「弥縫策」

 山城は自身の睫毛の長さについて、芳江からも言葉を受けた。  美容関連の職に就く芳江が他人の外見の細部にまで着目するのは、至って自然なことだ。出会って三度目のデイトで、仙川(せんがわ)の喫茶店にて珈琲を飲んでいたときのことだった。普段なら不快にさえ感じるその言葉を芳江から聞いたとき、山城は少しも嫌な気がしなかった。それどころか、嬉しいとさえ感じた。自分でも不思議だったが、芳江との結婚に踏み切る決意ができたのはこの一件があったからであった。    芳江の睫毛は短く、化粧の際は、特に睫毛の増強と両目の拡大に精を出した。  アイシャドウやらビューラーやらペンシルアイライナーやらといったわけの判らない化粧道具を駆使して、小さい目を少しでも大きく豊かに――また二重のごとく――見せ、短く貧相な睫毛にヴォリウム感を与えて華やかな印象を付帯させようという手の込んだ装飾をするのである。  「どうして、そこまで念入りに化粧をするんだ?」  結婚して三年ほど経ったあるとき、山城の口からふとこぼれた。    間の抜けた質問だと、言った直後に後悔する。  そんなこと、聞かなくともわかっている。決して優れていない容姿を少しでもましに見せ、客に不快感を与えないようにするためのやむを得ない努力だ。もともと均整のとれた顔立ちであれば、そこまでする必要はない。  山城に言わせれば哀れな弥縫策(びほうさく)だが、しかしその甲斐あってか、芳江は店内でも上位の売り上げ成績を誇っている。見た目はいまいちだが、社交的でなおかつ鷹揚(おうよう)さも備えているので、接客販売の職は確かに向いているだろう。  山城は、でも芳江がそんなふうに装うことに名状(めいじょう)しがたい違和感や居心地の悪さを覚えている。 「女として、手を抜くわけにはいかないからね」  少しの沈黙ののち、微笑を(たた)えて言った。  今度は、山城が黙る番だった。その簡潔に要約された言葉の意図するところはおおむね予想どおりだったが、その中の“抜く”という単語がやたらと耳につく。無意識のうちに、山城は人差し指で左目の睫毛をいじっていた。 「もっと綺麗に生まれたかったなぁ」  芳江がひとりごつようにつぶやき、鏡台(きょうだい)に向き直って化粧を再開した。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • 邪気眼ぱいせん

    白胡麻もち

    ♡1,000pt 2020年5月29日 5時10分

    最初「どんな意味があるタイトルなんだろう?」と思ってたのですが、芳江の化粧に関係した言葉だったんですね。毎日毎日、休日も関係なくするものですから、やはり自分なりの拘りや信念がないと手を抜きがちになると思います。化粧に限らず何事もそうだなと、読んでていて感じました。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    白胡麻もち

    2020年5月29日 5時10分

    邪気眼ぱいせん
  • エリナ(QB)

    sandalwood1124

    2020年5月29日 20時57分

    有難うございます。本作では、「手抜き」と「抜き」の2つを色んな意味で用いているので、そこを頭の片隅に入れて読んで頂けると楽しめるかなと思いますね。何事も、自分なりのこだわりや美意識がある方が、真剣に取り組めるような気がします。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    sandalwood1124

    2020年5月29日 20時57分

    エリナ(QB)
  • れびゅにゃ~

    玉椿 沢

    ビビッと ♡500pt 2020年11月4日 22時08分

    《山城は、でも芳江がそんなふうに装うことに名状(めいじょう)しがたい違和感や居心地の悪さを覚えている。》にビビッとしました!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    玉椿 沢

    2020年11月4日 22時08分

    れびゅにゃ~
  • エリナ(QB)

    sandalwood1124

    2020年11月4日 23時22分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    いつも応援ありがとうございます

    sandalwood1124

    2020年11月4日 23時22分

    エリナ(QB)

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 2021年1月20日更新

    高校入学と同時に親元を離れ、この春からひとり暮らしを送ることになった岡園 蓮(おかぞの れん)は、家事が万能なことから『オカン』と呼ばれていた。 そんな彼が出会ったのは、ミルクティー色をしたロングヘアと、透き通るほどの青い瞳が特徴的な美少女『天ノ川(あまのがわ) かのん』で、彼女は蓮を見るなり、突然抱きついて喜びの声を上げる。 「会いたかった蓮くん! ずっと……!」 「だって、私たち幼なじみだもの!」 突然の展開にまったく理解が追いつかない蓮。 これはそんな戸惑いの中から育まれていく、家事万能のオカンな男子高校生と、『自称・幼なじみ』な美少女とのラブコメディ。

  • 正しく生きるための戦い方

    ♡8,500

    〇50

    異世界ファンタジー・連載中・65話・259,135字 霜月みさき

    2021年1月20日更新

    「いいか、お前の力は何かを守る力だ。何かを奪ったり誰かを傷つけたりする力じゃ決してない」 この世界の人間は、炎や雷などの能力を生まれながらに持つ。 そんな世界で自分が異世界である日本という国の女子高生だったことを思い出した少女の人生は一変していく。 記憶と共に出現した少女の能力である「青い炎」はこの世界では禁忌の能力とされ恐れられ、かつてとある国のとある女王が最強の名を欲しいままにしていた能力だった。 月日は経ち、絶滅したはずの魔族の襲撃で大切な育ての親を失った少女は魔族への敵討ちを誓い騎士団に入団する。 しかし、禁忌の能力「青い炎」の使用を禁止された少女は仕方なく剣の腕を磨きながら魔族を倒すために任務をこなすことになる。 思い出した記憶の自分も今の自分も変わらないことが1つだけある。 「助けてと言われたら絶対に助ける」 それが自分の命を削ることになったとしても。 自分が本当は誰なのか、どこからきたのか分からなくても生き方はずっと変わらない。 大切な人との約束をずっと守り続けるだけだ。 そんな少女…井神みぃが世界を変えてしまうまでの話。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 家族大好き

    ♡13,500

    〇10

    文芸/純文学・連載中・11話・23,782字 レシェフ

    2021年1月20日更新

    当サービスをご利用の際の注意点は以下となります。 1つ、性的なサービスは一切行いません。 2つ、未成年キャストへの飲酒や喫煙などの助長。 3つ、キャストの個人情報の詮索。 4つ、感染症等を発症しているゲストへの対面でのサービス行使。 5つ、キャストへの暴力やサービス時間を越えての執拗な粘着、ストーカー行為。 6つ、当方が判断致しかねる希望設定でのサービスの行使。 7つ、法令に触れるような行為をキャストへの強制。 8つ、危険行為、キャストへの人権を無視したような発言や扱い。 9つ、高額すぎるキャストへのプレゼント等、サービス終了後にお返しさせていただく場合があります。 最後に、キャストを家族だと思わない方へのサービスの行使。 以上、これらの禁止行為の発覚、キャストからの報告があった場合、即刻サービスの中止、十倍の違約金の支払いを命じます。尚、注意点を侵した事により起きうるいかなる問題も当方は責任を一切負いません。あらかじめご了承下さいますようお願い申し上げます。

  • 毎日一話、少しのお話を書きます

    ♡0

    〇0

    文芸/純文学・連載中・2話・683字 いん

    2021年1月20日更新

    ショートショート集です