開された方がよっぽど嬉しいのです。 ※公開したまま編集・誤字訂正しています。 10/5 ※120ページまで編集しました(∩´∀`∩) ※今後の予定 12月は毎日更新します。ブックマーク登録してる方で通知不要の方は、『トップページ』→『マイページ』→『ブックマーク』→『通知OFF』を選択して下さいね~(●^o^●)毎日通知が来てうるさいかも~ 大手芸能事務所『光屋芸能企画研究所(光屋企画)』の光屋花太郎社長の引退に伴い、最後の仕事として若手俳優軍団『光花苑』を結成させる大規模プロジェクトが始まる。 『光花苑』に選ばれた6人のそれぞれの劣等感と渇望が絡み合い、ついには自我を失った美青年は悲劇に遭う。 社会には見目麗しい美青年を装い、振り返れば悲劇の青年の呪いの中を生きていかねばならなかった彼らは、逃げていたことから立ち向かうことでしか救われないと気付く。 『舞い落ちる美青年を見たのは誰か?』 『この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません』よろしくー!