「欠かさず抜くもの」

 山城が毎日欠かさず抜くものは、睫毛以外にもうひとつある。  家にいようが外にいようが、山城は一日一度は少なくともそれを抜いた。多いときは、今でも一日に二、三度抜くこともあった。    小学校低学年の時点でその習性が身についていたというのは、おそらくは周囲の人間と比べていくぶん早かったのだろう。クラスメイトの女子生徒や担任の女教師、ときには道を歩いていて偶然目に入った路傍(ろぼう)の人でさえも、山城はその対象とした。 「山城くん、午後になるといつも眠そうね。大丈夫?」  四年生のとき、担任の女教師にしばしばそう言われた。  名前など思い出せないが、ショートヘアの似合う端正な小顔やほどよく丸みを帯びた尻が山城の好みと合致した。昼休みにはほぼ毎日トイレの個室にこもり、それらを脳内に浮上させて抜いていた。  事を終えると、全身に押し寄せる疲労感にいくばくかの後悔を覚えた。  疲労はまず目に来る。ほんの一瞬くらっとして視界がゆがみ、しかしそれはすぐにおさまる。それから半開きになった口や、鼻の穴に荒く入りこむ空気の不味さにほんの少し眉をひそめた。対照的に、両耳には廊下や校庭ではしゃぐ生徒たちのかん高い声が、いやに清涼感を伴って届いた。  ただでさえ給食を腹一杯に摂取してふわついた体に之繞(しんにゅう)を掛けてのしかかる刺激により、山城の(まぶた)は重くなった。午後の授業中、まともに起きていられなかったことは言うまでもない。女教師に指摘されると、山城は慌てるでもうろたえるでもなく、うつむいたまま適当に謝りながら睫毛を抜いた。  芳江と付き合うまでの間、山城に浮ついた話はついぞなかった。  たとえ器量が悪くとも、努力次第で――それこそ芳江のように――変化は可能だったのだろうと山城自身も思う。  しかし、その可能性が保証のない虚構であるという見解と、そうなった場合に、そこまでの過程が画餅(がべい)に帰することを想像したときの途方もない疲労感とが、彼に手抜きの道を歩ませたのである。 「もちろん世間一般の目はあるけど、一番は、僕の生活を今よりも快適なものにしてくれることを期待して、かな」  結婚活動中、職場の朋輩(ほうばい)と昼食をとっていた際、なぜに結婚したいのかという話題を振られて、山城は熟考ののちにこう答えた。 「そうか」  朋輩は半笑いを浮かべており、それ以上なにも言わなかった。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • 邪気眼ぱいせん

    白胡麻もち

    ♡1,000pt 2020年6月15日 16時46分

    まさかこの意味も使ってくるとは(笑) 生々しさすら感じる程あからさまに描かれていますが、嫌らしさを感じないのは作風ゆえでしょうね。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    白胡麻もち

    2020年6月15日 16時46分

    邪気眼ぱいせん
  • エリナ(QB)

    sandalwood1124

    2020年6月15日 21時35分

    有難うございます。この意味が真っ先に浮かんだので(笑) 性の描写やエピソードは、結構私の作品の中で切っても切れないところがありましてね。自然に読んでいただけたようで良かったです。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    sandalwood1124

    2020年6月15日 21時35分

    エリナ(QB)
  • れびゅにゃ~

    玉椿 沢

    ♡500pt 2020年11月8日 15時02分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    わかる

    玉椿 沢

    2020年11月8日 15時02分

    れびゅにゃ~
  • エリナ(QB)

    sandalwood1124

    2020年11月8日 15時04分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ドヤァ

    sandalwood1124

    2020年11月8日 15時04分

    エリナ(QB)

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ファンタジーのガワをかぶったSFです

    ♡1,456,050

    〇7,190

    SF・連載中・393話・1,480,531字 けっき

    2021年3月6日更新

    謎の誘拐犯に拉致された翌日、王女ルディアは自分をさらった賊の一味、剣士ブルーノと入れ替わっていた。 地位も権力も失うわ、乗っ取られた身体で初夜を済まされるわ、散々なことだらけ。おまけに「ブルーノ」として所属する防衛隊は左遷で国外へ。 持ち前の愛国心と根性でルディアは肉体の奪還を目指すけれど……!? 謎が謎呼ぶ異色SFファンタジー! ■毎日更新中! ■28000PV感謝です! ■日間総合1位、年間SFジャンル5位、年間総合49位など達成!(2021/02/18時点) ■感想やレビューや応援いつもありがとうございます!! 初見の方も大歓迎です!! 序盤の情報量多めですが、流して読んでもだんだん頭に入る作りになっています~! タフな主人公の頑張りを追いかけていただければ幸いです! (イラスト/渡太一さん) 孫野ウラさんに二次創作短編「海石」をいただきました!(https://novelup.plus/story/695115744)

  • 青年は傍観する──異能者の戦いを。

    ♡9,100

    〇100

    現代/その他ファンタジー・連載中・20話・84,305字 玉井明

    2021年3月6日更新

    舞台は、現代においてありえないとされる魑魅魍魎が跋扈する地──坂月市。異能者、魔術師、陰陽師、退魔師などが潜むこの地に、ごく平凡な高校三年生の瀬古政和は、幼馴染みの兎山桜花を筆頭に、個性溢れる仲間たちと妖退治に追われる。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る