「愛情への“手抜き”」

 山城ほどではないが、芳江も囲碁が強い。    芳江も、大学の囲碁部出身だった。年二回の団体戦では、それなりの好成績を挙げたこともあった。山城が利用していたインターネット囲碁サイトの棋力でいえば四段ないしは五段程度で、十分に高段者と呼びうる実力を持っていた。  山城が持ち前の勘のよさ、あるいはセンスのよさを主として上達したのに対して、芳江の場合は専ら努力の賜物だった。同じような悪手を繰り返し、同じような死活を間違えて何度も痛い目を見たが、その蓄積により強くなった。    盤外においても、芳江は同様にして成長した。外見や頭の回転の悪さに正面から向き合い愚直に砥礪切磋(しれいせっさ)することで、低空飛行ながらも着実に歩んできた。見るに堪えないほど醜悪ではないにしろ、美人とはほど遠い容姿を抱えながらも希望の美容関連の職に就けたことを考えても、芳江の努力が相当なものであったことがわかる。  芳江は、山城の“手抜き加減”を好もしく思っていた。  当然受けてくれるだろうと考えて打った一手に、山城が手を止めて盤全体に視線を動かす。もとより細い目をさらに細くし、やや前のめりになって傾注する山城の姿はお世辞にも恰好良いとはいえないが、芳江はそういう山城の姿や、そこから繰り出される予想外の一手が好きだった。熟考する際に無意識的に睫毛を引き抜く癖はいただけなかったが、それが始まった後に飛び出す手はいつも芳江の意表を突いた。  夫婦生活に、芳江は現状これといった不満はない。  二十代の半ば、医師から原因不明の卵管閉塞(らんかんへいそく)と診断された。結婚活動が四年にも及んだのは、そもそもの第一印象などが男受けしなかったことが主要因ではあるものの、この件も確かに付随していた。  山城は、しかしそれを知っても態度を変えなかった。子どもがほしいわけではないから構わない、という言葉に、芳江は胸のつかえが下りる思いだった。  その言葉は(けだ)し本心であろうと、芳江は思う。  それを確かめるすべはないが、日頃から心にもないでたらめを口にするような男ではない。  一方で、山城の言葉にそれ以外の意味が伏在(ふくざい)しているのではと感じることもあった。相手が自分だからそう言えるのではとか、不器量な妻の子を授かることにならずに幸運だとか、左様(さよう)な感情が隠されているのではとゆくりなく感じてしまう場面があるのだ。    行為のとき、たとえば山城が仁王立ちになり、芳江を自身の要所に深々とあてがった際、山城がほとんど天井を仰ぎ自分のほうへと視線を投じないときなど、ふっと這般(しゃはん)の疑問に惑う。勢いを増し、嗚咽感に耐えかねてだらだらと不潔な液を垂れ流したとき、山城があからさまに眉根を寄せる様子に、不遜にもこの男は自分への愛情が抜け落ちていると思わざるを得なくなる。  盤上での手抜きに魅了されつつも、盤外におけるそれは如何にと、芳江は時折冷静に思索をめぐらせた。  山城に尽くす理由などあるのだろうか。鏡台に向かって睫毛を盛りながら、それに対する答えをあれこれと探す機会がおよそ月に二度ほど訪れる。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • 邪気眼ぱいせん

    白胡麻もち

    ♡1,000pt 2020年6月13日 19時19分

    芳江の視点が入っているのが凄く良いなと感じました。最後はちょっと不穏でしたが、囲碁を通して相手を見るというsandalwoodさんの作品らしさが出ていて、非常に好みです。続きも楽しみにしています。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    白胡麻もち

    2020年6月13日 19時19分

    邪気眼ぱいせん
  • エリナ(QB)

    sandalwood1124

    2020年6月13日 20時50分

    有難うございます。普段あまり書かない三人称視点ですが、そう言って頂けると安心しますね。囲碁は、やはり何かと使い勝手が良くて入れてしまいますね(笑)あと2話で終了なので、最後までお付き合いいただけたらと思います。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    sandalwood1124

    2020年6月13日 20時50分

    エリナ(QB)
  • れびゅにゃ~

    玉椿 沢

    ♡500pt 2020年11月8日 15時00分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ステキですっ!

    玉椿 沢

    2020年11月8日 15時00分

    れびゅにゃ~
  • エリナ(QB)

    sandalwood1124

    2020年11月8日 15時04分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    圧倒的感謝

    sandalwood1124

    2020年11月8日 15時04分

    エリナ(QB)

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    ♡584,600

    〇3,628

    SF・連載中・91話・526,566字 新星

    2021年3月7日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

  • 八百万の神犇めく空に咲く悲恋の華

    ♡81,500

    〇410

    異世界ファンタジー・連載中・13話・52,272字 駿河防人

    2021年3月8日更新

    タキオン・ソード第二部開幕―― 理力文明の最盛期、二つの大国が戦争を迎える中、蒼い髪の少女は、異界への活力流出現象を止めるため、精霊王たる女神との契約をめざし、世界中を旅することに。 次の目的地は、八百万の神が犇めく神秘の島国、アスカ皇国。 彼の地にて、再び超常の剣をめぐる冒険が幕を開ける! ことの始まりに、少女を守護する騎士・ダーンは、馴れない軍人の立場にあって、初の潜水艦戦闘を経験する。未知の力《星沁》が干渉するアスカ皇国にて、新たな出会いと戦いが待っていた! 第二部も、お色気シーン満載です!

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る