「"抜く"に惑う男」

 思い返せば、山城の人生は“抜く”という行為に振り回されてきたものであった。    山城に限ったことではなく、誰しもが多かれ少なかれ類似した体験をしているはずだが、山城はそれらのひとつひとつを必要以上によく覚えている。  今朝もそうだ。  自宅リヴィングでまわしている扇風機のコンセントを、山城はいつも抜いてから外出している。外出の直前に抜く、などと決めているわけではないが、自身の中で当然のルーティーンと化しているため、わざわざ時間を置いて二度、三度と確認することもない。    それでおおむね問題ないが、今日のように時折、忘れたころに煩わされる。それも、駅の改札を抜けて急行に飛び乗った直後などという、この上なく間の悪いときにふっと思い出すのだ。家の鍵ではあるまいし、仮に一日忘れたとしてもたいして不都合は生じないと判っていても、そういう場合は結局、往復一時間ほど浪費をしても引き返すことになる。芳江が非番で家に居ればなんの問題もないものの、山城がそのように惑うのは決まって芳江が朝早くに出社して家が空になっている日であった。    そうして戻った場合、扇風機のコンセントは正しく抜かれており、ため息ののちに冷蔵庫から麦茶の入ったピッチャーを取り出して水分補給をするところまでが、山城にとっての第二のルーティーンとなっていた。  昨日の出来事もそうだ。  昼休み、職場の近くに新しく開店したラーメン屋に入った。  さほど珍しくもないチェーン店だが、訪れたことがなかったので、山城はいつもの定食屋を素通りして入店した。  その店で最も人気の味噌ラーメンを注文すると、三分ほどで提供された。腹が減っていたので鼻歌まじりに割り箸を割り、どんぶりに目をやると、チャーシューの横に髪の毛が混入していた。  店員に伝えて新しいラーメンの提供を要請するも、店員は平謝りののちにどんぶりから髪の毛をさっと抜き取るのみで、交換などできないと峻拒(しゅんきょ)するのだ。こうしたアクシデントが別段珍しいことでないことは判っていたが、店員のいささか横柄な態度が引き金となり、山城はカウンターに左右の拳を叩きつけ、こんな店は即刻つぶれてしまえと吐き捨てたのちに割り箸とれんげを店員に投げつけて退店した。     なぜそれほど業腹(ごうはら)に思ったのか、今振り返れば山城自身も不思議に思った。しかし、あのときは実に腹立たしく、他の場所で食事をし直す気にもなれず、昼食を抜いたまま午後の仕事を迎えた。  空腹のためか、普段であればやらないようなケアレスミスを犯し、山城は上司からひどく説教を喰らった。  他にも、山城の“抜く”という言葉にまつわるエピソードは多岐にわたった。    学生のころからなにかと手を抜く癖があり、小学生の中ごろよりその手法を覚えた。  宿題は、入念に確認される科目だけを取り組んでそれ以外はおおむね手をつけなかったり、体育の時間には、教師の目がそれているうちに、体育館から抜け出して校舎裏で休んだりした。適当に時間をつぶし、戻るときは何食わぬ顔をして集団に溶け込むのは山城には朝飯前だった。  また掃除の時間は、他生徒や教師に見られていないときは取り組んでいるふりのみをした。床に多少の(ほこり)やごみくずがあろうがなかろうが、生徒も教師もさほど関心を示さないことをわかっていた。    そういう要領で、山城はのらりくらりと大学卒業まで馬齢(ばれい)を重ねたのである。  自身の器量の悪さが、女子生徒からの反応の乏しさに関連していることを幼少期のうちに察するほど勘がよく、勘がよいゆえに絶妙な手抜き加減でもって日々を送った。    社会に出てからも同様で、仕事は必要最低限だけをこなし、手の抜けそうなところはとことん抜いた。単純なサボタージュだけではなく、業務の効率化というベクトルに向けても手抜きの心理は働いていたため、山城にとって必ずしも悪癖というわけではなかった。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ミステリー風味溢れるファンタジーだッ!

