「分相応」

 山城にとって芳江はやむを得ない選択肢であり、同時に分相応でもあった。  客観的に見れば、山城には過ぎた女だったかもしれない。    芳江の器量もまた、お世辞にも優れているとは言えないものだった。  山城のように中年太りのだらしない体型ではなく、むしろ痩せ型の部類だ。(あご)がしゃくれて面長な糊代(のりしろ)の多い顔であったが、それに比べて目や口は小さく、総じてしみったれた印象を醸し出していた。小顔である程度の肉感の漂う女が好みの山城にとっては対照的ともいえる外見をしていたものの、自身のそれを棚に上げて高望みをするわけにもいかなかった。    芳江とは、結婚活動を通じて知り合った。山城より五歳若く、出会ったときはまだ三十二であった。結婚活動市場において芳江の年齢は十分に若いと認識されるものであり、その若さと、加えてそもそも女であるという特権により――器量の悪さを考慮しても――、他に多様な選択肢はあっただろう。  芳江は、しかし早い段階で山城を選択した。山城の落ち着いた話しぶりや、聞き上手なところに惹かれたとのことだった。また、囲碁という共通の趣味があり、自分よりも数段格上だったことも、山城を尊敬する一因として働いた。山城としてもその珍しい共通項は、芳江に対して見いだしづらい利点のうちの一つであると感じた。    山城は、しかしそのままに受け入れられなかった。器量が悪く収入も人並みであった自分を選んだのは、芳江としても分相応だと判断したからではないか、あるいはもう少し悲観的に見れば、自分は妥協点だったのではないかという発想が浮かんだ。直接問うたわけではないが、自分が内外ともに女を結婚へと突き動かすほどの魅力を備えているとは、好意的に斟酌(しんしゃく)すれども思えなかったのだ。  結婚して五年になるが、芳江との行為のとき、山城はいつも複雑な気持ちになる。出社前に念入りに化粧をするのを遠目に見るときのように、三つ四つの負の感情が混在して脳内で浮遊するのだ。  化粧の剥がれた小さい一重(ひとえ)や口や広すぎる糊代を見ると、山城の要所は(しな)びてしまうことが多かった。そのため、なるべく視界に入らないように努めていた。  細いウエストや半端な大きさの胸は、触れてもやはり山城を刺激することは少なかったが、それらに比して尻のほうはなかなかに豊かな肉付きを備えていた。上半身の細さからするとその大きさと形には意外性があり、腹周りや胸につくはずだった分の脂肪がその一ヶ所に集まっているようにさえ思えた。感触もよく、山城はいつも芳江の尻を味わうことで目的を達した。  

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • れびゅにゃ~

    玉椿 沢

    ♡1,000pt 2020年10月30日 23時16分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    これは興味深い

    玉椿 沢

    2020年10月30日 23時16分

    れびゅにゃ~
  • エリナ(QB)

    sandalwood1124

    2020年10月31日 11時23分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ぺこり

    sandalwood1124

    2020年10月31日 11時23分

    エリナ(QB)
  • 邪気眼ぱいせん

    白胡麻もち

    ♡500pt 2020年5月27日 1時56分

    共通の趣味が囲碁ということは、今作も囲碁要素が出てくるのでしょうかね? 芳江の化粧前と化粧後の違いがイメージしやすく、とても分かりやすかったです。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    白胡麻もち

    2020年5月27日 1時56分

    邪気眼ぱいせん
  • エリナ(QB)

    sandalwood1124

    2020年5月27日 21時37分

    有難うございます。化粧はしないので想像で書いたのですが、イメージできるとのことでよかったです。囲碁要素は一応出てきますが、半笑いの情熱のように本格的な対局シーンなどはないですね。あくまで言葉遊びの一環として登場するので、そこを楽しんで頂けたらと思います。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    sandalwood1124

    2020年5月27日 21時37分

    エリナ(QB)

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 美桂ちゃんと拓海くんのイチャラブ日常系

    ♡8,600

    〇700

    恋愛/ラブコメ・連載中・8話・11,378字 松本 せりか

    2021年3月8日更新

    美桂と拓海が出会ったのは、幼稚園の頃。 その頃の幼稚園は、空前の結婚ブームだった。 『僕ねぇ。結婚したら、奥さんと子どもといつまでも仲良く暮らしたいんだ』 同じクラスの相沢拓海くんは、女の子に囲まれながらそんな事を言っていた。 そんな無邪気な拓海くん5歳の発言に、私こと美桂の幼稚園生活は黒歴史に代わった。 その後も、美桂の世話をせっせと焼き続け。 お互いの両親も攻略して、どんどん外堀を埋めていく拓海くん。 一応、抵抗はしたのだけど。 私は仕事が出来なくなるくらいなら、結婚もしないし、ましてや子どもも欲しくない。 子どもが欲しいのなら他の人を選ぶべきだと……。 そう言ったのに、拓海くんはそれでも良いと了承してくれた。 そうして、気が付いたら、結婚生活が始まっていた。 このお話は、とある夫婦のこぼれ話。 恋愛時代や結婚後のお話を一話完結でお届けしています。(R15) 番外編に『午前三時の小さな冒険』 真夜中まで、眠れなかったのは幼い頃には良く見えていた。ある現象を待っていた。 ベッドの上でうずくまっていると、横で寝ていた拓海くんに布団の中に引き込まれ、彼の腕の中で見た夢のお話。 『~記憶の迷宮~』 会社でこけて頭を打ってしまい、記憶を無くしてしまった美桂。 病院からの帰る場所に、実家では無く夫の拓海のそばにいる事を選んでしまった。 僕たちは、夫婦だったんだよ。大丈夫? と言って、戸惑いを見せる拓海はそれでも優しく記憶の無い美桂を支える。 美桂の記憶が戻るまでの、お話。(R15) おまけの『妊娠・子育て編』 妊娠への戸惑いと産後の大変さを夫婦で乗り切ります。 拓海の娘への愛情たっぷりのお話もあります。 ※小説家になろう カクヨム ノベルデイズ にも掲載しています。

  • 先輩・後輩×魔王・勇者=学園F

    ♡142,000

    〇2,740

    異世界ファンタジー・連載中・44話・128,084字 神杖ケーエス

    2021年3月8日更新

    先輩・後輩×魔王・勇者=学園ファンタジー 定められた未来を覆せ!! 日本から勇者として召喚されたミコトは、へっぽこ召喚師のシャルニニャを魔王をするためにサポートを始める。 でもシャルニニャは失敗ばかり。 おまけに召喚される使い魔はちょっと訳ありな使い魔たちで!? 「やだ、やだ。何で、どうしてこんなことに。 誰か、誰か助けてよぉ!!」 「はい。ではわたしが助けましょう」 学年は違うけど心は一緒。 勇者が魔王を守って何が悪い! 「理不尽な要求は後輩の特権ですよ。 なのでしっかりと手綱を握って、じゃじゃ馬のわたしを乗りこなしてくださいね」 召喚主から離反したミコトはシャルニニャの騎士となり、魔王の復活を待望する暗躍者たちを想いの力で倒していく!! これは自らの手で殺さなくてはいけない女の子を、自らの手で守ると誓った不器用な女の子の物語。 ※表紙:佐倉ツバメさまに描いて頂きました。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る