「堕落と失望」

「芳江、風呂の前にいいか」  土曜日。仕事から帰宅した芳江に、山城が寝室を指しながら訊いた。  左手には空になったビール瓶を持っており、頬を赤くしている。 「えっと……ちょっと疲れてるから、明日でいい?」    ここ最近、芳江はずいぶんと仕事が忙しく、ばっちり化粧を決めた顔にも疲労が表れていた。百貨店で特別セールを開催している関係で、化粧品の売れ行きが普段よりぐんと伸びているのは好ましいことだが、そのぶん接客・販売の面はもちろん、在庫管理や発注など諸々の雑務における負担も大きくなる。芳江は今月からエリアマネージャーに昇格したため、その点でも業務量が増えていた。 「すぐ終わるさ。(くわ)えなくていいし、()れもしないから」  山城の要所はすでにそれなりの大きさを呈していることが、ジャージの上からでもわかる。 「でも……。今日のうちに囲碁も打つでしょう?」    この日は、彼らにとって五回目の結婚記念日だった。  結婚記念日には毎年囲碁を打つというのが、結婚当初に二人で決めたルールだ。共働きなので普段は対局しようにも、時間が合わなかったり気力が残っていなかったりしてなかなかできず、それでも結婚記念日には毎年必ず対局すると決めたのだ。  囲碁という珍しい趣味を通じて距離を縮めた二人にとって――少なくとも芳江にとっては――、たとえ仕事で疲れていても、あるいは山城に対して時折愛情の手抜きを感じようとも、原点に立ち戻る意味で大切なことだった。    今日はすでに午後九時半。今から化粧を落とし、風呂と食事を済ませれば、早くても対局を始められるのは十一時半ごろだろう。その前に寝室に行けば、すぐに終わるといえども一時間は要する。 「まだやるのか? どうせ俺が勝つんだし、もういいだろう」  山城がいかにもうんざりした様子で空のビール瓶に口をつけ、すでに中身がないことに気づいてひとつ舌打ちをする。 「そういうことじゃなくて。えっと……」  山城の返答に、芳江は言葉を詰まらせた。    山城の態度が日ごとに、緩やかに自分本位なものへと移行していることは芳江もわかっていたが、その度合いが自身の予想を大きく上回っていたことを知り、思わず悄然(しょうぜん)としてうつむく。この男に、こんな男に雑に扱われるほどの価値しか自分にはないのだろうかと、自分自身がうらめしくなった。 「あぁわかったよ。じゃあ、終わったら打ってやるから。日付変わっちまうだろうけど、別にいいだろ。行くぞ」  山城がビール瓶をごみ箱に放り、芳江の手を引っ張り寝室に移動した。  抜き作業はここ最近の傾向どおり、山城が仰向けになり、芳江は下半身を下着一枚になって、山城の顔の上に背を向けて座るように誘導された。山城の両手が芳江の尻を掴み、尻の下で鼻息の荒さが増していく。  最高潮に張り上がった要所を――そこに、時折唾液を垂らしながら――上下に揺さぶっていると、ふと芳江の目から涙がこぼれた。  揺さぶりを止めて、このまま出て行ってやりたいと思った。睫毛を抜くように、一人で勝手に抜いていればいいと思った。  盤上での手抜きは立派なものだが、盤外でのそれは堕落と失望しか生み出さない。    右手を動かしながら、濡れた左目に触れる。アイシャドウの油が、指に不快な感触をもたらす。  山城が勢いよく抜いたと同時に、芳江が音を立てずに左目の睫毛を抜いた。(完)

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • 邪気眼ぱいせん

    白胡麻もち

    ♡2,000pt 2020年6月15日 17時07分

    sandalwoodさんの作品では色んな恋愛の形が描かれていますが、これは恋愛というよりもその先の、終わりの近さを感じさせるものになっていますね。愛情が復活するのを期待していた面もありましたが、後味が悪いからこそ良いんだと思います。男女の視点を上手く使い分けた作品でした。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    白胡麻もち

    2020年6月15日 17時07分

    邪気眼ぱいせん
  • エリナ(QB)

    sandalwood1124

    2020年6月15日 21時39分

    読了有難うございます!恋愛の先の終わりの近さ、まさに正鵠を射た表現だなと感じました。最後は大体後味よく書くのですが、本作は珍しく悪く書きました。楽しんで頂けたようで良かったです。自作はまた違った雰囲気の作品を出しますので、ご期待ください!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    sandalwood1124

    2020年6月15日 21時39分

    エリナ(QB)
  • れびゅにゃ~

    玉椿 沢

    ♡500pt 2020年11月10日 5時05分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    最後まで書いてくれてありがとう…!

