文芸/純文学 短編 完結済

手抜き

作者からの一言コメント

“抜く”に惑う、あるいは長けた男だった。

読了目安時間:21分

総エピソード数:9話

手抜きの表紙

不器量な山城には、同じく不器量な妻、芳江がいる。 外見上の劣等感ゆえに、山城は幼いころから屈折した思考と行動を続けてきた。 それは、芳江との結婚生活を営む今でも改善されることはなかった。 馬鹿馬鹿しくも哀しい、夫婦の心模様を描いた短編小説。

前へ

1-9

次へ

前へ

1-9

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 手抜き
作者名 sandalwood1124
ジャンル 文芸/純文学
タグ 短編 夫婦 囲碁
セルフレイティング 性的表現あり
初掲載日 2020年5月22日 22時43分
最終投稿日 2020年6月14日 22時20分
完結日 2020年6月14日 22時20分
文字数 10,724文字
読了目安時間 21分
総エピソード数 9話
ブックマーク登録 5件
コメント 10件
スタンプ 9件
ビビッと 1件
応援ポイント 18,800pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 1件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る