連載中 連載

二人の魔法師と五つの魔導書

作者からの一言コメント

初めての投稿となります

東西南北に国がそれぞれ別れており、東はガルド帝国。西はラテス王国、北はクレイシド北国。そして南は シーラレスト南国となっている。 いずれも、4人の勇者が魔王に勝った後創成されたものだ。 そこで、また次の魔王、邪神等の災厄を迎え撃つべく「育成」と評した魔法学院をそれぞれの国に設立され た。 ――――――――――――――――――――――――― ガルド帝国第一魔法学院 ※東国であるガルド国が国で設立されたもの。 男女混同の共学で、未来の魔法士を育成してる。魔術競技祭では、最下位(4位)を取り続けているため「最弱校」と揶揄されている ラテス王国第二魔法学院 ※西国であるラテス国が国で設立されたもの。 強豪校と云われ、魔術競技祭では連勝を続けている。 シーラレスト東国第三魔法学院 ※ラテス王国に次ぐ強豪校で、毎回2校(ラテスとシーラレスト)で順位を争っている。しかもシーラレスト東国第三魔法学院には「王族」との関わりがあり、そこから派遣された先鋭によって学ばれている。 クレイシド北国第四女子魔法学院 ※この中で唯一の女子高である。しかし、厳しすぎる校則さ故に、周りの高校(1〜3)との関わりが少なく様々な噂をされているが実際の所はよく知られていない。 ――――――――――――――――――――――――― そんな、落ちぶれた学院――ガルド帝国第一魔法学院に首席で入学した二人。 一人は容姿端麗な、姿を持つレスティア=パルド=ロンデウス。 そしてもう一人は、洗礼された肉体を持っている クロネス=バルティーレだ。 これにて、幕が上がる

前へ

次へ

前へ

次へ

この作品をシェア

Twitterでシェア Facebookでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
作品情報
作品名
二人の魔法師と五つの魔導書
作者名
夢乃典作
セルフレイティング
残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日
2019年7月12日 0時57分
最終投稿日
2019年7月13日 0時54分
文字数
7,018文字
ブックマーク登録
2件
コメント/スタンプ
6件
応援ポイント
100pt