    玉椿 沢

    2020年11月10日 5時05分

    れびゅにゃ~
  • エリナ(QB)

    sandalwood1124

    2020年11月10日 9時25分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    いつも応援ありがとうございます

    sandalwood1124

    2020年11月10日 9時25分

    エリナ(QB)
  • ひよこ剣士

    武藤勇城

    ♡500pt 2020年10月26日 19時15分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    にゃかにゃか良い

    武藤勇城

    2020年10月26日 19時15分

    ひよこ剣士
  • エリナ(QB)

    sandalwood1124

    2020年10月26日 20時00分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ありがとうございます!

    sandalwood1124

    2020年10月26日 20時00分

    エリナ(QB)

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 世界がどうであれ、三人はずっと、仲が良い

    ♡434,900

    〇2,430

    異世界ファンタジー・連載中・238話・402,449字 らっく

    2021年1月22日更新

    小さい頃から傭兵として生きてきた少女エリッカ。 筋力や反射神経が魔族並みになっている代わりに、人間らしさを失いつつある魔心病のフィルヴァニーナ。 魔心病を広めたとして魔女と呼ばれ、追われる身となり、旅をしながら隠れるように生きるイッリ。 魔族、機械、銃。そして人間が築き上げた社会。彼女達は、激動する世界に巻き込まれながらも、次第に世界へ影響力を持つようになっていきます。 彼女達は、悲しい過去を持ちつつも強く生きます。尊く、強く、そして可愛い三人の少女のハイファンタジー小説です。 お互いの過去が過去だけに、複雑な思いをお互いに抱きつつも、世界に関係なく、きっと彼女達はずっと友達であり、大切な人なのであろう。そんな物語でもあります。 プロローグは漫画。 彼女達の旅と成長、世界に関わっていく様子をぜひ見守ってやってください。 挿絵イラストレーター高架:https://www.pixiv.net/users/2031328

  • ミステリー風味溢れるファンタジーだッ!

    ♡245,200

    〇5,700

    異世界ファンタジー・連載中・69話・198,076字 ロッシ

    2021年1月22日更新

    冒険 × ラブ × コメディ × 活劇 × ミステリー × 王道ファンタジー 街の悪ガキスクードは、ある時街の外へと遊びに行き、島で一番凶暴な魔物に襲われた。 仲間に見捨てられた間一髪のスクードを救ったのは、名も知らぬ一人の旅人だった! その出来事が彼に大きな影響をもたらした。スクードは更正し、旅人の様な人間になることを望むようになった。 それから九年後、スクードは魔物退治を行い、人助けを行うことを生業とする職業勇者を育てるアカデミーを卒業し、晴れて勇者となる権利を得ていた。 早速、魔物退治の旅に出るための勇者登録を行いに旅人の酒場へと向かうスクードだったが、そこで異次元クラスにぶっ飛んだ旅人の酒場の女主人と出会うことになり…… なぁんて思ってたら、いつの間にか女主人を誘拐した犯人にされてしまって!? 『創世記』『サロン・ド・メロ』と同じ世界を舞台にしたルチルシリーズ第三弾にして、本編であり完結編! 元ヤンで偏屈で陰キャな勇者 & テキトーで大雑把で頭脳明晰な一般人が織り成すミステリー要素のあるファンタジー! 転生なし、チートなしなのでご注意を! 平日、月~金曜日に更新中!

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 色が見えない私が、しあわせの色を探す話

    ♡300

    〇0

    文芸/純文学・連載中・10話・33,018字 真愛

    2021年1月25日更新

    幼い頃に海難事故で姉を亡くし、色盲になってしまった不登校がちな少女、愛。精神的療養とモノクロな日常から離れる気分転換を兼ねて、母と担当医から海沿いの田舎町へ夏休みの間だけ移住することを提案される。 諦め半分、渋々承諾して訪れたのは、茄子紺色の髪が特徴的な三兄妹が住む家だった。容姿端麗で母性溢れる長女 古凪、人見知りだが活発な妹 涼風、そして無愛想に見えて実は面倒見のいい弟の涼が迎え入れる。 人付き合いも苦手で一日中緊張していた愛は、せっかく都会を離れたので夜に一人で散歩に出かけてみることに。そこで、古凪たちの友人だという男に出逢う。 色盲で色が見えないはずの愛の目に映ったのは、エメラルドグリーンに煌めく男の双眸だった。

  • Twitterなどで書いた掌編です

    ♡11,000

    〇10

    文芸/純文学・連載中・21話・2,448字 筋肉痛

    2021年1月24日更新

    Twitterの企画などで書いた掌編をせっかくなので 多くの方に見ていただきたくまとめていきます。