    ♡244,200

    〇5,700

    異世界ファンタジー・連載中・69話・198,076字 ロッシ

    2021年1月22日更新

    冒険 × ラブ × コメディ × 活劇 × ミステリー × 王道ファンタジー 街の悪ガキスクードは、ある時街の外へと遊びに行き、島で一番凶暴な魔物に襲われた。 仲間に見捨てられた間一髪のスクードを救ったのは、名も知らぬ一人の旅人だった! その出来事が彼に大きな影響をもたらした。スクードは更正し、旅人の様な人間になることを望むようになった。 それから九年後、スクードは魔物退治を行い、人助けを行うことを生業とする職業勇者を育てるアカデミーを卒業し、晴れて勇者となる権利を得ていた。 早速、魔物退治の旅に出るための勇者登録を行いに旅人の酒場へと向かうスクードだったが、そこで異次元クラスにぶっ飛んだ旅人の酒場の女主人と出会うことになり…… なぁんて思ってたら、いつの間にか女主人を誘拐した犯人にされてしまって!? 『創世記』『サロン・ド・メロ』と同じ世界を舞台にしたルチルシリーズ第三弾にして、本編であり完結編! 元ヤンで偏屈で陰キャな勇者 & テキトーで大雑把で頭脳明晰な一般人が織り成すミステリー要素のあるファンタジー! 転生なし、チートなしなのでご注意を! 平日、月~金曜日に更新中!

  • 2020年2月12日更新

    魔法(呪文)を唱える『天然系美少女アンドロイド』に振り回される女子高生のちょっぴりエッチで愉快な物語 お嬢様キャラが崩壊していく『あかね』と、自由奔放な天然キャラのロボ『みかん』のダブルヒロインでお送りするちょっぴりエッチな学園ロボットSFコメディ!!(って言う設定にしておけって、博士が言ってた) ~あらすじ~ 胡桃沢(くるみざわ)あかね16歳。 東京都内でもトップクラスの慶蘭(けいらん)女子高校1年生。 成績優秀、品行方正、スポーツ万能と非の打ち所のない美少女だけれど、あくまでもこれは表の顔。 本性は乙女ゲーム、アニメ好き、中でもBLが大好きな『腐女子』だ。もちろん、これは自分だけの秘密で、友達、家族には絶対にバレてはならない。 そんなある日、突然あかねの前に『自分はロボだ』と言う女の子が現れた。 子供の居ない家庭にロボを提供するビジネスを開始することに向けての試作品であると言う。あかねと一緒に暮らして、人間の女の子のデータを取得する目的だと言う。 ※小説家になろう様、カクヨム様にも重複投稿しています。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 色が見えない私が、しあわせの色を探す話

    ♡300

    〇0

    文芸/純文学・連載中・8話・26,191字 真愛

    2021年1月24日更新

    幼い頃に海難事故で姉を亡くし、色盲になってしまった不登校がちな少女、愛。精神的療養とモノクロな日常から離れる気分転換を兼ねて、母と担当医から海沿いの田舎町へ夏休みの間だけ移住することを提案される。 諦め半分、渋々承諾して訪れたのは、茄子紺色の髪が特徴的な三兄妹が住む家だった。容姿端麗で母性溢れる長女 古凪、人見知りだが活発な妹 涼風、そして無愛想に見えて実は面倒見のいい弟の涼が迎え入れる。 人付き合いも苦手で一日中緊張していた愛は、せっかく都会を離れたので夜に一人で散歩に出かけてみることに。そこで、古凪たちの友人だという男に出逢う。 色盲で色が見えないはずの愛の目に映ったのは、エメラルドグリーンに煌めく男の双眸だった。

  • Twitterなどで書いた掌編です

    ♡11,000

    〇10

    文芸/純文学・連載中・21話・2,448字 筋肉痛

    2021年1月24日更新

    Twitterの企画などで書いた掌編をせっかくなので 多くの方に見ていただきたくまとめていきます。