「悪癖」

 睫毛を抜くときの感触を、山城は気に入っていた。  やや伸びた爪先を沿わせ、指に適度な力を加えて引っ張り、狙いどおりに抜けたときの一瞬の感触が心地よかった。特に、抜くときのプチっという間の抜けた音も、山城に安心感をもたらした。  その一連の行為の中で、快感や恐怖や自責といった様々な感情が入り乱れ、しかし抜ける瞬間が訪れると、それらは収束して心地よさに昇華される。    心地よく感じるのは一瞬だけだった。指についた一本、あるいは二、三本の睫毛を目にして、山城はいつも落胆する。その瞬間を享受するために行っているのだと感じる一方、自身の悪しき面をいっそう歪めてまでそんなことをして、いったい何になるのだろうと冷静に絶望することも、週に一度か二度ほどはある。抜いた睫毛を口でふいて床に落とすと、しばしば芳江にごみ箱へ捨てるようにと注意された。  山城が鏡でまじまじと自分の顔を眺めるのは、歯磨きやひげ剃りをするときを除けば、睫毛を抜いたあとの目の状態を確かめるときだけである。芳江と比べて縦には短いものの糊代の多い顔も、結婚してから数年で以前より目立つようになった二重顎も、清涼感に乏しい猪首(いくび)も、進んで視界に入れたいものではなかった。  せっかく長くて品のよい睫毛をしているのにわざわざ抜くべきではないと、結婚当初は芳江に言われたものだった。しかし、山城の行為が一過性のものではなく、長年にわたって培われた改善の見込みのない悪癖であると理解したとき、芳江は室内のごみ箱の数を増やした。  山城の目は、たとえば喫茶店で向き合うぐらいの距離で互いに目を見て話すような状況であれば、よほど無頓着でない限りは数分以内には気付くであろうと思われるほどに、違和感で溢れていた。  一部分、たいていは瞼縁(けんえん)上部の中央付近に数センチ、剝落(はくらく)した箇所が生じていることが多い。それは自然に抜け落ちたのではなく、誰が見ても意図的に引き抜いたと判るほどのものであった。  鏡で確かめるのは一日一度、就寝前と決めていた。  異様な目を眺めて満足するわけでも、あるいは毎日確認しなければ気になって寝つけないというわけでもなかった。満足などせず、むしろ抜く一瞬を経たあとは後悔の念さえ感じることも少なくなかった。それでも山城は毎日、無意識的に睫毛を抜いては、それをその日の最後に視覚的に確認した。  

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • れびゅにゃ~

    玉椿 沢

    ♡1,000pt 2020年11月5日 0時07分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    尊い…尊い…

    玉椿 沢

    2020年11月5日 0時07分

    れびゅにゃ~
  • エリナ(QB)

    sandalwood1124

    2020年11月5日 0時11分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    感謝の極み!!

    sandalwood1124

    2020年11月5日 0時11分

    エリナ(QB)
  • 邪気眼ぱいせん

    白胡麻もち

    ♡1,000pt 2020年6月2日 1時42分

    癖というのは無意識にやっているものだとばかり思い込んでいましたが、後悔しながらついやってしまうものも言うのですよね。ゴミ箱を増やすという対応が、夫婦らしさがあって良いなと思いました。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    白胡麻もち

    2020年6月2日 1時42分

    邪気眼ぱいせん
  • エリナ(QB)

    sandalwood1124

    2020年6月2日 22時16分

    有難うございます。良くないと分かっていてもやめられないという癖は、意外と多いのではないかと思います。容易にやめられるものでもないので、芳江の対応は賢いかなと思いますね(笑)

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    sandalwood1124

    2020年6月2日 22時16分

    エリナ(QB)

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 家族大好き

    ♡13,500

    〇10

    文芸/純文学・連載中・11話・23,782字 レシェフ

    2021年1月20日更新

    当サービスをご利用の際の注意点は以下となります。 1つ、性的なサービスは一切行いません。 2つ、未成年キャストへの飲酒や喫煙などの助長。 3つ、キャストの個人情報の詮索。 4つ、感染症等を発症しているゲストへの対面でのサービス行使。 5つ、キャストへの暴力やサービス時間を越えての執拗な粘着、ストーカー行為。 6つ、当方が判断致しかねる希望設定でのサービスの行使。 7つ、法令に触れるような行為をキャストへの強制。 8つ、危険行為、キャストへの人権を無視したような発言や扱い。 9つ、高額すぎるキャストへのプレゼント等、サービス終了後にお返しさせていただく場合があります。 最後に、キャストを家族だと思わない方へのサービスの行使。 以上、これらの禁止行為の発覚、キャストからの報告があった場合、即刻サービスの中止、十倍の違約金の支払いを命じます。尚、注意点を侵した事により起きうるいかなる問題も当方は責任を一切負いません。あらかじめご了承下さいますようお願い申し上げます。

  • 毎日一話、少しのお話を書きます

    ♡0

    〇0

    文芸/純文学・連載中・2話・683字 いん

    2021年1月20日更新

    ショートショート集です